Configuration Manager Technical Preview version 2005 が公開されました

2020/05/29 (現地時間) に Configuration Manager Technical Preview version 2005 が公開された旨のアナウンスがありました。

Configuration Manager Technical Preview version 2005 の機能については、以下の Microsoft Docs サイトに記載 (英語) されています。

Configuration Manager Technical Preview version 2005 を利用するには、Configuration Manager Technical Preview コンソールから利用可能となっています。新規インストールの場合、TechNet Evaluation Center で入手可能な 2002 ベースライン版の Configuration Manager Technical Preview Branch を使用してください。Technical Preview Branch リリースでは、テスト環境上で Configuration Manager の新機能について検証することが可能です。

最新の Technical Preview に関する意見について、コンソールから直接フィードバックを送信することができます。また、製品の問題については 直接コンソールから、新機能については UserVoice ページにアクセスしてください。

version 2005 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

Update 2005 for the Technical Preview Branch of Microsoft Endpoint Configuration Manager がリリースされました。このリリースでは、Configuration Manager のリアルタイム管理機能を Microsoft Endpoint Manager 管理センターに持ってきます。

Microsoft Endpoint Management 管理センターから、テナント接続デバイスのアプリケーション インストールをリアルタイムで開始することが可能です。ヘルプデスクユーザーは、リアルタイム クエリを開始し、個々の Configuration Manager 管理対象デバイスに対してクラウドから PowerShell スクリプトを実行、結果を管理センターに返すことが可能です。さらに、各デバイスの問題のトラブルシューティングに役立つ、デバイスでの過去のアクティビティを示すイベントのタイムラインを表示できるようになりました。

CMPivot クエリを用いて、モバイルデバイスを含めた、どこからでもテナントに接続されたデバイスのリアルタイム情報を取得するデモをご覧ください。

詳細について、Tenant Attach: Configuration Manager real-time management from admin center を参照してください。

このプレビューには、次の新機能が含まれます :

  • VPN 境界の種類 :リモート クライアントの管理を簡略化するために、VPN の新しい境界の種類を作成できるようになりました。IP アドレス、もしくはサブネットに基づいて VPN クライアントの境界を作成する必要がありました。これで、クライアントがロケーション要求を送信すると、ネットワーク構成に関する追加情報が含まれます。この情報に基づき、サーバーはクライアントが VPN 上にあるかどうかを判断します。 VPN を介して接続するすべてのクライアントは、この新しい境界の種類に関連付けられた境界グループに自動的に所属します。
  • Software Center の Azure AD 認証 :このリリースでは、Software Center と Azure Active Directory (Azure AD) 認証の問題が修正されています。Software Center は Windows 認証を用いて、クラウド管理ゲートウェイ (CMG) 経由でユーザーが利用できるアプリ一覧を取得しますが、失敗します。 Azure AD に参加しているデバイスに Azure Active Directory (Azure AD) ID を使用するようになりました。これらのデバイスは、クラウド結合またはハイブリッド結合することが可能です。
  • 従量制課金接続でのクライアントのインストールとアップグレード :このリリースから、クライアントのインストールとアップグレードの両方でクライアント設定の従量制課金 (インターネット) 接続でのクライアント通信を許可に設定すると機能します。
  • クラウドベース コンテンツのタスク シーケンス メディア サポート :最近、より多くのリモート デバイスを管理する必要がありますが、タスク シーケンス メディアを使用してデバイスを回復するビジネス プロセスがある場合もあります。例として、リモート ユーザーに USB キーを送信し、デバイス イメージを再作成します。もしくは、ローカル PXE サーバーがあり、デバイスは主にインターネット経由でメイン ネットワークに接続するリモート オフィスです。VPN にさらに負担をかけて大きな OS 導入コンテンツをダウンロードする代わりに、起動メディアと PXE 導入でクラウドベースのソースからコンテンツを取得できるようになりました。
  • クラウド管理ゲートウェイ コマンドレットの改善 :リモート デバイスを管理するお客様が増えていることから、このリリースには、クラウド管理ゲートウェイ (CMG) 向けのいくつかの新しく改善された Windows PowerShell コマンドレットが含まれています。これらのコマンドレットを用いて、CMG サービスと Azure Active Directory (Azure AD) 要件の作成、構成、管理の自動化が可能です。
  • コミュニティ ハブと GitHub :IT 管​​理者コミュニティは、長年にわたって豊富な知識を発展させてきました。スクリプトやレポートなどのアイテムをいちから作り直すのではなく、IT 管理者が互いに共有できる Configuration Manager コミュニティ ハブを構築しました。他人の作業を活用することで、作業時間を節約できます。コミュニティ ハブは、他の人の仕事に基づいて構築し、他の人に自分の人に基づいて構築することにより、創造性を促進します。 GitHub には、共有するために構築された業界全体のプロセスとツールが既にあります。現在、コミュニティ ハブは、これらのツールを Configuration Manager コンソールで直接活用して、この新しいコミュニティを推進するための基盤となるものです。
  • エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリ :Office 365 ProPlus は、2020 年 4 月 21 日にエンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名称が変更になりました。この Technical Preview から、次の変更をおこなっています :
    • Configuration Manager コンソールは、新しい名前を使用するように更新されました。
      • この変更には、Microsoft 365 アプリの更新チャネル名も含まれます。
    • コンソールにバナー通知が追加され、1 つ以上の自動展開ルールが Microsoft 365 アプリの更新タイトル基準にある古いチャネル名を参照している場合に通知するようになりました。
  • Microsoft へのセットアップとアップグレードの失敗レポート :セットアップ、もしくはアップデート プロセスが正常に完了しなかった場合、Microsoft に直接エラーを報告することが可能です。障害が発生した場合、[Report update error to Microsoft] ボタンが有効になります。このボタンを使用すると、インタラクティブなウィザードが開き、詳細情報を提供することが可能です。
  • Azure AD アプリ シークレット キー有効期限の通知 :UserVoice フィードバック, に基づき、サイトにクラウド接続するように Azure サービスを構成する場合、Configuration Manager コンソールに次の状況の通知が表示されるようになりました :
    • One or more Azure AD app secret keys will expire soon
      (1 つ以上の Azure AD アプリのシークレット キーがまもなく有効期限切れになります)
    • One or more Azure AD app secret keys have expired
      (1 つ以上の Azure AD アプリのシークレット キーの有効期限が切れています)
  • コンテンツ ライブラリ クリーンアップ ツールの改善 :サイト システムがオフラインのときに配布ポイントからコンテンツを削除すると、孤立したレコードが WMI に存在する可能性があります。時間の経過とともに、この動作は最終的に配布ポイントの警告ステータスにつながる可能性があります。削除モードのコンテンツ ライブラリ クリーンアップ ツールは、孤立したファイルをコンテンツ ライブラリから削除する可能性があります。また、配布ポイントの WMI プロバイダーから孤立したコンテンツレコードを削除することも可能です。
  • Windows 10 インプレース アップグレード中のコマンド プロンプト削除 :デバイスを Windows 10 にアップグレードするタス クシーケンス中に、Windows の最終構成フェーズの 1 つで、コマンド プロンプト ウィンドウが開きます。ウィンドウは Windows Out-of-Box Experience (OOBE) 上にあり、ユーザーはそれを操作してアップグレード プロセスを中断できます。このリリース以降、Configuration Manager の SetupCompleteTemplate.cmd および SetupRollbackTemplate.cmd スクリプトには、コマンド プロンプト ウィンドウを非表示にする変更が追加されました。

参考 (外部サイト)

Configuration Manager

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
kogesaka (Yu Kogasaka) をフォローする
焦げlog
タイトルとURLをコピーしました