Azure Stack Development Kit (Build 1.1901.0.95) がリリースされました

スポンサーリンク

Azure Stack Development Kit (ASDK) の最新版である Build 1.1901.0.95 がリリースされました。

Azure Stack Development Kit Downloader から Build 番号の確認やダウンロードが可能です。

ASDK Build 1.1901.0.95 のリリースに伴い、リリースノートも対応した Build の内容に更新されています。

Microsoft Azure Stack Development Kit – Build 1.1901.0.95 について (概要、意訳)

変更点

この Build には、Azure Stack に対する次の改善があります。

  • BGP および NAT コンポーネントが物理ホストに配置されました。これにより、ASDK を展開するために 2 つのパブリック IP アドレス、もしくは企業 IP アドレスを用意する必要がなくなり、展開も簡単になります。
  • Azure Stack 統合システムのバックアップは、asdk-installer.ps1 PowerShell スクリプトを用いて検証できるようになりました。

新機能

  • このリリースの新機能の一覧については、Azure Stack リリース ノートのこのセクションを参照してください。

修正された問題と既知の問題

  • このリリースで修正された問題の一覧については、Azure Stack リリース ノートのこのセクションを参照してください。既知の問題の一覧については、このセクションを参照してください。
  • 利用可能な Azure Stack 修正プログラムは Azure Stack ASDK には適用されません。

参考