VMware PowerCLI 11.2.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Surface Pro 4

2019/02/25 (現地時間) に VMware PowerCLI 11.2.0 がリリースされた旨のアナウンスがありました。

VMware PowerCLI 11.2.0 の変更点やユーザーガイドなどについては、以下 VMware サイトにリンクが纏められています。

VMware PowerCLI 11.2.0 のインストールについては、PowerShell Gallery 経由から可能となっています。

VMware PowerCLI 11.2.0 における更新内容 (意訳)

  • 機能の追加
    • 新しい VMware.VimAutomation.Hcx モジュールは、PowerCLI を介して VMware Hybrid Cloud Extension でハイブリッド クラウド構成およびタスクを管理する機能を提供します。
    • New.VcsOAuthSecurityContext コマンドレットが VMware.VimAutomation.Vmc モジュールに追加されました。これにより、任意の VMware Cloud サービスでユーザーを認証するために使用できる OAuth2 セキュリティ コンテキスト オブジェクトを作成することが可能となります。
    • New-VISamlSecurityContext コマンドレットが VMware.VimAutomation.Core モジュールに追加され、OAuth2 セキュリティ コンテキストを介して vCenter Server システムに接続する機能を提供します (AWS GovCloud 上の VMware クラウドのみ)。
    • Get-NsxtPolicyService コマンドレットが VMware.VimAutomation.Nsxt モジュールに追加され、VMware NSX-T ポリシー サービスと対話できるようになりました。
  • 修正
    • Connect-VIServer
      SAML セキュリティ コンテキストを介して vCenter Server システムに接続する機能を提供する新しい SamlSecurityContext パラメーターを追加しました (AWS GovCloud 上の VMware Cloud のみ)。
    • Import-VApp
      NSX-T opaque (あいまいな) ネットワークで動作します。
    • Set-NetworkAdapter
      opaque (あいまいな) ネットワーク バッキングを持つアダプターを割り当てます。
    • Get-VsanSpaceUsage
      すべての vSAN オブジェクトに指定されたストレージ ポリシーが割り当てられている場合に、空き容量状況を照会するためのサポートを追加します。
    • Set-VsanClusterConfiguration
      CustomizedSwapObjectEnabled、GuestTrimUnmap、LargeClusterSupported、ObjectRepairTimerMinutes、および SiteReadLocalityEnabled 構成パラメーターを追加します。
    • Test-VsanNetworkPerformance
      ネットワーク パフォーマンス テスト期間を指定するために、新しい DurationInSecond パラメーターを追加します。
  • 不具合修正
    • AWS上のVMware CloudでNetworkName パラメーターを指定せずに New-VM を実行する場合、コマンドレットは NullReferenceException エラーメッセージをスローします。
    • New-VM を使用している場合、SDRS の非アフィニティ ルールを使用して仮想マシンを複製することはできません。
    • Remove-VmHostNtpServer を使用している場合、NTP サーバーを削除することはできません。
    • vCenter Server 接続で Get-ScsiLun およびその他の ESXCLI コマンドレットを実行する場合、パフォーマンスが低下します。
    • Move-VM では、Destination パラメーターを使用する必要があります。
    • データ ストア名に特殊文字が含まれている場合、Copy-DatastoreItem は失敗します。
    • Get-TagAssignment を実行している場合、コマンドレットが失敗し Value 型のメッセージを null にすることはできません。
    • WebOperationTimeoutSeconds 構成パラメーターは、SSO サービスには適用されません。
    • PowerCLI を介して SDRS 手動クラスターに仮想マシンをデプロイした際、この操作により仮想マシンの上書きルールが完全に自動化されたものとして作成されます。

モジュールのアンインストールについて

以下のコマンドを実行することで、インストールされた PowerCLI 11.2.0 のモジュールをすべて削除することが可能です。

参考