Azure PowerShell – Az モジュール v2.0.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Ori and the Blind Forest

2019/05/06 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール v2.0.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v2.0.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v2.0.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v2.0.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v2.0.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v2.0.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v2.0.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

リリース ノート

これは、Az.Compute および Az.HDInsight コマンドレットにおいて変更点が多く持つ、大きな変更を含むリリースです。詳細な移行ガイドについては、こちらを参照してください。

Az.Accounts

  • ユーザー名/パスワード認証に関する ADFS の問題を修正するための Authentication Library をアップデート

Az.CognitiveServices

  • Bing Search Services の Bing 免責事項のみを表示
  • アカウント作成に失敗した際のエラーを改善

Az.Compute

  • 近接通信配置グループ機能
    • 次の新しいコマンドレットを追加 :
      • New-AzProximityPlacementGroup
      • Get-AzProximityPlacementGroup
      • Remove-AzProximityPlacementGroup
    • 新しいパラメーター ProximityPlacementGroupId が追加された次のコマンドレット :
      • New-AzAvailabilitySet
      • New-AzVMConfig
      • New-AzVmssConfig
  • New-AzGalleryImageVersion に StorageAccountType パラメーターを追加
  • New-AzGalleryImageVersion の TargetRegion に、StorageAccountType を含めることが可能
  • Stop-AzVM および Stop-AzVmss に SkipShutdown スイッチ パラメーターを追加
  • 大きな変更点
    • Set-AzVMBootDiagnostics が Set-AzVMBootDiagnostic に変更
    • Export-AzLogAnalyticThrottledRequests が Export-AzLogAnalyticThrottledRequests に変更

Az.DeploymentManager

  • Azure Deployment Manager コマンドレットの最初の一般利用可能 (GA) リリース

Az.Dns

  • 自動 DNS ネーム サーバー委任
    • DNS ゾーンの作成コマンドレットは、追加のオプション パラメーターとして親ゾーン名を受け入れる
    • 新しく作成された子ゾーンの親ゾーンに NS レコードを追加

Az.FrontDoor

  • Azure FrontDoor コマンドレットにおける最初の 一般利用可能 (GA) リリース
  • ‘Waf’ を含む WAF コマンドレット名を変更
    • Get-AzFrontDoorFireWallPolicy –> Get-AzFrontDoorWafPolicy
    • New-AzFrontDoorCustomRuleObject –> NewAzFrontDoorWafCustomRuleObject
    • New-AzFrontDoorFireWallPolicy –> New-AzFrontDoorWafPolicy
    • New-AzFrontDoorManagedRuleObject –> New-AzFrontDoorWafManagedRuleObject
    • New-AzFrontDoorManagedRuleOverrideObject –> New-AzFrontDoorWafManagedRuleOverrideObject
    • New-AzFrontDoorMatchConditionObject –> New-AzFrontDoorWafMatchConditionObject
    • New-AzFrontDoorRuleGroupOverrideObject –> New-AzFrontDoorWafRuleGroupOverrideObject
    • Remove-AzFrontDoorFireWallPolicy –> Remove-AzFrontDoorWafPolicy
    • Update-AzFrontDoorFireWallPolicy –> Update-AzFrontDoorWafPolicy

Az.HDInsight

  • 2 つのコマンドレットを削除 :
    • Grant-AzHDInsightHttpServicesAccess
    • Revoke-AzHDInsightHttpServicesAccess
  • Grant-AzHDInsightHttpServicesAccess を置き換えるため、新しいコマンドレット Set-AzHDInsightGatewayCredential を追加
  • 閲覧者ロールおよび hdinsight オペレーター ロールを区別ためにコマンドレット Get-AzHDInsightJobOutput をアップデート :
    • 閲覧者ロールを持つユーザーは、 ‘DefaultStorageAccountKey’ パラメーターを明示的に指定する必要があり、そうでない場合エラーが発生する
    • hdinsight オペレーター ロールを持つユーザーは影響を受けない

Az.Monitor

  • SQR API (Scheduled Query Rule) に関する新しいコマンドレット
    • New-AzScheduledQueryRuleAlertingAction
    • New-AzScheduledQueryRuleAznsActionGroup
    • New-AzScheduledQueryRuleLogMetricTrigger
    • New-AzScheduledQueryRuleSchedule
    • New-AzScheduledQueryRuleSource
    • New-AzScheduledQueryRuleTriggerCondition
    • New-AzScheduledQueryRule
    • Get-AzScheduledQueryRule
    • Set-AzScheduledQueryRule
    • Update-AzScheduledQueryRule
    • Remove-AzScheduledQueryRule
    • More information about SQR API に関する詳細な情報
    • GenV2 (非クラシック) メトリック ベースのアラート ルールのコマンドレットを含めるため、Az.Monitor.md をアップデート

Az.Network

  • Nat Gateway Resource のサポートを追加
    • 新しいコマンドレット
      • New-AzNatGateway
      • Get-AzNatGateway
      • Set-AzNatGateway
      • Remove-AzNatGateway
    • コマンドレットのアップデート
      • New-AzVirtualNetworkSubnetConfigCommand
      • Add-AzVirtualNetworkSubnetConfigCommand
    • 機能に関する以下のコマンドを更新 : Brooklyn Gateway でカスタム ルートを設定/削除
      • ゲートウェイに設定するカスタム ルートとしてアドレス プレフィックスを設定するためのオプション パラメーター -CustomRoute を追加
      • Set-AzVirtualNetworkGateway の更新:ゲートウェイに設定するカスタム ルートとしてアドレス プレフィックスを設定するためのオプション パラメーター -CustomRoute を追加

Az.PolicyInsights

  • ポリシー評価の詳細に関する照会をサポート
    • ‘-Expand’ parameter to Get-AzPolicyState に ‘-Expand’ パラメーターを追加。’-Expand PolicyEvaluationDetails’ をサポート

Az.RecoveryServices

  • Azure site Revovery への クロス サブスクリプション Azure サポート
  • Azure Site Recovery に対する今後の大きな変更点をマーキング
  • Azure Site Recovery の復旧プランおよび終了アクション プランを修正
  • Azure to Azure に対する Azure Site Recovery Update ネットワーク マッピングを修正
  • Managed ディスクに対する Azure to Azure への Azure Site Recovery update protection direction を修正
  • その他のマイナー修正

Az.Relay

  • 顧客向けメッセージの誤字修正

Az.ServiceBus

  • 名前空間の NetworkRuleSet に新しいコマンドレットを追加

Az.Storage

  • Storage Client Library 10.0.1 にアップグレード (この SDK のすべてのオブジェクトの名前空間が、’Microsoft.WindowsAzure.Storage’ から ‘Microsoft.Azure.Storage’ に変更)
  • 新しい API バージョン 2019-04-01 をサポートするため、Microsoft.Azure.Management.Storage 11.0.0 にアップグレード
  • Storage アカウントを作成する際、既定のストレージ アカウントの種類が ‘Storage’ から ‘StorageV2’ に変更
    • New-AzStorageAccount
  • ‘StandardLRS’ を ‘Standard_LRS’ に変更するよう、 ‘_’ を 追加して、ストレージ アカウント コマンドレットの出力 Sku.Name を入力 SkuNameと 揃えるように変更
    • New-AzStorageAccount
    • Get-AzStorageAccount
    • Set-AzStorageAccount

Az.Websites

  • Get-AzWebApp によって返される PSSite オブジェクトに ‘Kind’ プロパティの設定が可能に
  • Get-AzWebApp*Metrics および Get-AzAppServicePlanMetrics が非推奨にマーク

参考