Azure PowerShell – Az モジュール v3.0.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Microsoft Ignite 2019 が盛り上がってますが、2019/11/04 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール v3.0.0 がリリースされました (プレビュー版 の v4.0 は ?)。

Azure PowerShell – Az モジュール v3.0.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v3.0.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v3.0.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v3.0.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v3.0.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v3.0.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク
  • Az 3.0.0 への移行ガイド : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

リリース ノート

General

  • Az.PrivateDns 1.0.0 がリリース

Az.Accounts

  • ‘Resolve-Error’ エイリアスの非推奨メッセージを追加

Az.Advisor

  • Get-AzAdvisorRecommendation コマンドレットに新しいカテゴリ ‘Operational Excellence’ を追加

Az.Batch

  • BatchAccountContextのCoreQuota を DedicatedCoreQuota に変更。新しい LowPriorityCoreQuota パラメーターも存在する
    • これは、Get-AzBatchAccount に影響する
  • New-AzBatchTask -ResourceFile パラメーターは、新しい New-AzBatchResourceFile コマンドレットを用いて構築可能な PSResourceFile オブジェクトのコレクション の取得が可能
  • PSResourceFile オブジェクトの作成に役立つ、新しい New-AzBatchResourceFile コマンドレット。これらは、-ResourceFile パラメーターで New-AzBatchTask に提供可能
    • 既存の HttpUrl の方法に加えて、次の 2 つの新しい種類のリソース ファイルをサポートする :
      • AutoStorageContainerName ベースのリソース ファイルを自動ストレージ コンテナー全体を Batch ノードにダウンロード
      • StorageContainerUrl ベースのリソース ファイルを URL で指定されたコンテナーを Batch ノードにダウンロード
  • Get-AzBatchApplication によって返される PSApplicationのApplicationPackages プロパティを削除
    • Get-AzBatchApplicationPackage を用いて、アプリケーション内の特定のパッケージを取得が可能
      • 例 : Get-AzBatchApplication -AccountName myaccount -ResourceGroupName myresourcegroup -ApplicationId myapplication
  • 次のコマンドレットの ApplicationName を ApplicationId に変更 (ApplicationId は、ApplicationName のエイリアス)
    • Get-AzBatchApplicationPackage,
    • New-AzBatchApplicationPackage,
    • Remove-AzBatchApplicationPackage
    • Get-AzBatchApplication
    • New-AzBatchApplication
    • Remove-AzBatchApplication
    • Set-AzBatchApplication.
  • PSUserAccount に新しい PSWindowsUserConfiguration プロパティを追加
  • PSApplicationPackage の Version を Name に変更
  • PSResourceFile の BlobSource を HttpUrl に変更
  • PSVirtualMachineConfiguration から OSDisk プロパティを削除
  • Set-AzBatchPoolOSVersion を削除。この操作は、サポートされない
  • PSCloudServiceConfiguration から TargetOSVersion を削除
  • PSCloudServiceConfiguration の CurrentOSVersion から OSVersion に変更
  • PSPoolUsageMetrics から DataEgressGiB および DataIngressGiB を削除
  • Get-AzBatchNodeAgentSku は削除され、Get-AzBatchSupportedImage に置き換わった
    • Get-AzBatchSupportedImage は、Get-AzBatchNodeAgentSku と同じデータをよりわかりやすい形式で返す
    • 新しい未検証画像も返される。各画像の機能と BatchSupportEndOfLife に関する追加情報も含まれる
  • New-AzBatchPool の新しい MountConfiguration パラメーターを介して、プールの各ノードにリモート ファイル システムをマウントする機能を追加
  • トラフィックの送信元ポートに基づき、プールへのネットワーク アクセスをブロックするネットワーク セキュリティ ルールをサポート。これは、PSNetworkSecurityGroupRuleのSourcePortRanges プロパティを介して行われる
  • コンテナーを実行する際、バッチはコンテナー作業ディレクトリ、もしくはバッチ タスク作業ディレクトリでのタスクの実行をサポート。これは、PSTaskContainerSettings の WorkingDirectory プロパティによって制御される
  • 新しい PublicIPs プロパティを介して PSNetworkConfiguration でパブリック IP のコレクションを指定する機能を追加。これにより、プール内のノードに、ユーザーが指定した IP から IP の保持が保証される
  • 指定しない場合、PSSTartTask の WaitForSuccess の既定値は $True(以前は $False) となる
  • 指定しない場合、PSAutoUserSpecificationのScope の既定値は Pool (Windows では Task、Linux では Pool) となる

Az.Cdn

  • RulesEngine に UrlRewriteAction および CacheKeyQueryStringAction を導入
  • New-AzDeliveryRuleCondition コマンドレットに ‘Selector’ 入力がないなど、いくつかの不具合を修正

Az.Compute

  • Disk Encryption Set 機能
    • 新しいコマンドレット :
      • New-AzDiskEncryptionSetConfig
      • New-AzDiskEncryptionSet
      • Get-AzDiskEncryptionSet
      • Remove-AzDiskEncryptionSet
    • 次のコマンドレットに DiskEncryptionSetId パラメーターを追加 :
      • Set-AzImageOSDisk
      • Set-AzVMOSDisk
      • Set-AzVmssStorageProfile
      • Add-AzImageDataDisk
      • New-AzVMDataDisk
      • Set-AzVMDataDisk
      • Add-AzVMDataDisk
      • Add-AzVmssDataDisk
      • Add-AzVmssVMDataDisk
    • 次のコマンドレットに DiskEncryptionSetId および EncryptionType パラメーターを追加 :
      • New-AzDiskConfig
      • New-AzSnapshotConfig
  • New-AzVmssIPConfig に PublicIPAddressVersion パラメーターを追加
  • カスタム スクリプト拡張子の FileUris をパブリック設定から保護設定に移動
  • New-AzVmssNew-AzVmssConfig、および Update-AzVmss コマンドレットに ScaleInPolicy を追加
  • 大きな変更 :
    • CreateOption が Upload の場合、New-AzDiskConfigのDiskSizeGB の代わりにUploadSizeInBytes パラメーターが使用される
    • PublishingProfile.Source.ManagedImage.Id は、GalleryImageVersion オブジェクトの StorageProfile.Source.Id に置き換えらる

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK をバージョン 4.3.0 にアップデート

Az.DataLakeStore

  • 次の修正内容どおり、ADLS SDKバージョン(https://github.com/Azure/azure-data-lake-store-net/blob/preview-alpha/CHANGELOG.md#version-123-alpha)をアップデート
  • ごみ箱、もしくはディレクトリ エントリの作成時間をデシリアライズできない場合に例外のスローを実施させない
  • adlsclient でリクエスト タイム アウトごとに設定を公開
  • badoffset 回復のために元の syncflag を渡すよう修正
  • 応答がチェックされたら継続トークンを取得するよう、EnumerateDirectory を修正
  • Concat の不具合を修正

Az.FrontDoor

  • モジュール全体のその他のタイプ ミスを修正

Az.HDInsight

  • Get-AzHDInsightCluster を用いて ADLSGen1 ストレージを含むクラスターを取得すると、’Not a valid Base-64 string’ というエラーを受け取る不具合を修正
  • Azure Data Lake にアクセスするためのサービス プリンシパル アプリケーション ID を提供できるよう、’ApplicationId’ パラメーターを次の 3 つのコマンドレットに追加
    • Add-AzHDInsightClusterIdentity
    • New-AzHDInsightClusterConfig
    • New-AzHDInsightCluster
  • Microsoft.Azure.Management.HDInsight を 2.1.0 から 5.1.0 に変更
  • 次の 5 つのコマンドレットを削除 :
    • Get-AzHDInsightOMS
    • Enable-AzHDInsightOMS
    • Disable-AzHDInsightOMS
    • Grant-AzHDInsightRdpServicesAccess
    • Revoke-AzHDInsightRdpServicesAccess
  • 次の 3 つのコマンドレットを追加 :
    • Get-AzHDInsightMonitoringGet-AzHDInsightOMS に置き換える
    • Enable-AzHDInsightMonitoringEnable-AzHDInsightOMS に置き換える
    • Disable-AzHDInsightMonitoringDisable-AzHDInsightOMS に置き換える
  • 特定の場所からの機能情報の取得をサポートするために、コマンドレット Get-AzHDInsightProperties を修正
  • Add-AzHDInsightConfigValue からパラメーター セット (‘Spark1’, ‘Spark2’) を削除
  • コマンドレット Add-AzHDInsightSecurityProfile のヘルプ ドキュメントに例を追加
  • 次のコマンドレットの出力の種類を変更 :
    • Get-AzHDInsightProperties の出力型を CapabilitiesResponse から AzureHDInsightCapabilities に変更
    • Remove-AzHDInsightCluster の出力型を ClusterGetResponse から bool に変更
    • Set-AzHDInsightGatewaySettings の出力型を HttpConnectivitySettings から GatewaySettings に変更
  • いくつかのシナリオ テスト ケースを追加
  • いくつかのエイリアスを削除 :
    • Add-AzHDInsightConfigValues
    • Get-AzHDInsightProperties

Az.IotHub

  • 大きな変更 :
    • コマンドレット ‘Add-AzIotHubEventHubConsumerGroup‘ はパラメーター ‘EventHubEndpointName’ をサポートしないため、元のパラメーター名のエイリアスは見つからない
    • コマンドレット ‘Add-AzIotHubEventHubConsumerGroup‘ のパラメーター セット ‘__AllParameterSets’ を削除
    • コマンドレット ‘Get-AzIotHubEventHubConsumerGroup‘ はパラメーター ‘EventHubEndpointName’ をサポートしないため、元のパラメーター名のエイリアスは見つからない
    • コマンドレット ‘Get-AzIotHubEventHubConsumerGroup‘ のパラメーター セット ‘__AllParameterSets’ を削除
    • 型 ‘Microsoft.Azure.Commands.Management.IotHub.Models.PSIotHubProperties’ のプロパティ ‘OperationsMonitoringProperties’ を削除
    • 型 ‘Microsoft.Azure.Commands.Management.IotHub.Models.PSIotHubInputProperties’ のプロパティ ‘OperationsMonitoringProperties’ を削除
    • コマンドレット ‘New-AzIotHubExportDevice‘ は、エイリアス ‘New-AzIotHubExportDevices‘ をサポートしない
    • コマンドレット ‘New-AzIotHubImportDevice‘ は、エイリアス ‘New-AzIotHubImportDevices‘ をサポートしない
    • コマンドレット ‘Remove-AzIotHubEventHubConsumerGroup‘ はパラメーター ‘EventHubEndpointName’ をサポートしなくなり、元のパラメーター名のエイリアスは見つからない
    • コマンドレット ‘Remove-AzIotHubEventHubConsumerGroup‘ のパラメーター セット ‘__AllParameterSets’ を削除
    • コマンドレット ‘Set-AzIotHub‘ はパラメーター ‘OperationsMonitoringProperties’ をサポートしないため、元のパラメーター名のエイリアスは見つかりません
    • コマンドレット ‘Set-AzIotHub‘ のパラメーター セット ‘UpdateOperationsMonitoringProperties’ を削除

Az.RecoveryServices

  • Azure to Azure の NSG、パブリック IP、内部ロード バランサーなどネットワーク リソースを構成する Azure Site Recovery サポート
  • vMWare to Azure の Managed ディスクに書き込む Azure Site Recovery サポー
  • vMWare to Azure の NIC を削減する Azure Site Recovery サポート
  • Azure to Azure の高速ネットワークにおける Azure Site Recovery サポート
  • Azure to Azure のエージェント自動アップデートにおける Azure Site Recovery サポート
  • Azure to Azure の Standard SSD における Azure Site Recovery サポート
  • Azure to Azure の Azure Disk Encryption 2 パスにおける Azure Site Recovery サポート
  • Azure to Azure の新しい追加ディスクを保護する Azure Site Recovery サポート
  • VM の SoftDelete 機能、および Softdelete テストを追加

Az.Resources

  • 依存関係アセンブリ Microsoft.Extensions.Caching.Memory を 1.1.1 から 2.2 にアップデート

Az.Network

  • 汎用サービスプロバイダーをサポートしするよう、PrivateEndpointConnection のすべてのコマンドレットを変更
    • コマンドレットの更新 :
      • Approve-AzPrivateEndpointConnection
      • Deny-AzPrivateEndpointConnection
      • Get-AzPrivateEndpointConnection
      • Remove-AzPrivateEndpointConnection
      • Set-AzPrivateEndpointConnection
  • PrivateLinkResource の汎用サービス プロバイダーをサポートする新しいコマンドレットを追加
    • 新しいコマンドレット :
      • Get-AzPrivateLinkResource
  • 機能 Proxy Protocol V2 の新しいフィールドとパラメーターを追加
    • PrivateLinkService にプロパティ EnableProxyProtocol を追加
    • PrivateEndpointConnection にプロパティ LinkIdentifier を追加
    • 新しいオプション パラメーター EnableProxyProtocol を追加する New-AzPrivateLinkService を更新
  • New-AzApplicationGatewaySku‘ リファレンス ドキュメントの誤ったパラメーターの説明を修正
  • Azure Firewall ポリシーをサポートする新しいコマンドレット
  • VirtualHub の子リソース RouteTables サポートを追加
    • 次の新しいコマンドレットを追加 :
      • Add-AzVirtualHubRoute
      • Add-AzVirtualHubRouteTable
      • Get-AzVirtualHubRouteTable
      • Remove-AzVirtualHubRouteTable
      • Set-AzVirtualHub
  • VirtualHub の新しいプロパティ Sku および VirtualWanのVirtualWANType サポートを追加
    • 次のオプション パラメーターを持つコマンドレットを更新 :
      • New-AzVirtualHub : Sku パラメーターを追加
      • Update-AzVirtualHub : Sku パラメーターを追加
      • New-AzVirtualWan : パラメーター VirtualWANType を追加
      • Update-AzVirtualWan : パラメーター VirtualWANType を追加
  • HubVnetConnection、VpnConnection、および ExpressRouteConnection の EnableInternetSecurit yプロパティ サポートを追加
    • 次の新しいコマンドレットを追加 :
      • Update-AzureRmVirtualHubVnetConnection
    • 次のオプション パラメーターを持つコマンドレットを更新 :
      • New-AzureRmVirtualHubVnetConnection : パラメーター EnableInternetSecurity を追加
      • New-AzureRmVpnConnection : パラメーター EnableInternetSecurity を追加
      • Update-AzureRmVpnConnection : パラメーター EnableInternetSecurity を追加
      • New-AzureRmExpressRouteConnection : パラメーター EnableInternetSecurity を追加
      • Set-AzureRmExpressRouteConnection : パラメーター EnableInternetSecurity を追加
  • TopLevel WebApplicationFirewall ポリシー構成のサポートを追加
    • 次の新しいコマンドレットを追加 :
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicySetting
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyExclusion
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRuleGroupOverride
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRuleOverride
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRule
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRuleSet
    • 次のオプション パラメーターを持つコマンドレットを更新:
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicy : パラメーター PolicySetting、ManagedRule を追加
  • CustomRule に Geo-Match 演算子サポートを追加
    • FirewallCondition に GeoMatch オペレーターを追加
  • perListener および perSite Firewall ポリシーのサポートを追加
    • 次のオプション パラメーターを持つコマンドレットを更新 :
      • New-AzApplicationGatewayHttpListener : パラメーター FirewallPolicy、FirewallPolicyId を追加
      • New-AzApplicationGatewayPathRuleConfig : パラメーター FirewallPolicy、FirewallPolicyId を追加
  • ‘PSBastion’ の AzureBastionSubnet が持つ必要なサブネットが大文字と小文字を区別しない可能性がある問題を修正
  • ネットワーク ルールの宛先 FQDN および Azure Firewall の NAT ルールの変換された FQDN をサポート
  • IpGroup のトップ レベル リソース RouteTables サポートを追加
    • 次の新しいコマンドレットを追加 :
      • New-AzIpGroup
      • Remove-AzIpGroup
      • Get-AzIpGroup
      • Set-AzIpGroup

Az.ServiceFabric

  • シナリオとして、Add-AzVmssSecret でカバーされているため、Add-AzServiceFabricApplicationCertificate コマンドレットを削除

Az.Sql

  • Managed インスタンスでドロップされたデータベースの復元のサポートを追加
  • 古い監査コマンドレットがコードから廃止
  • 次の非推奨のエイリアスを削除 :
    • Get-AzSqlDatabaseIndexRecommendations (代わりに Get-AzSqlDatabaseIndexRecommendation を使用)
    • Get-AzSqlDatabaseRestorePoints (代わりに Get-AzSqlDatabaseRestorePoint を使用)
  • Get-AzSqlDatabaseSecureConnectionPolicy コマンドレットを削除
  • 非推奨の Vulnerability Assessment Settings コマンドレットのエイリアスを削除
  • Advanced Threat Detection Settings コマンドレットの廃止
    • コマンドレットを追加し、データベースの列の感度 (sensitivity) に関する推奨事項の無効化 / 有効化

Az.Storage

  • ストレージ アカウントの作成、もしくは更新時に Large ファイル共有を有効化するサポート
    • New-AzStorageAccount
    • Set-AzStorageAccount
  • ファイル ハンドルを閉じる / 取得する際、DeletePending ステータスのオブジェクトの障害を回避するために、入力パスがファイル ディレクトリ、もしくはファイルであることの確認をスキップする
    • Get-AzStorageFileHandle
    • Close-AzStorageFileHandle

参考