SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット (Publish-SCWindowsPE) について

スポンサーリンク
Surface Pro 4

System Center 2016 – Virtual Machine Manager (SCVMM 2016) に触れる機会が多くなり、Virtual Machine Manager Command Shell を使った設定や、情報取得、および管理することが増えてきたので、備忘録として各コマンドレットの概要を日本語化 (意訳) しました。

ここでは Publish-SCWindowsPE コマンドレットのヘルプ情報について、SCVMM2016 UR5 の Virtual Machine Manager Command Shell 上で「Publish-SCWindowsPE」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を元に記載しています。
※SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット一覧については、「System Center 2016 – Virtual Machine Manager で利用できるコマンドレットについて」を参照。

Publish-SCWindowsPE コマンドレット

名前

Publish-SCWindowsPE

概要

VMM 環境内のすべての PXE サーバーで使用する更新された Windows PE イメージを発行します。

構文

Publish-SCWindowsPE
 [-ISOPath <String>]
 [-IsUEFI]
 -Path <String>
 [-RunAsynchronously]
 [-VMMServer <ServerConnection>]
 [<CommonParameters>]

Publish-SCWindowsPE
 [-ISOPath <String>]
 [-IsUEFI]
 [-RunAsynchronously]
 -UseDefaultImage
 [-VMMServer <ServerConnection>]
 [<CommonParameters>]

説明

Publish-SCWindowsPE コマンドレットは、Virtual Machine Manager (VMM) 環境のすべての Pre-Boot Execution Environment (PXE) サーバーで使用するために、更新された Windows プレインストール環境 (Winows PE) イメージを公開します。

注 : このコマンドレットは、VMM 管理サーバー上で実行する必要があります。

更新された Windows PE イメージが必要なシナリオ :

  • Windows Automated Installation Kit (AIK) にパッチが適用されている、もしくは Microsoft が Windows AIK の新しいバージョンを発行している。
  • VMM エージェント バイナリがパッチ適用される。
  • 独自のドライバー、もしくはその他のカスタム ファイルを Windows PE に追加する。

注 : 標準 Windows ツールを用いてドライバー、もしくはカスタム ファイルを追加して Windows PE イメージをカスタマイズし、このコマンドレットを使用して、更新された Windows PE ブート WIM イメージをライブラリ共有に公開します。

各シナリオでは、このコマンドレットを使用して、更新された Windows PE イメージを VMM に追加するだけでなく、再構築する必要があります。

このコマンドレットを用いて実行するタスクは、次のとおり :

  1. ソース Windows PE イメージを指定する :
    • オプション 1 : VMM 管理サーバーに現在インストールされている Windows AIK から標準 Windows PE イメージから開始します。この場合、x86 および x64 バージョンの Winows PE を処理する必要があります。
    • オプション 2 : VMM ライブラリ共有上の既存の Windows PEイ メージから開始します。この場合、指定された Windows PE イメージ (x86、もしくは x64) のみが処理されます。

    注 : 選択した Windows PE イメージに、VMM エージェントが含まれている必要はありません。このような Windows PE イメージを選択すると、エラーが返され、Windows PE イメージはインポートされません。

  2. 更新された Windows PE イメージを格納するライブラリ リソース フォルダーを指定します。
    注 : VMM は、ターゲット Library Resource Folder に Boot WIMS with Agent という名前のフォルダーを作成します (存在しない場合)。
  3. 次のように、ソース Windows PE イメージから新しい Windows PE イメージを作成します :
    1. ソース Windows PE イメージを VMM 管理サーバー上の一時的な場所にコピーします。
    2. WinPE イメージをマウントします。
    3. エージェント ファイルを VMM 管理サーバーの固定の場所から Windows PE イメージの固定の場所にコピーします。Windows PE イメージに既に存在するファイルはすべて上書きしますが、ファイルやディレクトリは削除しないでください。
    4. RAM ディスク サイズの設定、WMI などのオプション機能のインストールなど、Windows PE 構成タスクを実行します。
    5. イメージをアンマウントし、変更をコミットします。
    6. 更新された Windows PE イメージを Boot WIMs with Agent フォルダーにコピーします。
  4. ライブラ リリソース フォルダーを強制的に検出し、新しく配置された Windows PE イメージが VMM 環境に表示されていることを確認します。
  5. Publish-SCWindowsPE を用いて、Boot WIM with Agent フォルダ内のすべての Windows PE イメージをすべての PXE サーバーにコピーし、各 PXE サーバー上で Windows ネットワークブート プログラム (NBP) を展開します。

パラメーター

-ISOPath <String>

ISO ファイルの宛先パスを指定します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-IsUEFI [<SwitchParameter>]

OS がインストールされるコンピューターが Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) ベースである場合に指定します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Path <String>

操作に対するターゲット パスを指定します。

  • フォーマット例 :
    • ローカル : -Path “F:\”
    • UNC : -Path “\\Library\Templates”
    • Volume GUID : -Path “\\?\Volume{4703c1ea-8ae7-11db-b473-00123f7603e3}\”
    • VMware ESX : -Path “[storage1]\MyVMwareFolderForVMs\MyVM.vmx” Citrix XenServer: -Path “Local storage[99b6212f-b63d-c676-25f9-d6c460992de7]”
必須true
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RunAsynchronously [<SwitchParameter>]

ジョブが非同期で実行、制御がすぐにコマンド シェルに戻されるかどうかを指定します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-UseDefaultImage [<SwitchParameter>]

最新の Windows Automated Deployment Kit (Windows ADK) の標準 Windows PE イメージを用いて、新規、もしくは更新された Windows PE (プレインストール環境) イメージが公開する場合に指定します。

必須true
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMMServer <ServerConnection>

VMM サーバー オブジェクトを取得します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

出力

メモ

例 1 : カスタム Windows PE イメージ ベースで Windows PE イメージを更新する

コマンド
Publish-SCWindowsPE -Path "\\LibraryServer02\VMMWinPE\ContosoIT.wim"
コマンドの説明

このコマンドは、カスタマイズされたベース イメージ (“\\LibraryServer02\VMMWinPE\ContosoIT.wim”) を用いて Windows PE イメージを作成し、すべての VMM PXE サーバーを更新します。

例 2 : Windows PE イメージを再作成し、VMM PXE サーバーを更新する

コマンド
Publish-SCWindowsPE -UseDefaultImage
コマンドの説明

このコマンドは、Windows ADK から (もしくは Windows ADK によって更新された) Windows PE イメージを用いて Windows PE イメージを再作成します。次に、すべての VMM PXE サーバーを更新します。

関連するリンク

参考