SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット (Backup-SCVMMServer) について

スポンサーリンク
Windows ストア限定

System Center 2016 – Virtual Machine Manager (SCVMM 2016) に触れる機会が多くなり、Virtual Machine Manager Command Shell を使った設定や、情報取得、および管理することが増えてきたので、備忘録として各コマンドレットの概要を日本語化 (意訳) しました。

ここでは Backup-SCVMMServer コマンドレットのヘルプ情報について、SCVMM2016 UR5 の Virtual Machine Manager Command Shell 上で「Backup-SCVMMServer」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を元に記載しています。
※SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット一覧については、「System Center 2016 – Virtual Machine Manager で利用できるコマンドレットについて」を参照。

Backup-SCVMMServer コマンドレット

名前

Backup-SCVMMServer

概要

Virtual Machine Manager データベースをバックアップします。

構文

Backup-SCVMMServer
 [-JobVariable <String>]
 [-PROTipID <Guid>]
 -Path <String>
 [-RunAsynchronously]
 [-VMMServer <ServerConnection>]
 [<CommonParameters>]

説明

Backup-SCVMMServer コマンドレットは、VMM サーバー上の Virtual Machine Manager (VMM) データベースをローカル フォルダー、もしくはリモート ネットワーク共有にバックアップします。データベースをバックアップするフォルダーは、SQL Server からアクセス可能でなければなりません。

SQL Server がローカル サーバーかリモート サーバーかを判別する

VMM データベースがローカルに格納されているのか、Microsoft SQL Server が実行されているリモート サーバーに格納されているのか不明な場合は、次の操作を行います :

  1. VMM サーバー上でレジストリ エディターを起動します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft System Center Virtual Machine Manager Server\Settings\Sql に移動します。
  3. OnRemoteServer の値を確認します :
    • 値が 0 の場合、データベースはローカル VMM サーバー上にあります。
    • 値が 1 の場合、データベースはリモート SQL Server 上にあります。

バックアップされたデータベースの復元

Backup-SCVMMServer コマンドレットを用いて VMM データベースをバックアップした後 (例 1 および 2 を参照)、SCVMMRecover.exe コマンドを使用してデータベースを復元することができます (例 3 を参照)。Windows PowerShell コマンドレットではないこのコマンドは、VMM と共にインストールされます。既定では、<%system-drive%>\Program Files\Microsoft System Center 2016\Virtual Machine Manager\bin がインストールされています。

重要 : VMM 環境で仮想マシン ホスト、もしくはライブラリ サーバーとして機能するサーバーをバックアップおよび復元するには、標準のサーバー バックアップおよび復元手順を使用します。

パラメーター

-JobVariable <String>

ジョブの進行状況を追跡し、このパラメーターで指定した変数に格納する場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 None
パイプライン入力を許可する False
ワイルドカード文字を許可する false

-PROTipID <Guid>

このアクションにトリガーされるパフォーマンスとリソースの最適化のヒント (PRO ヒント) を指定します。このパラメーターは、PRO ヒントを監査することができます。

必須 false
位置 named
既定値 None
パイプライン入力を許可する False
ワイルドカード文字を許可する false

-Path <String>

操作に対するターゲット パスを指定します。

  • フォーマット例 :
    • ローカル パス : -Path “F:\”
    • UNC パス : -Path “\\Library\Templates”
    • ボリューム GUID パス : -Path “\\?\Volume{4703c1ea-8ae7-11db-b473-00123f7603e3}\”
    • VMware ESX パス : -Path “[storage1]\MyVMwareFolderForVMs\MyVM.vmx”
    • Citrix XenServer パス : -Path “Local storage[99b6212f-b63d-c676-25f9-d6c460992de7]”
必須 false
位置 named
既定値 None
パイプライン入力を許可する False
ワイルドカード文字を許可する false

-RunAsynchronously [<SwitchParameter>]

ジョブが非同期で実行、制御がすぐにコマンド シェルに戻されるかどうかを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 False
パイプライン入力を許可する False
ワイルドカード文字を許可する false

-VMMServer <ServerConnection>

VMM サーバー オブジェクトを取得します。

必須 false
位置 named
既定値 None
パイプライン入力を許可する True (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

出力

  • VMMServer
    • このコマンドレットは、VMMServer オブジェクトを返します。

メモ

例 1 : VMM データベースをローカル フォルダーにバックアップする

コマンド
Backup-SCVMMServer -VMMServer "VMMServer01.Contoso.com" -Path "D:\VMMBackups"
コマンドの説明

このコマンドは、VMM サーバー “VMMServer01.Contoso.com” 上の VMM データベースを指定されたパス (“D:\VMMBackups”) にバックアップします。

注 :

  • Backup-SCVMMServer は、SQL Server を実行しているサーバーにデータベースをバックアップする必要があります。この例では、SQL Server (VMM データベース用) がリモート サーバーではなく VMMServer01 にインストールされていることを前提としています。
  • データベースをローカル フォルダーにバックアップする場合、そのフォルダ-は SQL Server サービスに書き込みアクセス可能である必要があります。

例 2 : VMM データベースをネットワーク共有にバックアップする

コマンド
Backup-SCVMMServer -VMMServer "VMMServer01.Contoso.com" -Path "\\SQLServer01\VMMBackups"
コマンドの説明

このコマンドは、VMM サーバー “VMMServer01.Contoso.com” 上の VMM データベースを、サーバー SQLServer01 上の指定された共有 (“\\SQLServer01\VMMBackups”) にバックアップします。

重要 :

  • Backup-SCVMMServer は SQL Server を実行しているサーバーにデータベースをバックアップする必要があります。この例では、SQL Server (VMM データベース用) が SQLServer01 にインストールされていることを前提としています。
  • データベースをリモート共有にバックアップする場合、共有は SQL Server サービスに書き込みアクセス可能である必要があります。

例 3 : VMM データベースを復元する

コマンド
SCVMMRecover.exe -Path <%backup-folder-path%>\<%backup-file-name%>.bak -Confirm
コマンドの説明

この例では PowerShell コマンドレットではなく、SCVMMRecover.exe の使用方法を示します。PowerShell ウィンドウではなくコマンド プロンプト ウィンドウを開き、VMM と共にインストールされた SCVMMRecover.exe コマンドを用いてこの操作を実行する必要があります。SCVMMRecover.exe は、データベースを復元する VMM サーバー上でローカルに実行する必要があります。SCVMMRecover.exe は、高可用性の VMM インストールでは機能しません。

この例では、VMM データベースを VMM サーバーに復元します。 :

<%backup-folder-path%> は、.bak ファイルが保存されている SQL Server を実行しているサーバー上のパスです。<%backup-file-name%> は、バックアップ操作中に作成された .bak ファイル名です。

この例では、SCVMMRecover.exe が <%system-drive%>\Program Files\Microsoft System Center 2016\Virtual Machine Manager\bin\SCVMMRecover.exe の VMM の既定の場所にインストールされていることを前提としています。

関連するリンク

  • Get-SCVMMServer
  • Set-SCVMMServer

参考