SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット (Import-SCLibraryPhysicalResource) について

System Center 2016 – Virtual Machine Manager (SCVMM 2016) に触れる機会が多くなり、Virtual Machine Manager Command Shell を使った設定や、情報取得、および管理することが増えてきたので、備忘録として各コマンドレットの概要を日本語化 (意訳) しました。

ここでは Import-SCLibraryPhysicalResource コマンドレットのヘルプ情報について、SCVMM2016 UR5 の Virtual Machine Manager Command Shell 上で「Import-SCLibraryPhysicalResource」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を元に記載しています。
※SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット一覧については、「System Center 2016 – Virtual Machine Manager で利用できるコマンドレットについて」を参照。

Import-SCLibraryPhysicalResource コマンドレット

名前

Import-SCLibraryPhysicalResource

概要

VMM ライブラリにリソースをインポートします。

構文

Import-SCLibraryPhysicalResource
 [-SourcePath] <String>
 [[-SharePath] <String>]
 [-AllowUnencryptedTransfer]
 [-OverwriteExistingFiles]
 [-VMMServer <ServerConnection>]
 [<CommonParameters>]

説明

Import-SCLibraryPhysicalResource コマンドレットは、Virtual Machine Manager (VMM) ライブラリにリソースをインポートします。セルフサービス ユーザーは、指定されたユーザー ロールのデータ パス、もしくはそのパス配下のフォルダーにのみリソースをインポートすることが可能です。

パラメーター

-AllowUnencryptedTransfer [<SwitchParameter>]

ネットワーク ファイル転送で暗号化が必要ない場合に指定します。暗号化されていないネットワーク ファイル転送を許可する場合、送信元ホストも宛先ホストも暗号化を必要としない場合にパフォーマンスが向上する可能性があります。

このパラメーターを使用するのは、次のとおり :

  • ライブラリへの暗号化されていないファイル転送を許可する。
  • 暗号化されていないファイル転送をホスト グループに、ホストグループ外に、もしくはホストグループ内で許可します。
必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-OverwriteExistingFiles [<SwitchParameter>]

VMM ライブラリにリソースをインポート、もしくはエクスポートする際に、同じ名前のファイルを上書きする場合に指定します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-SharePath <String>

UNC (Universal Naming Convention) パスを使用する既存のライブラリ サーバー上の有効なライブラリ共有へのパスを指定します。

フォーマット例 : -SharePath “\\LibServer01\LibShare”

必須false
位置1
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-SourcePath <String>

インポートするリソースのパスを指定します。

必須true
位置0
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMMServer <ServerConnection>

VMM サーバー オブジェクトを取得します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

出力

メモ

例 1 : 管理者、もしくは代理管理者がライブラ リリソースをインポートする

コマンド
Import-SCLibraryPhysicalResource -SourcePath "C:\AdminFolder\VHD01.vhd" -SharePath "\\VMMLibraryServer\MSSCVMMLibrary\ImportedLibraryResources" -OverwriteExistingFiles
コマンドの説明

このコマンドは、フォルダー “C:\AdminFolder\” に格納されている仮想ハード ディスク “VHD01.vhd” を指定したライブラリ パス “\\VMMLibraryServer\MSSCVMMLibrary\ImportedLibraryResources” にインポートします。 その名前のリソースがすでにそのライブラリ パスに存在する場合、このコマンドはそれらのファイルを上書きします。

例 2 : VMM ライブラリのデフォルト ユーザー ロール データ パス配下にパスを指定、セルフサービス ユーザーがライブラ リリソースをインポートする

コマンド
Import-SCLibraryPhysicalResource -SourcePath "C:\SSFolder\VHD01.vhd" -SharePath "\\<DefaultUserRoleDataPath>\SSUserSubfolder\Folder01"
コマンドの説明

このコマンドは、仮想ハード ディスク “VHD01.vhd” をフォルダー “C:\SSFolder\” からフォルダー “\\<DefaultUserRoleDataPath>\SSUserSubfolder\Folder01” にインポートします。このフォルダーは、ログオンしているユーザーがメンバーであるセルフサービス ユーザー ロールの既定のユーザー ロール データ パスに格納されます。

例 3 : セルフサービス ユーザーによるライブラリ リソースを VMM ライブラリの既定のユーザー ロール データ パスにインポートする

コマンド
Import-SCLibraryPhysicalResource -SourcePath "C:\SSFolder\VHD01.vhd"
コマンドの説明

このコマンドは、”C:\SSFolder\” に格納されているファイル “VHD01.vhd” を、ログオンしているユーザーがメンバーであるセルフサービス ユーザー ロールの既定のユーザー ロール データ パスにインポートします。

関連するリンク

  • Export-SCLibraryPhysicalResource

参考

System Center VMM 2016
タイトルとURLをコピーしました