VMware PowerCLI 11.3.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

2019/03/20 (現地時間) に VMware PowerCLI 11.3.0 がリリースされた旨のアナウンスがありました。

VMware PowerCLI 11.3.0 の変更点やユーザーガイドなどについては、以下 VMware サイトにリンクが纏められています。

VMware PowerCLI 11.3.0 のインストールについては、PowerShell Gallery 経由から可能となっています。

VMware PowerCLI 11.3.0 における更新内容 (意訳)

  • 機能の追加
    • VMware.Vim モジュールは、VMware vSphere 6.7 Update 2 の新しい API 機能をサポートするよう、更新されました。
    • Get-VirtualNetwork コマンドレットが vSphere 環境内のすべての仮想ネットワーク (ネットワーク、分散、および不透明) を取得できるよう、VMware.VimAutomation.Core モジュールに追加されました。
    • Get-SpbmView コマンドレットが、SPBM サーバー内の管理対象オブジェクトの SPBM ビューを取得できるよう、VMware.VimAutomation.Storage モジュールに追加されました。
    • VMware.VimAutomation.Hcx モジュールに、ComputeProfile、NetworkProfile、ServiceMesh、InventoryDVS、InventoryNetwork、InventoryDatastore、InventoryCompute、Appliance、Job、NetworkBacking、ComputeProfileDvs、ComputeProfileNetwork、および ServiceMeshDvs に対する新しいコマンドレットが追加されました。
  • 修正
    • New-NetworkAdapter
      SriovEthernetCard および Vmxnet3Vrdma アダプターの種類をサポートし、PhysicalFunction および DeviceProtocol パラメーターを追加します。
    • New-TagAssignment
      Entity および Tag パラメーター配列をサポートします。これにより、複数のタグ割り当てを行うときのパフォーマンスが向上します。
    • New-VMHostAccount
      GrantShellAccess パラメーターは非推奨になりました。
    • Set-VMHostAccount
      GrantShellAccess パラメーターは非推奨になりました。
    • Set-VM
      リンク クローン仮想マシンをフルクローン仮想マシンに昇格させるため、PromoteDisks パラメーターを追加しました。
    • Get-SpbmEntityConfiguration
      データストアの既定のストレージ ポリシーを追加し、その SpbmEnabled ステータスに関する Cluster オブジェクトのサポートを削除します。 vSphere 6.0 以降では、このステータスは常に有効になり、ユーザーが無効にすることはできないため、サポートされません。
    • Set-SpbmEntityConfiguration
      データストアの既定のストレージ ポリシーを追加し、その SpbmEnabled ステータスに関する Cluster オブジェクトのサポートを削除します。 vSphere 6.0 以降では、このステータスは常に有効になり、ユーザーが無効にすることはできないため、サポートされません。
  • 不具合修正
    • Connect/Disconnect-HVServer
      Connect / Disconnect-HVServer を複数回実行すると、メモリが急激に増加します。
    • Connect-VIServer
      Connect-VIServer を使用している場合、コマンドレットは vCenter Server オブジェクトに対する権限を持たないユーザーで vCenter Server システムに接続することはできません。
    • Get-LicenseDataManager
      Get-LicenseDataManager は、信頼されていない vCenter Server 証明書では機能しません。
    • Get-Folder
      Location パラメーターを指定して Get-Folder を使用すると、コマンドレットはクラスターを可能な場所として誤って表示します。
    • Get-Harddisk
      作業ディレクトリがデータストアの場合、Get-Harddisk は作業ディレクトリからすべてのディスクを返します。
    • New-Folder
      Location パラメーターを指定して New-Folder を使用すると、コマンドレットはクラスターを可能な場所として誤って表示します。
    • Test-VsanClusterHealth
      Test-VsanClusterHealth を実行している場合、このコマンドレットは VMware vSphere 6.0 Update 3 環境では機能しません。

モジュールのアンインストールについて

以下のコマンドを実行することで、インストールされた PowerCLI 11.3.0 のモジュールをすべて削除することが可能です。

参考