VMware PowerCLI 12.0.0 がリリースされました

2020/04/03 (現地時間) に VMware PowerCLI 12.0.0 がリリースされた旨のアナウンスがありました。

VMware PowerCLI 12.0.0 の変更点やユーザーガイドなどについては、以下 VMware サイトにリンクが纏められています。

VMware PowerCLI 11.5.0 のインストールについては、PowerShell Gallery 経由から可能となっています。

なお、Hyper-V の機能がインストールされている環境の場合、以下のエラーメッセージ (コマンドレットが重複する) が表示されるため、注意が必要です。

VMware PowerCLI 12.0.0 における更新内容 (意訳)

  • 機能の追加
    • 名前空間のライフサイクルとポリシーを管理するためのコマンドレットを提供する新しい VMware.VimAutomation.WorkloadManagement モジュール :
      • Get/New/Set/Remove-WMNamespace
      • Get/New/Set/Remove-WMNamespacePermission
      • Get/New/Set/Remove-WMNamespaceStoragePolicy
    • ユーザーの招待、アクティブ化、およびロールを管理するためのコマンドレットを提供する新しい VMware.CloudServices モジュール :
      • Connect-Vcs
      • Get-VcsOrganizationRole
      • Get-VcsService
      • Get-VcsServiceRole
      • Get-VcsUser
      • Get-VcsUserInvitation
      • New-VcsUserInvitation
      • Remove-VcsUser
      • Remove-VcsUserInvitation
    • VMware Cloud on AWS クラスターと組織情報を管理するための新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Vmc モジュールに追加しました :
      • Get-VmcOrganization
      • Get-VmcSddcCluster
      • New-VmcSddcCluster
      • Remove-VmcSddcCluster
    • vSphere ネットワークスタックを管理するための新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Core モジュールに追加しました :
      • Get-VMHostNetworkStack
      • Set-VMHostNetworkStack
    • vSphere ゲスト ディスク情報を管理するための新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Core モジュールに追加しました :
      • Get-VMGuestDisk
    • vSAN ファイル サービス ドメインのライフサイクル管理用の新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Storage モジュールに追加しました :
      • Get/New/Set/Remove-VsanFileServiceDomain
      • New-VsanFileServiceIpConfig
    • New cmdlets for lifecycle management of the vSAN file share have been added to the VMware.VimAutomation.Storage module:
      vSAN ファイル共有のライフサイクル管理用の新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Storage モジュールに追加しました :

      • Get/New/Set/Remove-VsanFileShare
    • New-VsanFileShareNetworkPermissionvSAN ファイルサービスOVFの管理用の新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Storage モジュールに追加しました :
      • Add-VsanFileServiceOvf
      • Get-VsanFileServiceOvfInfo
    • HCX Mobility Group を管理するための新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Hcx モジュールに追加しました :
      • Get/New/Set-HCXMobilityGroup
      • New-HCXMobilityGroupConfiguration
      • Start-HCXMobilityGroupMigration
      • Stop-HCXMobilityGroupMigration
      • Set-HCXMobilityGroupConfiguration
    • VMware HCX OS Assisted Migration (OSAM) を管理するための新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Hcx モジュールに追加しました。 :
      • Uninstall-HCXSentinel
      • Update-HCXSentinel
    • Workload vCenter Server システムのライフサイクル管理用の新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Security モジュールに追加しました :
      • Add/Get/Remove-AttestationServiceInfo
      • Add/Get/Remove-KeyProviderServiceInfo
      • Add-TrustedClusterAttestationServiceInfo
      • Add-TrustedClusterKeyProviderServiceInfo
      • Get-TrustedCluster
      • Get-TrustedPrincipal
      • Get-Tpm2EndorsementKey
      • Import-TrustAuthorityServicesInfo
      • Set-TrustedCluster
      • Register-KeyProvider
      • Unregister-KeyProvider
      • Export-Tpm2CACertificate
      • Export-Tpm2EndorsementKey
      • Export-TrustedPrincipal
      • Export-VMHostImageDb
      • Remove-TrustedClusterAttestationServiceInfo
      • Remove-TrustedClusterKeyProviderServiceInfo
    • Trust Authority vCenter Server システムのライフサイクル管理用の新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Security モジュールに追加しました :
      • Add/Get/Remove-TrustAuthorityKeyProviderServer
      • Add/Get/Set/Remove-TrustAuthorityKeyProviderServerCertificate
      • Get-TrustAuthorityAttestationService
      • Get-TrustAuthorityCluster
      • Get/New/Set/Remove-TrustAuthorityKeyProvider
      • Get/New/Set/Export-TrustAuthorityKeyProviderClientCertificate
      • Get/New/Remove-TrustAuthorityPrincipal
      • Get/New/Remove-TrustAuthorityTpm2CACertificate
      • Get/New/Remove-TrustAuthorityTpm2EndorsementKey
      • Get/New/Remove-TrustAuthorityVMHostBaseImage
      • Get-TrustAuthorityKeyProviderClientCertificateCSR
      • Get-TrustAuthorityKeyProviderService
      • Get-TrustAuthorityTpm2AttestationSettings
      • Get-TrustAuthorityServicesStatus
      • New-TrustAuthorityKeyProviderClientCertificateCSR
      • Set-TrustAuthorityTpm2AttestationSettings
      • Set-TrustAuthorityCluster
      • Export-TrustAuthorityServicesInfo
    • vSphere 7.0 の自動ブートストラップおよび新しいスタイルのデポを管理するため、VMware.DeployAutomation および VMware.ImageBuilder モジュールに新しいコマンドレットを追加しました :
      • New/Set/Reset-LCMClusterRuleWithTransform
      • Get-DepotAddons
      • Get-DepotBaseImages
      • Get-DepotComponents
      • Get-DepotInfo
      • Get-DepotVibs
      • New-IsoImage
      • New-PxeImage
  • 修正
    • VMware vRealize Operations Manager 8.0 をサポート、Linux および macOS で動作するよう、VMware.VimAutomation.vROps モジュールを更新しました
    • Linux および macOS で動作するよう、VMware.VimAutomation.License モジュールを移植しました。
    • Linux および macOS で動作するよう、Open-VMConsoleWindow コマンドレットを移植しました。VMware VMRC がインストールされていることが、サポートされているすべてのオペレーティング システムでこのコマンドレットの前提条件となっています。
    • 仮想マシン ホスト ネットワーク アダプターのネットワーク スタックを指定できるよう、NetworkStack パラメーターが New-VMHostNetworkAdapte rコマンドレットを追加しました。
    • ゲストデ ィスクによる仮想ハードディスクの取得が可能となるよう、Get-HardDisk コマンドレットに VMGuestDisk パラメーターが追加されました。
    • Move-VM コマンドレットに Network および StoragePolicy パラメーターが追加されました。Network パラメーターを使用すると、仮想マシン ネットワーク アダプターの移行先となる仮想ネットワーク (不透明なネットワークを含む) を指定することが可能です。StoragePolicy パラメーターは、仮想マシンのストレージ ポリシーを指定する機能を提供します。
    • vSphere 7.0 の API バインディングが含まれるよう、VMware.Vim モジュールを更新しました。
    • vSphere 7.0 で OAuth 認証が可能になるよう、VMware.VimAutomation.Common モジュールに New-OAuthSecurityContext コマンドレットを追加しました。
    • New-VcsOAuthSecurityContext コマンドレットを VMware.VimAutomation.Vmc モジュールから新しい VMware.CloudServices モジュールに移動しました。
    • ブラウザー認証を使用する場合、コード交換用の証明キー (PKCE) のサポートを追加することで New-VcsOAuthSecurityContext コマンドレットのセキュリティを改善しました。
    • VMware Horizon 7 version 7.12 をサポートするよう、VMware.VimAutomation.Horizo​​nView モジュールを更新しました。
    • Workspace ONE 認証をサポートするよう、UseRemoteAuthentication パラメーターに Connect-NsxtServer コマンドレットを追加しました。
    • The MobilityGroupMigration parameter has been added to the New-HCXMigration cmdlet enabling you to create a client side HCXMigration object which can be provided as an input to the New-HCXMobilityGroup cmdlet.
    • Get-HCXMigration コマンドレットに Vcpus パラメーターおよび Memory パラメーターを追加しました。
    • サービス メッシュとネットワーク拡張を強制的に削除する機能を提供するよう、Remove-HCXServiceMesh および Remove-HCXNetworkExtension コマンドレットに Force パラメーターを追加しました。
  • 不具合修正
    • Add-Passthroughdevice
      • 別の PCI デバイスを追加しようとした際、Add-Passthrough デバイスが失敗していました。
    • Get-AlarmDefinition
      • Remove-AlarmAction を使用する場合、事前定義されたアラームの一部のアクションは削除できませんでした。
    • Get-CIUSer
      • ロールが設定されていない場合、Get-CIUser は失敗していました。
    • Get-ContentLibrary
      • Get-ContentLibrary がファイル共有によってサポートされているコンテンツ ライブラリに対してエラーをスローしていました。
    • Get-OMAlertDefinition
      • vRealize Operations Manager 7.0 以降に対して Get-OMAlertDefinition を実行した際、種類 fromIndex (1000) > toIndex (448) のエラー メッセージが表示されました。
    • Get-SpbmStoragePolicy
      • Virtual Volumes レプリケーション グループの詳細を取得しようとした際、捜査に対して “The string was not recognized as a valid DateTime. There is an unknown word starting at index 0.” の種類の例外がスローされていました。
    • Get-SpbmReplicationGroup
      • 環境に多数のレプリケーション グループがある場合のエラーとして、”Exceeded the maximum number of elements in batch that the VASA provider can support.” をスローしていました。
    • Move-VM
      • パワーオフ状態の仮想マシンの Cross vCenter vMotion において、指定されたポート グループにネットワーク アダプターを正しく接続できず、切断された状態となる場合がありました。
    • New-AlarmAction
      • 複数の受信者がいる電子メールアラーム アクションを作成した際、UI に正しく表示されませんでした。
    • New-HardDisk
      • New-HardDisk を実行している場合、SCSI コントローラーごとのハードディスクの最大数は、仮想マシンのハードウェア バージョンではなく、ESXi サーバーのバージョンによって誤って決定されていました、
    • Set-HCXMobilityGroupMigration
      • Set-HCXMobilityGroupMigration を使用する場合、複数のパラメーターを同時に編集することはできませんでした。
      • Set-HCXMobilityGroupMigration を実行している場合、モビリティ グループに対して連続した更新操作を実行できませんでした。
    • vCloud Director オブジェクトで UpdateServerData() メソッドを呼び出すと、リソースが見つかりませんという種類のエラー メッセージが表示される場合がありました。

モジュールのアンインストールについて

以下のコマンドを実行することで、インストールされた PowerCLI 12.0.0 のモジュールをすべて削除することが可能です。

参考

VMware VMware PowerCLI

コメント

タイトルとURLをコピーしました