Configuration Manager Technical Preview version 1911 が公開されました

スポンサーリンク
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

2019/11/06 (現地時間) に Configuration Manager Technical Preview version 1911 が公開された旨のアナウンスがありました。
Technical Preview version 1911 のタイミングで、Microsoft System Center Configuration Manager (SCCM) から Microsoft Endpoint Configuration Manager (MECM ?) に名称変更になっています。

Configuration Manager Technical Preview version 1911 の機能については、以下の Microsoft Docs サイトに記載 (英語) されています。

Configuration Manager Technical Preview version 1911 を利用するには、Configuration Manager Technical Preview コンソールから利用可能となっています。新規インストールの場合、TechNet Evaluation Center で入手可能な 1911 ベースライン版の Configuration Manager Technical Preview Branch を使用してください。Technical Preview Branch リリースでは、テスト環境上で Configuration Manager の新機能について検証することが可能です。

最新の Technical Preview に関する意見について、コンソールから直接フィードバックを送信することができます。また、製品の問題については Feedback Hub アプリ、新機能については UserVoice ページにアクセスしてください。

version 1911 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

Microsoft Endpoint Configuration Manager Technical Preview Branch, version 1911 がリリースされました。

Configuration Manager は、Microsoft Endpoint Manager の一部になりました。Microsoft Endpoint Manager は、すべてのデバイスを管理するための統合ソリューションです。Microsoft は、Configuration Manager と Intune を統合し、複雑な移行を行わず、ライセンスを簡素化します。既存の Configuration Manager の投資を引き続き活用しながら、Microsoft クラウドのパワーを自分のペースで活用してください。

Brad Anderson さんの vision statement for Endpoint Manager を確認してください。

このプレビュー リリースには、次の新機能が含まれます :

  • Intune Win32 アプリの Microsoft Connected Cache サポート : Configuration Manager の配布ポイントで Microsoft Connected Cache を有効にすると、共同管理されたクライアントに Microsoft Intune Win32 アプリの提供が可能となります。

参考