Azure PowerShell – Az モジュール v4.1.0 がリリースされました

2020/05/19 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール v4.1.0 がリリースされました。

Az モジュールのメジャー バージョンアップは約半年ぶり、昨年末には Preview 版がリリースされていましたが、Microsoft Build 2020 のタイミングで正式公開となった模様です。

Azure PowerShell – Az モジュール v4.1.0 について、これまで同様に MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v4.1.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v4.1.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v4.1.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v4.1.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v4.1.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.1.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.1.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:4.1.0-centos-7

リリース ノート

前回のリリースからのハイライト

  • 次の PowerShell バージョンをサポート :
    • Windows PowerShell 5.1
    • PowerShell Core 6.2.4+
    • PowerShell 7
  • Az.Functions が GA
  • 以下のモジュールがメジャー リリース :
    • Az.ApiManagement
    • Az.Batch
    • Az.Compute
    • Az.KeyVault
    • Az.Monitor
    • Az.Network
    • Az.OperationalInsights
    • Az.Resources
    • Az.Storage

Az.Accounts

  • ‘AzureSynapseAnalyticsEndpointResourceId’ および  ‘AzureSynapseAnalyticsEndpointSuffix’ パラメーターを受け入れるよう、’Add-AzEnvironment’ および ‘Set-AzEnvironment’ をアップデート
  • Azure.Core 関連のアセンブリを Az.Accounts に追加。サポートしている PowerShell プラットフォームは、Windows PowerShell 5.1、PowerShell Core 6.2.4、および PowerShell 7+

Az.Aks

  • API Version 2019-10-01 にアップグレード
  • Windows コンテナーを用いた AKS の作成をサポート
  • 次の新しいコマンドレットを提供 :
    • ‘New-AzAksNodePool’
    • ‘Update-AzAksNodePool’
    • ‘Remove-AzAksNodePool’
    • ‘Get-AzAksNodePool’
    • ‘Install-AzAksKubectl’
    • ‘Get-AzAksVersion’

Az.ApiManagement

  • ‘New-AzApiManagement’ および ‘Set-AzApiManagement’ :
    • [-AssignIdentity] パラメーターを [-SystemAssignedIdentity] にリネーム
  • ‘New-AzApiManagement’ および ‘Set-AzApiManagement’ :
    • 次の新しいパラメーターを追加 :
      • [-UserAssignedIdentity <String[]>]
  • ‘Get-AzApiManagementProperty’ :
    • ‘Get-AzApiManagementNamedValue’ にリネーム
    • PropertyId パラメーターを NamedValueId にリネーム
  • ‘New-AzApiManagementProperty’ :
    • ‘New-AzApiManagementNamedValue’ にリネーム
    • PropertyId パラメーターを NamedValueId にリネーム
  • ‘Set-AzApiManagementProperty’ :
    • ‘Set-AzApiManagementNamedValue’ にリネーム
    • PropertyId パラメーターを NamedValueId リネーム
  • ‘Remove-AzApiManagementProperty’ :
    • ‘Remove-AzApiManagementNamedValue’ にリネーム
    • PropertyId パラメーターを NamedValueId にリネーム
  • 新しい ‘Get-AzApiManagementAuthorizationServerClientSecret’ コマンドレットを追加、 ‘Get-AzApiManagementAuthorizationServer’ コマンドレットではクライアント シークレットを返さないように変更
  • 新しい ‘Get-AzApiManagementNamedValueSecretValue’ コマンドレットを追加、’Get-AzApiManagementNamedValue’ ではシークレット値を返さないように変更
  • 新しい ‘Get-AzApiManagementOpenIdConnectProviderClientSecret’ コマンドレットを追加、’Get-AzApiManagementOpenIdConnectProvider’ ではクライアント シークレットを返さないように変更
  • 新しい ‘Get-AzApiManagementSubscriptionKey’ cmdlet コマンドレットを追加、’Get-AzApiManagementSubscription’ ではサブスクリプション キーを返さなくなりました。
  • 新しい ‘Get-AzApiManagementTenantAccessSecret’ コマンドレットを追加、’Get-AzApiManagementTenantAccess’ ではキーを返さないように変更
  • 新しい ‘Get-AzApiManagementTenantGitAccessSecret’ コマンドレットを追加、’Get-AzApiManagementTenantGitAccess’ ではキーを返さないように変更

Az.ApplicationInsights

  • ‘New-AzApplicationInsights’ 用のパラメーターを追加 :
    • ‘RetentionInDays’
    • ‘PublicNetworkAccessForIngestion’
    • ‘PublicNetworkAccessForQuery’
  • コマンドレット ‘Update-AzApplicationInsights’ を作成
  • Linked Storage Account 用のコマンドレットを作成

Az.Batch

  • ‘Microsoft.Azure.Batch’ SDK version 13.0.0、および ‘Microsoft.Azure.Management.Batch’ SDK version 9.0.0 を用いて Az.Batch をアップデート
  • 新しい  ‘-CertificateKind’ パラメーターを用いて追加した証明書の種類を選択する機能が ‘New-AzBatchCertificate’ に追加
  • 以前は常に存在していた ‘PSApplication’ から ‘ApplicationPackages’ プロパティを削除
    • アプリケーション内の特定のパッケージは、’Get-AzBatchApplicationPackage’ を使用して取得可能
      • 例 : Get-AzBatchApplication -AccountName myaccount -ResourceGroupName myresourcegroup -ApplicationId myapplication
  • ‘New-AzBatchPool’ を用いてプールを作成する場合に、 ‘PSImageReference’ の ‘VirtualMachineImageId’ プロパティは、共有イメージ ギャラリーの画像のみを参照可能
  • ‘New-AzBatchPool’ を用いてプールを作成する場合に、’PSNetworkConfiguration’ の新しい ‘PublicIPAddressConfiguration’ プロパティを使用して、パブリック IP なしでプールをプロビジョニング可能
    • ‘PSNetworkConfiguration’ の ‘PublicIPs’ プロパティを ‘PSPublicIPAddressConfiguration’ に移動。このプロパティは、’IPAddressProvisioningType’ が ‘UserManaged’ の場合にのみ指定可能

Az.Compute

  • ‘Update-AzVM’ コマンドレットに HostId パラメーターを追加
  • 次のコマンドレットのヘルプ ドキュメントをアップデート :
    • ‘New-AzVMConfig’
    • ‘New-AzVmssConfig’
    • ‘Update-AzVmss’
    • ‘Set-AzVMOperatingSystem’
    • ‘Set-AzVmssOsProfile’
  • 重大な変更
    • ‘Get-AzVMImage’ コマンドレットから FilterExpression パラメーターを削除
    • ‘New-AzVmssConfig’、’New-AzVMConfig’、および ‘Update-AzVM’ コマンドレットから AssignIdentity パラメーターを削除
    • ‘New-AzVmssConfig’、および ‘Update-AzVmss’ コマンドレットから AutomaticRepairMaxInstanceRepairsPercent を削除
    • ProximityPlacementGroup から AvailabilitySetsColocationStatus、VirtualMachinesColocationStatus、および VirtualMachineScaleSetsColocationStatus プロパティを削除
    • AutomaticRepairsPolicy から MaxInstanceRepairsPercent プロパティを削除
    • AvailabilitySets、VirtualMachines および VirtualMachineScaleSets の種類が、IList から IList に変更
  • ‘Get-AzVM’ コマンドレットの説明をアップデート

Az.DataFactory

  • Managed IRでデータ フロー ランタイム プロパティの CRUD をサポート

Az.FrontDoor

  • Front Door Rules Engine オブジェクトの作成、更新、取得、削除用の新しいコマンドレットを追加
  • Front Door Rules Engine オブジェクトの構築用のヘルパー コマンドレットを追加
  • Front Door Routing Rule オブジェクトに Rules Engine リファレンスを追加.
  • Front Door Backend object オブジェクトにプライベート リンク パラメーターを追加

Az.Functions

  • ”Az.Functions” モジュールが GA

Az.HDInsight

  • カスタマー マネージド キー ディスク暗号化をサポート

Az.HealthcareApis

  • アクセス ポリシーは、現在のプリンシパルにデフォルト設定ではありません

Az.IotHub

  • SQL-like 言語を用いた情報取得の際に IoT Hub でクエリを呼び出すコマンドレットを追加
  • ‘Add-AzIotHubDevice’ が子デバイスなしで Edge 対応デバイスを作成できない問題を修正 [#11597]
  • Iot Hub、device、もしくは module 用に SAS トークンを生成するコマンドレットを追加
  • 構成メトリック クエリを呼び出すコマンドレットを追加
  • 大規模な IoT Edge 自動展開を管理するための新しいコマンドレットは、次のとおり :
    • ‘Add-AzIotHubDeployment’
    • ‘Get-AzIotHubDeployment’
    • ‘Remove-AzIotHubDeployment’
    • ‘Set-AzIotHubDeployment’
  • IoT Edge デプロイ メトリック クエリを呼び出すコマンドレットを追加
  • 指定したエッジ デバイスに構成コンテンツを適用するコマンドレットを追加

Az.KeyVault

  • 次の 2 つのエイリアスを削除 :
    • ‘New-AzKeyVaultCertificateAdministratorDetails’
    • ‘New-AzKeyVaultCertificateOrganizationDetails’
  • Key Vault の作成時に、デフォルトで Soft Delete を有効化
  • Key Vault を作成する際、特定のネットワーク ロケーションからのアクセスを管理するようにネットワークルールを設定可能
  • Bring Your Own Key (BYOK) のサポートを追加
    • ‘Add-AzKeyVaultKey’ にて、キー交換キーの生成をサポート
    • ‘Get-AzKeyVaultKey’ にて、PEM フォーマットの公開キーのダウンロードをサポート
  • ‘Add-AzKeyVaultKey’のヘルプ ドキュメントにある ‘KeyOps’ 部分をアップデート

Az.Monitor

  • 保持ポリシーがすべてのカテゴリに適用されない ‘Set-AzDiagnosticSettings’ の不具合を修正 [#11589]
  • メトリックアラート V2 で WebTest 可用性基準をサポート
    • ‘New-AzMetricAlertRuleV2Criteria’ : WebTest 可用性基準を作成するオプションを追加
    • ‘Add-AzMetricAlertRuleV2 : 新しい WebTest 可用性基準をサポート
  • PSLogProfile に対する RetentionPolicy の冗長な定義を削除 [#7608]
  • PSEventData で定義された冗長なプロパティを削除 [#11353]
  • ‘Get-AzLog’ を ‘Get-AzActivityLog’ にリネーム

Az.Network

  • ゾーンのデフォルト動作が変更されることを通知するための重大な変更属性を追加
    • ‘New-AzPublicIpAddress’
    • ‘New-AzPublicIpPrefix’
    • ‘New-AzLoadBalancerFrontendIpConfig’
  • 新しいトップ レベル リソース SecurityPartnerProvider のサポートを追加
    • 次の新しいコマンドレットを追加 :
      • New-AzSecurityPartnerProvider
      • Remove-AzSecurityPartnerProvider
      • Get-AzSecurityPartnerProvider
      • Set-AzSecurityPartnerProvider
  • ‘PSPrivateLinkResource’ に ‘RequiredZoneNames’ を、’PSPrivateEndpointConnection’ に ‘GroupId’ を追加
  • New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorTestConfigurationObject の SuccessThresholdRoundTripTimeMs パラメーターの誤った種類を修正
  • AllowVnetToVnetTraffic 引数のデフォルト値を True に設定するよう、VirtualWan コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzVirtualWan’
    • ‘Update-AzVirtualWan’
  • プライベート エンドポイント用の DNS ゾーン グループをサポートする新しいコマンドレットを追加
    • ‘New-AzPrivateDnsZoneConfig’
    • ‘Get-AzPrivateDnsZoneGroup’
    • ‘New-AzPrivateDnsZoneGroup’
    • ‘Set-AzPrivateDnsZoneGroup’
    • ‘Remove-AzPrivateDnsZoneGroup’
  • ‘AzureFirewall’ に ‘DNSEnableProxy’、’DNSRequireProxyForNetworkRules’ および ‘DNSServers’ パラメーターを追加
  • ‘AzureFirewall’ に ‘EnableDnsProxy’、’DnsProxyNotRequiredForNetworkRule’ および ‘DnsServer’ パラメーターを追加
    • 次のコマンドレットをアップデート :
      • New-AzFirewall

Az.OperationalInsights

  • 新しく生成された SDK を適用するレガシー コードをアップデート
  • 廃止された API のコマンドレットを作成
    • ‘Get-AzOperationalInsightsSavedSearchResult’ (エイリアス ‘Get-AzOperationalInsightsSavedSearchResults’)
    • ‘Get-AzOperationalInsightsSearchResult’ (営利エス ‘Get-AzOperationalInsightsSearchResults’)
    • ‘Get-AzOperationalInsightsLinkTarget’ (エイリアス ‘Get-AzOperationalInsightsLinkTargets’)
  • ‘Set-AzOperationalInsightsWorkspace’ および ‘New-AzOperationalInsightsWorkspace’ 用のパラメーターを追加
  • Linked Stoarge Account 用のコマンドレットを作成
  • Clusters and Linked Service 用のコマンドレットを作成

Az.RecoveryServices

  • Azure Site Recovery に、Azure to Azure プロバイダーの近接配置グループ仮想マシンを保護するためのサポートを追加
  • Azure Site Recovery に、ゾーン間レプリケーション サポートを追加
  • Azure Backup に AzureFileShare 回復ポイントの長期保存サポートを追加
  • Azure Backup に、’Get-AzRecoveryServicesBackupItem’ コマンドレットの出力にディスク除外プロパティを追加
  • Site Recovery サービス用の資格情報コンテナー ファイルに対するプライベート エンドポイントを追加しました。

Az.Resources

  • 新しいロール定義を作成する際、表示遅延に関するメッセージ警告を追加
  • 厳密に型指定されたオブジェクトを出力するよう、ポリシー コマンドレットを変更
  • ‘Get-AzResourceLock’ コマンドレットで使用されていた ‘-TenantLevel’ パラメーターを削除 [#11335]
  • ‘Remove-AzResourceGroup -Id ResourceId’ を修正 [#9882]
  • リソースグループ スコープで ARM テンプレートの What-If 結果を取得するための新しいコマンドレット ‘Get-AzDeploymentResourceGroupWhatIfResult’ を追加
  • サブスクリプション スコープで ARM テンプレートの What-If 結果を取得するための新しいコマンドレット ‘Get-AzDeploymentWhatIfResult’ を追加
    • エイリアス : ‘Get-AzSubscriptionDeploymentWhatIf’
  • ARM テンプレートの What-If 結果を使用するため、’New-AzDeployment’ および ‘New-AzResourceGroupDeployment’ の ‘-WhatIf’ および ‘-Confirm’ パラメーターをオーバーライド
  • デプロイメントコマンドレットの ‘ApiVersion’ パラメーターの非推奨メッセージを追加
  • デプロイメントの失敗に対して改善されたエラー メッセージを表示する機能を追加
  • デプロイメントの失敗に対する correlationId ロギングを追加
  •  デプロイメント スクリプトの出力に ‘error’ プロパティを追加
  • nuget Microsoft.Azure.Management.ResourceManager 3.7.1-preview’ にアップデート
  • DeploymentValidateResult の Error プロパティが nuget 3.7.1-preview から読み取り専用に変更されたため、特定のテストケースを削除
  • SDK ResourceManager 3.7.1-preview から GenericResourceExpanded を取得
  • デプロイ用のすべての Get コマンドレットに対してタグ サポートを追加
    • ‘New-AzDeployment’
    • ‘New-AzManagementGroupDeployment’
    • ‘New-AzResourceGroupDeployment’
    • ‘New-AzTenantDeployment’

Az.ServiceFabric

  • –SecretIdentifier を用いて証明書を追加する際、誤った証明書の拇印を取得していた不具合を修正

Az.Sql

  • 次のコマンドレットのパフォーマンスを強化 :
    • ‘Set-AzSqlDatabaseSensitivityClassification’
    • ‘Set-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityClassification’
    • ‘Remove-AzSqlDatabaseSensitivityClassification’
    • ‘Remove-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityClassification’
    • ‘Enable-AzSqlDatabaseSensitivityRecommendation’
    • ‘Enable-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityRecommendation’
    • ‘Disable-AzSqlDatabaseSensitivityRecommendation’
    • ‘Disable-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityRecommendation’
  • コマンドレット ‘Set-AzSqlDatabaseBackupShortTermRetentionPolicy’ から ‘RetentionDays’ パラメーターのクライアント サイドの検証を削除
  • Vnet のストレージ アカウントに対する監査、Storage Blob Data Contributor ロール作成時の不具合を修正

Az.Storage

  • コマンドレット ‘Get-AzStorageAccount’ でアカウントを取得/一覧表示する際の ‘-AsJob’ を追加
  • KeyvaultEncryption でストレージ アカウントをアップデートする際、KeyVersion をオプションにして、キーの自動ローテーションをサポート
    • ‘Set-AzStorageAccount’
  • Azure File Directory の削除でパイプラインで失敗する問題を修正
    • ‘Remove-AzStorageDirectory’
  • [#9880] を修正 :
    • swagger に合わせて、NetWorkRule DefaultAction 値の定義を変更
      • ‘Update-AzStorageAccountNetworkRuleSet’
      • ‘Get-AzStorageAccountNetworkRuleSet’
  • [#11624] を修正 :
    • サーバー障害を回避するため、NetworkRules を追加するときに重複したルールをスキップ
      • ‘Add-AzStorageAccountNetworkRule’
  • Microsoft.Azure.Cosmos.Table SDK 1.0.7 にアップグレード
  • DataLake Gen2 アイテムの一覧表示で一部のアイテムのみが返された場合に、ContinuationToken を用いて再度一覧表示するようユーザーに促す警告メッセージを追加
    • ‘Get-AzDataLakeGen2ChildItem’
  • Azure Files Active Directory Domain Service Authentication でストレージ アカウントを作成/更新をサポート
    • ‘New-AzStorageAccount’
    • ‘Set-AzStorageAccount’
  • ストレージ アカウントの Kerberos キーの新規作成/一覧表示をサポート
    • ‘New-AzStorageAccountKey’
    • ‘Get-AzStorageAccountKey’
  • フェールオーバー ストレージ アカウントをサポート
    • ‘Invoke-AzStorageAccountFailover’
  • ‘Get-AzStorageBlobCopyState’ のヘルプをアップデート
  • ‘Get-AzStorageFileCopyState’ および ‘Start-AzStorageBlobCopy’ のヘルプをアップデート
  • Queue および File コマンドレットにストレージ クライアント ライブラリ v12 を統合
  • 出力の種類を CloudFile から AzureStorageFile に変更。元の出力は新しい出力の子プロパティとなる
    • ‘Get-AzStorageFile’
    • ‘Remove-AzStorageFile’
    • ‘Get-AzStorageFileContent’
    • ‘Set-AzStorageFileContent’
    • ‘Start-AzStorageFileCopy’
  • 出力の種類を CloudFileDirectory から AzureStorageFileDirectory に変更。元の出力は新しい出力のサブの子プロパティとなる
    • ‘New-AzStorageDirectory’
    • ‘Remove-AzStorageDirectory’
  • 出力の種類を CloudFileShare から AzureStorageFileShare に変更。元の出力は新しい出力のサブの子プロパティとなる
    • ‘Get-AzStorageShare’
    • ‘New-AzStorageShare’
    • ‘Remove-AzStorageShare’
  • 出力の種類を FileShareProperties から AzureStorageFileShare に変更。元の出力は新しい出力のサブの子プロパティとなる
    • ‘Set-AzStorageShareQuota’

Az.TrafficManager

  • ‘DisableAzureTrafficManagerEndpoint’ の詳細な出力での不正なプロファイル名を修正

Az.Websites

  • ‘Update-AzWebAppAccessRestrictionConfig’ のヘルプの誤字を修正

参考 URL

Azure PowerShell Microsoft Azure
タイトルとURLをコピーしました