SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット (Repair-SCVirtualMachine) について

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

System Center 2016 – Virtual Machine Manager (SCVMM 2016) に触れる機会が多くなり、Virtual Machine Manager Command Shell を使った設定や、情報取得、および管理することが増えてきたので、備忘録として各コマンドレットの概要を日本語化 (意訳) しました。

ここでは Repair-SCVirtualMachine コマンドレットのヘルプ情報について、SCVMM2016 UR5 の Virtual Machine Manager Command Shell 上で「Repair-SCVirtualMachine」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を元に記載しています。
※SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット一覧については、「System Center 2016 – Virtual Machine Manager で利用できるコマンドレットについて」を参照。

Repair-SCVirtualMachine コマンドレット

名前

Repair-SCVirtualMachine

概要

エラー状態の仮想マシンを修復します。

構文

Repair-SCVirtualMachine
 [-VM] <VM>
 -Agent
 [-JobVariable <String>]
 [-OnBehalfOfUser <String>]
 [-OnBehalfOfUserRole <UserRole>]
 [-PROTipID <Guid>]
 [-RunAsynchronously]
 [<CommonParameters>]

Repair-SCVirtualMachine
 [-VM] <VM>
 -Dismiss
 [-Force]
 [-JobVariable <String>]
 [-OnBehalfOfUser <String>]
 [-OnBehalfOfUserRole <UserRole>]
 [-PROTipID <Guid>]
 [-RunAsynchronously]
 [<CommonParameters>]

Repair-SCVirtualMachine
 [-VM] <VM>
 [-JobVariable <String>]
 -MigrateDBOnlyVM
 [-OnBehalfOfUser <String>]
 [-OnBehalfOfUserRole <UserRole>]
 [-PROTipID <Guid>]
 [-RunAsynchronously]
 -VMHost <Host>
 [<CommonParameters>]

Repair-SCVirtualMachine
 [-VM] <VM>
 [-JobVariable <String>]
 [-OnBehalfOfUser <String>]
 [-OnBehalfOfUserRole <UserRole>]
 [-PROTipID <Guid>]
 -Retry
 [-RunAsynchronously]
 [<CommonParameters>]

Repair-SCVirtualMachine
 [-VM] <VM>
 [-JobVariable <String>]
 [-OnBehalfOfUser <String>]
 [-OnBehalfOfUserRole <UserRole>]
 [-PROTipID <Guid>]
 [-RunAsynchronously]
 -Undo
 [<CommonParameters>]

説明

Repair-SCVirtualMachine コマンドレットは、Virtual Machine Manager (VMM) によって管理されているホスト上の障害状態の仮想マシンを修復します。仮想マシンは、次のどれかの種類の障害状態になる可能性があります :

  • Creation Failed (作成に失敗しました)
  • Migration Failed (移行は失敗しました)
  • Update Failed (更新に失敗しました)
  • Deletion Failed (削除に失敗しました)

このコマンドを用いることで、次のように障害を修復することが可能です :

  • Retry : 失敗したジョブを再度実行しようとします。
  • Undo : 仮想マシンに加えられた変更を取り消し、正常な状態に復元しようとします。例として、Move-SCVirtualMachine ジョブが失敗した場合、元に戻すと仮想マシンを以前のホストに戻そうとします。
  • Dismiss : 失敗したジョブを終了し、現在の状態に基づいて仮想マシンを更新します。手動で障害を修正する場合は、Dismiss オプションを用いて VMM データベース内の仮想マシンのデータを更新することが可能です。ただし、Dismiss オプションを使用すると、オブジェクトが失敗した状態に戻ることがあります。

このコマンドレットを実行すると、一度に 1 つの種類のアクションしか指定できません。

このコマンドレットを実行すると、Agent パラメーターを用いてサービスの一部である仮想マシンのゲスト内エージェントを修復することが可能です。

パラメーター

-Agent [<SwitchParameter>]

このコマンドレットは、該当する VMM ゲスト内エージェントを修復、もしくはアップグレードする場合に指定します。

必須true
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Dismiss [<SwitchParameter>]

オブジェクトのエラー、もしくはサービス インスタンスの更新通知を閉じます。

エラーが解除されると、オブジェクトがリフレッシュされます。エラーが再発した場合は、リフレッシュしても問題は解決されず、エラーを修正する必要があります。

必須true
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Force [<SwitchParameter>]

強制的に操作を終了します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-JobVariable <String>

ジョブの進行状況を示す変数名を指定します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-MigrateDBOnlyVM [<SwitchParameter>]

このコマンドレットが、MigrateDBOnlyVM を用いる場合に指定します。

必須true
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-OnBehalfOfUser <String>

ユーザー名を指定します。このコマンドレットは、このパラメーターが指定するユーザーの代わりに操作します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-OnBehalfOfUserRole <UserRole>

ユーザー ロールを指定します。ユーザー ロールを取得するには、Get-SCUserRole コマンドレットを用います。このコマンドレットは、このパラメーターで指定するユーザー ロールの代わりに操作します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PROTipID <Guid>

このアクションにトリガーされるパフォーマンスとリソースの最適化のヒント (PRO ヒント) を指定します。このパラメーターは、PRO ヒントを監査することができます。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Retry [<SwitchParameter>]

タスクを正常に完了させるために、このコマンドレットが仮想マシンで失敗した最後のタスクを再試行する場合に指定します。

必須true
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RunAsynchronously [<SwitchParameter>]

ジョブが非同期で実行、制御がすぐにコマンド シェルに戻されるかどうかを指定します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Undo [<SwitchParameter>]

このコマンドレットは、仮想マシン上で最後に実行されたジョブをキャンセルし、加えられた変更を元に戻す場合に指定します。このパラメーターは、最新のジョブが失敗した場合にのみ使用することが可能です。

必須true
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VM <VM>

仮想マシン オブジェクトを指定します。

必須true
位置0
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMHost <Host>

仮想マシン ホスト オブジェクトを指定します。VMM は、Hyper-V ホスト、VMware ESX ホスト、および Citrix XenServer ホストをサポートします。 各ホストの種類に関する情報について、Add-SCVMHost コマンドレットを参照してください。

必須true
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

出力

  • VirtualMachine

メモ

このコマンドレットには、Get-SCVirtualMachine コマンドレットを用いて取得可能な仮想マシン オブジェクトが必要となります。

例 1 : 移行タスクを再試行し、失敗した移行タスクを修復する

コマンド
$VM = Get-SCVirtualMachine -Name "VM01"
Repair-SCVirtualMachine -VM $VM -Retry
コマンドの説明

最初のコマンドは、仮想マシン オブジェクト “VM01” を取得し、そのオブジェクトを $VM 変数に格納します。この例では、失敗した移動アクションを修復します。

2 番目のコマンドは、以前の失敗した移行タスクを再開して、$VM に格納されている仮想マシン オブジェクトを修復します。

例 2 : サービスの一部である指定された仮想マシン上で VMM のゲスト内エージェントを修復、もしくはアップグレードする

コマンド
$VM = Get-SCVirtualMachine -Name "ServiceVM01"
$Creds = Get-Credential
Repair-SCVirtualMachine -VM $VM -Credential $Creds -Agent
コマンドの説明

最初のコマンドは、仮想マシン オブジェクト “ServiceVM01” を取得し、そのオブジェクトを $VM 変数に格納します。この例では、仮想マシンはサービスの一部です。

2 番目のコマンドは、修復する仮想マシンのローカル管理者である必要がある資格情報オブジェクトを取得し、そのオブジェクトを $Creds 変数に格納します。

3 番目のコマンドは、$VM に格納されている仮想マシンオブジェクトのゲスト内エージェントを修復します。

関連するリンク

  • Get-SCUserRole
  • Get-SCVirtualMachine
  • Move-SCVirtualMachine
  • New-SCVirtualMachine
  • Read-SCVirtualMachine
  • Register-SCVirtualMachine
  • Remove-SCVirtualMachine
  • Reset-SCVirtualMachine
  • Resume-SCVirtualMachine
  • Set-SCVirtualMachine
  • Start-SCVirtualMachine
  • Stop-SCVirtualMachine
  • Suspend-SCVirtualMachine

参考