AZ-203 の後継試験となる AZ-204 (Developing Solutions for Microsoft Azure (beta)) が提供開始になりました

以前、「Azure および Data & AI における新しい Microsoft 認定試験 (MCP) について」 というブログ エントリで新試験 (後継試験) が今後提供予定である旨、紹介しましたが、AZ-203 の後継試験となる AZ-204 がベータ版ではありますが、提供開始された旨のアナウンスがありました。

現時点 (2020/02/26) では、ベータ版での提供のため、英語のみとなりますが 2020/02/24 (現地時間) から提供開始となっており、これからすぐに受験することも可能です。なお、上記サイトには、300 名 (先着) 限定で試験料が 80 % オフとなるクーポン番号  (2020/03/27 まで利用可能) が記載されていますので、ご興味があれば。

なお、AZ-204 の提供開始に伴い、従来の試験 AZ-203 については、2020/05/31 をもって廃止、提供終了となります。そのため、AZ-203 を受験予定の方はご注意願います。

試験 AZ-204 : Developing Solutions for Microsoft Azure (Beta) – 評価されるスキルについて (意訳)

試験の対象者

この試験の対象者は、要件の定義と設計から、開発と展開、メンテナンスまで開発のすべてのフェーズに関わるクラウド開発者です。

クラウド DBA、クラウド管理者、およびクライアントと提携してソリューションを実装します。

これらは、Azure SDK、データ ストレージ オプション、データ接続、API、アプリの認証と承認、コンピューティングとコンテナの展開、デバッグ、パフォーマンスの調整と監視です。

この試験の対象者は、1 ~ 2 年の専門的な開発経験と Microsoft Azure の経験が必要となります。

また、Azure でサポートされている言語でプログラミングできる必要があります。

評価されるスキル

注:評価される各スキルの下に記載しているリストは、スキルの評価項目です。このリストは、決定的でも網羅的でもありません。
注:試験内容について、ほとんどの場合、プレビュー機能はカバーされず、一部の機能は GA (General Availability) となった際に試験に追加されます。

Azure コンピューティング ソリューションの開発 (25-30%)

  • IaaS ソリューションを実装する
    • VM をプロビジョニングする
    • ARM テンプレートを作成する
    • ソリューションに対するコンテナ イメージを作成する
    • Azure Container Registry にイメージを発行する
    • Azure Container Instance を用いてコンテナを実行する
  • Azure App Service Web Apps を作成する
    • Azure App Service Web Apps を作成する
    • 診断ログを有効化する
    • Web アプリにコードをデプロイする
    • Web アプリ設定を構成する
    • 自動スケール ルールを実装する (スケジュール、追加/システム メトリクス)
  • Azure Functions を実装する
    • 関数に対する入力および出力バインディングを実装する
    • データ操作、タイマー、webhook を用いた関数のトリガーを実装する
    • Azure Durable Functions を実装する

Azure ストレージの開発 (10-15%)

  • Cosmos DB ストレージを用いたソリューションを開発する
    • ソリューションに適切な API を選択する
    • パーティション分割スキーマを実装する
    • 適切な SDK を用いてデータと対話する
    • 操作に対する適正な一貫性レベルを設定する
    • Cosmos DB コンテナを作成する
  • Blob ストレージを用いたソリューションを開発する
    • ストレージ アカウント、もしくはコンテナ間で Blob ストレージ内のアイテムを移動する
    • プロパティとメタデータを設定および取得する
    • 適正な SDK を用いてデータと対話する
    • データ アーカイブと保持期間を実装する

Azure セキュリティの実装 (15-20%)

  • ユーザー認証および承認を実装する
    • OAuth2 認証を実装する
    • Shared Access Signatures (SAS) を作成、および実装する
    • アプリを登録し、Azure Active Directory を使用してユーザーを認証する
  • セキュア クラウド ソリューションを実装する
    • App Configuration および KeyVault API を用いたアプリ構成データをセキュア化する
    • KeyVault API を用いたキー、シークレット、および証明書を管理する
    • Azure リソースに対するマネージド ID を実装する

Azure ソリューションの監視、トラブルシュート、および最適化 (10-15%)

  • ソリューション内でキャッシュとコンテンツ配信を統合する
    • ソリューションに CDN を実装するコードを開発する
    • キャッシュおよび有効期限ポリシーを構成する
    • Azure Redis cache にデータを格納、および取得する
  • 監視およびログ収集をサポートするソリューションを実装する
    • Application Insights を用いたアプリケーション、もしくはサービスの使用を構成する
    • Azure Monitor を用いてソリューションを分析、トラブルシューティングする
    • Application Insights Web テストとアラートを実装する
    • 一時的な障害を処理するコードを実装する

Azure サービスとサードパーティ サービスへの接続、および使用 (25-30%)

  • App Service Logic Apps を開発する
    • Logic Apps を作成する
    • Logic Apps のカスタム コネクタを作成する
    • Logic Apps のカスタム テンプレートを作成する
  • API 管理の実装
    • APIM インスタンスを作成する
    • API に対する認証を構成する
    • API に対するポリシーを定義する
  • イベント ベースのソリューションを開発する
    注 : イベント モデルの作成は、試験範囲内です。

    • Azure Event Grid を用いたソリューションを実装する
    • Azure Notification Hubs を用いたソリューションを実装する
    • Azure Event Hub を用いたソリューションを実装する
  • メッセージ ベースのソリューションを開発する
    • Azure Service Bus を用いたソリューションを実装する
    • Azure Queue ストレージ キューを用いたソリューションを実装する

参考

 

Microsoft 認定資格
タイトルとURLをコピーしました