2019 年 11 月時点の Microsoft トレーニングと認定資格 (全体像) について

スポンサーリンク
Windows ストア限定

以前 Microsoft Ignite 2019 で追加された Microsoft 認定資格と対象試験に関する内容を投稿しましたが、現時点 (2019 年 11 月) で公開されているトレーニングや認定資格の情報について、まとめてみました。
※こちら (https://query.prod.cms.rt.microsoft.com/cms/api/am/binary/RWtQJJ) の PowerPoint スライドやこちら (https://aka.ms/TrainCertPoster) の PDF をベースにまとめた情報となります。

Microsoft トレーニングと認定資格 (全体像) について

※2019 年 11 月時点の情報となります。

Microsoft トレーニングと認定資格については、以下の 4 つのカテゴリに対して分類されており、「エキスパート (Experts)」、「アソシエイト (Associate)」レベルごとに各役割 (ロール) に求められる知識を認定するための資格が存在している状況です。

  • Applications & Infrastructure (Microsoft Azure)
  • Data & AI (Microsoft Azure)
  • Modern Workplace (Microsoft 365)
  • Business Application (Dynamics 365 + Power Apps)

例外として、各カテゴリの最初のステップ、基礎的な知識を有していることを任しているための資格である「基礎 (Foundamental)」レベルに加え、その分野における専門知識を有していることを認定するための資格である「専門 (Specialty)」レベルが新たに追加されています。

Applications & Infrastructure (Microsoft Azure)

専門 (Specialty) レベル

エキスパート (Experts) レベル

アソシエイト (Associate) レベル

基礎 (Foundamental) レベル

Data & AI (Microsoft Azure)

エキスパート (Experts) レベル

アソシエイト (Associate) レベル

基礎 (Foundamental) レベル

Modern Workplace (Microsoft 365)

エキスパート (Experts) レベル

アソシエイト (Associate) レベル

基礎 (Foundamental) レベル

Business Application (Dynamics 365 + Power Apps)

エキスパート (Experts) レベル

アソシエイト (Associate) レベル

基礎 (Foundamental) レベル

参照リソースについて

参考