利用している Azure サブスクリプションでインターネット向け送信 TCP ポート 25 が解放されているかどうかを確認する

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

セキュリティの一環として、一部のサブスクリプション オファーを除き、2017/11/15 以降に作成されたサブスクリプションは、Azure からグローバル IP アドレス (外部ドメイン) 向けの通信において、メールの送信プロトコル SMTP で使用される送信 TCP ポート 25 がブロックされるようになりました。
※プライベート IP アドレス (内部ドメイン) 向けの通信における送信 TCP ポート 25 はブロックされません。また、サブミッション ポートとして利用される送信 TCP ポート 587 についても、グローバル / プライベートともにブロックされません。

以下の公開ドキュメントにも記載はありますが、Azure からグローバル IP アドレス向けにメールを送信する場合は、認証済み SMTP リレー サービスを推奨しています。

2017/11/15 以前に作成されたサブスクリプションについて、送信 TCP ポート25 番ポートが利用可能 (解放されている) かどうかを確認したいということであれば、Azure PowerShell の「Get-AzProviderFeature (もしくは Get-AzProviderFeature)」を用います。

具体的な実行コマンドは、以下となります。

実行結果は、このように表示されます。

なお、Azure PowerShell から申請、有効にしようとしてもサポート外のため、できません。上記公開ドキュメントで対象かどうかを確認したうえで、申請をお願いします。

参考