SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット (Start-SCComplianceScan) について

スポンサーリンク
Quantum_Break

System Center 2016 – Virtual Machine Manager (SCVMM 2016) に触れる機会が多くなり、Virtual Machine Manager Command Shell を使った設定や、情報取得、および管理することが増えてきたので、備忘録として各コマンドレットの概要を日本語化 (意訳) しました。

ここでは Start-SCComplianceScan コマンドレットのヘルプ情報について、SCVMM2016 UR5 の Virtual Machine Manager Command Shell 上で「Start-SCComplianceScan」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を元に記載しています。
※SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット一覧については、「System Center 2016 – Virtual Machine Manager で利用できるコマンドレットについて」を参照。

Start-SCComplianceScan コマンドレット

名前

Start-SCComplianceScan

概要

管理されたコンピューター、もしくはホスト クラスターのコンプライアンス スキャンを開始します。

構文

Start-SCComplianceScan
 [-Baseline <Baseline>]
 [-JobVariable <String>]
 [-PROTipID <Guid>]
 [-RunAsynchronously]
 -VMHostCluster <HostCluster>
 [-VMMServer <ServerConnection>]
 [<CommonParameters>]

Start-SCComplianceScan
 [-Baseline <Baseline>]
 [-JobVariable <String>]
 [-PROTipID <Guid>]
 [-RunAsynchronously]
 -VMMManagedComputer <VMMManagedComputer>
 [-VMMServer <ServerConnection>]
 [<CommonParameters>]

説明

Start-SCComplianceScan コマンドレットは、管理対象コンピューター、もしくはホスト クラスターのコンプライアンス スキャンを開始します。コンプライアンス スキャン中に、指定した管理対象コンピューター、もしくはホスト クラスターが割り当て済みベースラインと比較され、コンプライアンス ステータスが返されます。

パラメーター

-Baseline <Baseline>

VMM ベースライン オブジェクトを指定します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-JobVariable <String>

ジョブの進行状況を追跡し、このパラメーターで指定された変数に格納する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PROTipID <Guid>

パフォーマンスとリソースの最適化 (PRO) ヒント ID を指定します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RunAsynchronously [<SwitchParameter>]

ジョブが非同期で実行、制御がすぐにコマンド シェルに戻されるかどうかを指定します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMHostCluster <HostCluster>

VMM ホスト クラスター オブジェクトを指定します。

必須true
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMMManagedComputer <VMMManagedComputer>

VMM によって管理されているコンピューター オブジェクトを指定します。

必須true
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMMServer <ServerConnection>

VMM サーバー オブジェクトを取得します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

出力

  • ComplianceStatus

メモ

例 1 : 特定のベースラインに対してホストをスキャンする

コマンド
$VMHost = Get-SCVMHost -ComputerName "VMHost01"
$Compliance = Get-SCComplianceStatus -VMMManagedComputer $VMHost.ManagedComputer
foreach($Bsc in $Compliance.BaselineLevelComplianceStatus)`
  {if ($Bsc.Baseline.Name -eq "Security Baseline")`
  {$Baseline = $Bsc.Baseline; break}}
Start-SCComplianceScan -VMMManagedComputer $VMHost.ManagedComputer -Baseline $Baseline
コマンドの説明

最初のコマンドは、ホスト オブジェクト “VMHost01.Contoso.com” を取得し、そのオブジェクトを $VMHost 変数に格納します。

2 番目のコマンドは、$VMHost01 に格納されているホストのコンプライアンス ステータス オブジェクトを取得し、そのオブジェクトを $Compliance 変数に格納します。

次の 3 行は、ForEach ステートメントを使用して、ホストのベースライン コンプライアンス ステータスオ ブジェクトを反復処理します。ベースライン “Security Baseline” が見つかった場合、5 番目のコマンドはそれを $Baseline 変数に格納します。

最後のコマンドは、$Baseline (この例では Security Baseline) に格納されているベースラインを用いて、ホスト上でコンプライアンス スキャンを開始します。

関連するリンク

  • Get-SCComplianceStatus

参考