SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット (Register-SCVMMManagedComputer) について

スポンサーリンク
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

System Center 2016 – Virtual Machine Manager (SCVMM 2016) に触れる機会が多くなり、Virtual Machine Manager Command Shell を使った設定や、情報取得、および管理することが増えてきたので、備忘録として各コマンドレットの概要を日本語化 (意訳) しました。

ここでは Register-SCVMMManagedComputer コマンドレットのヘルプ情報について、SCVMM2016 UR5 の Virtual Machine Manager Command Shell 上で「Register-SCVMMManagedComputer」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を元に記載しています。
※SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット一覧については、「System Center 2016 – Virtual Machine Manager で利用できるコマンドレットについて」を参照。

Register-SCVMMManagedComputer コマンドレット

名前

Register-SCVMMManagedComputer

概要

VMM 管理サーバーにインストールされた VMM エージェント上の管理されたコンピューターを再度関連付けます。

構文

Register-SCVMMManagedComputer
 [-VMMManagedComputer] <VMMManagedComputer>
 -Credential <VMMCredential>
 [-JobVariable <String>]
 [-PROTipID <Guid>]
 [-RunAsynchronously]
 [<CommonParameters>]

説明

Register-SCVMMManagedComputer コマンドレットは、Virtual Machine Manager (VMM) 管理サーバーにインストールされた VMM エージェント上の管理されたコンピューターを再度関連付けます。

VMM に最初にホスト、もしくはライブラリ サーバーを追加すると、ホスト、もしくはライブラリ サーバーはそのホスト、もしくはライブラリ サーバーを追加した VMM データベースを提供する VMM 管理サーバーに関連付けられます。VMM データベースは、VMM 管理サーバー上の Microsoft SQL Server データベース、もしくは SQL Server を実行しているリモート コンピューターにインストールされている可能性があります。

ホスト、もしくはライブラリ サーバーを VMM 管理サーバーに追加した後、VMM 管理サーバーと関連付けても他の VMM 管理サーバーと通信することはできません。ただし、次のシナリオで説明するように、別の VMM 管理サーバーに再関連付けすることが可能です。

シナリオ 1 : ディザスター リカバリー

このシナリオでは、VMMServerA が失敗するか、VMMServerA で実行されている VMM サービスが失敗します。 バックアップ VMM 管理サーバーとして既に VMMServerB を使用している可能性があります。そうでない場合は、VMM サービスを VMMServerB にインストールすることができます。この時点で、VMM データベースは VMMServerB 上に存在する可能性があり、もしくは、データベースを別の SQL Server に保存すると、VMMServerB をその SQL Server 上の VMM データベースにポイントすることができます。

しかしながら、機能しているVMM 管理サーバー (VMMServerB) とデータベースがありますが、VMMServerA によって管理されていたホストとライブラリ サーバーは、VMMServerA と通信するように構成されています。VMMServerB はこれらの管理対象コンピューターを認識しますが、アクセス拒否状態です。この時点で、Reassociate-SCVMMManagedComputer を使用して、VMMServerA で管理されていたコンピューターを VMMServerB に再関連付けすることができます。

シナリオ 2 : サーバー グループの再編成

このシナリオでは、VMMServerA と VMMServerB はホストとライブラリ サーバーの異なるセットを管理する 2 つの既存の VMM 管理サーバーです。例として、VMHost01 が現在 VMMServerA によって管理されている場合は、Add-SCVMHost コマンドレットを Reassociate パラメーターとともに使用して VMHost01 を VMMServerB に追加することができます。これを行うと、VMMServerA 上の VMHost01 の状態はアクセス拒否になり、VMMServerB 上の状態は応答します。VMHost01 は VMMServerB によって管理されるようになります。そのため、VMMServerA から VMHost01 を削除することができます。

Reassociate-SCVMMManagedComputer を用いて、Host01 と VMMServerA の再関連付けを行うことも可能です。

パラメーター

-Credential <VMMCredential>

資格情報オブジェクトもしくは一部のコマンドレットで、この操作を実行するアクセス許可を持つアカウントのユーザー名とパスワードを含む Run As アカウント オブジェクトを指定します。もしくは、Restart-SCJob の場合、再起動したタスクを完了するためのアクセス許可が必要となります。

PSCredential オブジェクトに関する詳細な情報は、Get-Help Get-Credential を実行します。

Run As アカウントに関する詳細な情報は、Get-Help New-SCRunAsAccount を実行します。

必須true
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-JobVariable <String>

ジョブの進行状況を追跡し、このパラメーターで指定された変数に格納する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PROTipID <Guid>

このアクションにトリガーされるパフォーマンスとリソースの最適化のヒント (PRO ヒント) を指定します。このパラメーターは、PRO ヒントを監査することができます。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RunAsynchronously [<SwitchParameter>]

ジョブが非同期で実行、制御がすぐにコマンド シェルに戻されるかどうかを指定します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMMManagedComputer <VMMManagedComputer>

VMM によって管理されているコンピューター オブジェクトを指定します。

必須true
位置0
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

出力

  • VMMManagedComputer
    • このコマンドレットは、VMMManagedComputer オブジェクトを返します。

メモ

例 1 : 関連付けされていないすべての管理対象コンピュータを特定の VMM サーバーに再関連付けする

コマンド
Get-VMMServer -ComputerName "VMMServer01.Contoso.com"
$Credential = Get-Credential
Get-VMMManagedComputer | where {$_.State -eq "NotResponding"} | Register-SCVMMManagedComputer -Credential $Credential
コマンドの説明

最初のコマンドは、”VMMServer01.Contoso.com” に接続します。

2 番目のコマンドは、Get-Credential を使用してユーザー名とパスワードの入力を促し、資格情報を $Credential 変数に格納します。この操作に必要な資格情報は、特定の VMM サーバーと再関連付けするホスト サーバーの管理者権限を持つドメイン アカウントと、そのアカウントのパスワードです。

最後のコマンドは、VMMServer01 からすべての管理対象コンピュータを取得し、応答していない状態にあるオブジェクトのみを選択します。次に、これらのオブジェクトを Register-SCVMMManagedComputer コマンドレットに渡します。このコマンドレットは、オブジェクトの関連付けを VMMerver01 に変更します。このコマンドが処理されると、$Credential は Register-SCVMMManagedComputer に資格情報を提供します。

関連するリンク

  • Add-SCVMMManagedComputer
  • Get-SCVMMManagedComputer
  • Read-SCVMMManagedComputer
  • Remove-SCVMMManagedComputer
  • Set-SCVMMManagedComputer
  • Update-SCVMMManagedComputer

参考