Configuration Manager Technical Preview version 2003 が公開されました

2020/03/31 (現地時間) に Configuration Manager Technical Preview version 2003 が公開された旨のアナウンスがありました。

Configuration Manager Technical Preview version 2003 の機能については、以下の Microsoft Docs サイトに記載 (英語) されています。

Configuration Manager Technical Preview version 2003 を利用するには、Configuration Manager Technical Preview コンソールから利用可能となっています。新規インストールの場合、TechNet Evaluation Center で入手可能な 1911 ベースライン版の Configuration Manager Technical Preview Branch を使用してください。Technical Preview Branch リリースでは、テスト環境上で Configuration Manager の新機能について検証することが可能です。

最新の Technical Preview に関する意見について、コンソールから直接フィードバックを送信することができます。また、製品の問題については Feedback Hub アプリ、新機能については UserVoice ページにアクセスしてください。

version 2003 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

Update 2003 for the Technical Preview Branch of Microsoft Endpoint Configuration Manager がリリースされました。このリリースでは、Microsoft Endpoint Manager admin center を介して、Configuration Manager クライアントを Microsoft Defender ATP にオンボードできるようになりました。

この機能を使用すると、管理者は Microsoft Defender ATP Endpoint の検出と応答 (EDR) オンボーディング ポリシーを Configuration Manager 管理クライアントに展開することが可能となります。これらのクライアントは Azure AD、もしくは MDM の登録を必要とせず、ポリシーは Azure AD グループではなく Configuration Manager コレクションを対象としています。

これにより、Microsoft Endpoint Manager コンソールである単一の管理エクスペリエンスから、Intune MDM と Configuration Manage rクライアント EDR/ATP オンボーディングの両方の管理が可能となります。

詳細な情報は、onboarding Configuration Manager clients to Microsoft Defender ATP を参照してください。

このプレビュー リリースには、次の新機能が含まれます :

  • 構成アイテムの修正を追跡 :構成アイテムのコンプライアンス ルールでサポートされている場合、修正履歴を追跡できるようになりました。このオプションが有効になると、構成アイテムのクライアントで発生する修正により、状態メッセージが生成されます。履歴は Configuration Manager データベースに保存されます。
  • デバイスに対する境界グループの表示 :境界グループを使用したデバイスの動作のトラブルシューティングに役立つよう、特定のデバイスの境界グループを表示できるようになりました。 デバイス ノード、もしくはデバイス コレクションのメンバーを表示するときに、新しい境界グループ列をリストビューに追加します。
  • 新しいフィードバック ウィザード : Configuration Manager コンソールに、フィードバックを送信するための新しいウィザードが追加されました。再設計されたウィザードはワークフローを改善し、適切なフィードバックを送信する方法についてのよりよいガイダンスを備えています。
  • Microsoft Edge Management ダッシュボードの改善 :Microsoft Edge 管理ダッシュボードに、デバイス チャート別の優先ブラウザーが新しく追加されました。このグラフは、過去 7 日間に各デバイスで最も使用されたブラウザーを分析します。
  • CMPivot の改善 :Configuration Manager には、デバイス コレクションから CMPivot 機能を実行し、デバイスでリアルタイム クエリを実行する機能がありました。個々のデバイスから CMPivot を実行する機能が追加されました。この変更により、ヘルプデスクの技術者などが、個々のデバイスの CMPivot クエリを簡単に作成できるようになります。
  • Microsoft に送信されたフィードバックのクエリ :Configuration Manager technical preview branch version 2001.2 には、サイトから送信されたフィードバックに関する詳細が記載された新しいステータス メッセージが含まれていました。これらのステータス メッセージをより簡単に見つけられるように、このリリースにはクエリ、Microsoft に送信されるフィードバックが含まれています。
  • タスクシーケンスの進行のための新しい SDK メソッド :一部のお客様は、 IProgressUI::ShowMessage メソッドを使用してカスタム タスク シーケンス インターフェイスを作成しますが、ユーザーの応答の値を返しませんでした。 Based on your UserVoice フィードバックに基づいて、このリリースでは IProgressUI :: ShowMessageExメソッドを追加しました。この新しいメソッドは既存のメソッドに似ていますが、新しい整数の結果変数 pResult も含まれています。
  • OS 展開の改善 :このリリースには、OS 展開に対する以下の改善が含まれています :
    • Check Readiness ステップには、デバイスが UEFI を使用しているかどうか、コンピューターが UEFI モードになっているかどうかを確認するチェックが含まれるようになりました。
      また、新しいタスクシーケンス変数 _TS_CRUEFI も含まれています。この読み取り専用変数は、次の値をサポートしています :

      • 0 : BIOS
      • 1 : UEFI
    • タスク シーケンスの進捗ウィンドウを有効にしてより詳細な進捗情報を表示する場合、無効なグループの有効なステップはカウントされなくなりました。この変更により、進行状況の見積もりがより正確になります。

参考

Configuration Manager
タイトルとURLをコピーしました