Configuration Manager Technical Preview version 2007 が公開されました

2020/07/14 (現地時間) に Configuration Manager Technical Preview version 2007 が公開された旨のアナウンスがありました。

Configuration Manager Technical Preview version 2007 の機能については、以下の Microsoft Docs サイトに記載 (英語) されています。

Configuration Manager Technical Preview version 2007 を利用するには、Configuration Manager Technical Preview コンソールから利用可能となっています。新規インストールの場合、TechNet Evaluation Center で入手可能な 2007 ベースライン版の Configuration Manager Technical Preview Branch を使用してください。Technical Preview Branch リリースでは、テスト環境上で Configuration Manager の新機能について検証することが可能です。

最新の Technical Preview に関する意見について、コンソールから直接フィードバックを送信することができます。また、製品の問題については 直接コンソールから、新機能については UserVoice ページにアクセスしてください。

スポンサーリンク

version 2007 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

Update 2007 for the Technical Preview Branch of Microsoft Endpoint Configuration Manager がリリースされました。管理センターで、テナントに接続された Configuration Manager デバイスのハードウェア インベントリを表示できるようになりました。

詳細について、Tenant attach: View hardware inventory in Microsoft Endpoint Manager admin center を参照してください。

このプレビューには、次の新機能が含まれます :

  • クライアント データ ソース ダッシュボードの改善 :クライアント データソース ダッシュボードには、クライアントがコンテンツを取得する場所に関する情報を表示するためのフィルターの幅広い選択肢が用意されています。これらには、次の新しいフィルターが含まれます :
    • 単一の境界グループ
    • すべての境界グループ
    • インターネット クライアント
    • 境界グループに所属していないクライアント
  • 一部のコンソール領域で固定幅フォントを使用 :UserVoice フィードバックに基づき、一部の Configuration Manager コンソール領域で、固定幅フォントの Consolas が使用されるようになりました。このフォントは一定の間隔を提供し、読みやすくします。このリリースでは、次の場所に Consolas フォントが表示されます :
    • アプリケーション スクリプト
    • 構成アイテム スクリプト
    • WMI- ベースのコレクション メンバーシップ クエリ
    • CMPivot クエリ
    • スクリプト
  • タスク シーケンス ポリシー サイズの管理 :Configuration Manager technical preview version 2004 には、新しい OS 展開のマネジメント インサイト規則が含まれていました。これらのインサイトは、タスク シーケンスのポリシー サイズの管理に役立ちます。大きなタスク シーケンスは、クライアントの処理で問題を引き起こします。タスク シーケンスのサイズをさらに管理しやすくするために、このリリースから、Configuration Manager は、サイズが 2 MB を超えるタスク シーケンスに対して以下のアクションを制限します :
    • タスク シーケンス エディターで変更を保存
    • PowerShell コマンドレットで変更を保存
    • 新しいタスク シーケンスをインポート
    • サポートされている SDK メソッドを用いたその他の変更

参考 (外部サイト)

Configuration Manager
タイトルとURLをコピーしました