Microsoft Azure Storage Explorer v1.15.0 がリリースされました

2020/08/27 (現地時間) に Azure Storage Explorer の最新版 である v1.15.0 がリリースされました。

Azure Storage Explorer v1.15.0 について (意訳)

スポンサーリンク

August 2020 (Version 1.15.0, build 20200827.3)

Storage Explorer version 1.15.0 へようこそ。このバージョンの Storage Explorer は、Blob の一度にアクセス層の更新、編集可能なアドレス バー、キュー メッセージの移動など、多くの長い間要求されていた機能を追加しました。すべての新機能と不具合修正の詳細については、以下の内容をご確認ください。

新機能

Blobs
  • Storage Explorer で Blob バージョンの管理がサポートされるようになりました。 Blob バージョンの管理は現在プレビュー段階にあり、使用する前に機能を有効にする必要があります。Blob バージョンの管理とは何か、およびそれを有効にする方法について、こちらをご確認ください。 Blob バージョンの管理サポートにより、次のことが利用可能です :
    • Blob バージョンの表示
    • Blob バージョンのダウンロード
    • Blob バージョンの削除
    • Undelete Blob バージョンの復元
    • Blob バージョンのアクセス層の変更
    • Blob バージョンをカレント バージョンに昇格
    • “delete version” 権限を持つ共有アクセス署名 (SAS) を生成
  • 複数 Blob のアクセス層を一度に更新できるようになりました。#591
  • ADLS Gen2 Blob コンテナー内でのファイルとフォルダーの移動のサポートが追加されました。#2103
  • Azure AD の資格情報しかない場合、ADLS 以外の Gen2 Blob をコピーできるようになりました。#1875
  • ADLS 以外の Gen2 Blob コンテナーのメタ データを表示、および更新できるようになりました。#756
  • パブリック Blob コンテナーをアタッチが可能です。#603
  • Blob をアップロードする際、Blob をアップロードするアクセス層を Hot、もしくは Cool のどちらかを指定できるようになりました。#2826
  • Blob コンテナーの作成と削除の確認が Activity Log に追加されました。#2529
  • Blobの再ハイドレートの状態がプロパティ ダイアログに含まれるようになりました。#176
Queues
  • ストレージ アカウントのキュー間でメッセージ移動が可能です。 #1064
その他
  • BLOB と Files Share の両方でアドレス バーを手動で編集、ナビゲーションを高速化できるようになりました。#45
  • 新しいアップデートの自動ダウンロードを無効にする設定が追加されました。 Linux のSnap Store から Storage Explore rをダウンロードした場合、この設定は効果がありません。この設定は、[設定] → [アプリケーション] → [更新プログラム] → [更新プログラムの自動ダウンロード] にあります。#2632
  • エミュレーターに接続するときに HTTPS を使用できるようになりました。 Azurite およびStorage Explorer の構成については、このブログ投稿を参照してください。#2598
  • Storage Explorer を使用する際のセキュリティのベスト プラクティスを説明するドキュメントを追加しました。そのドキュメントはここから確認することが可能です。#3304

修正した問題

  • キュー メッセージの既定のソート順は ID 順でしたが、既定のソート順は挿入時間順となりました。#2990
  • 多くのタブを連続して開くと、各タブの UI が完全に読み込まれないケースがありましたが、この問題は修正されました。#2398
  • ADLS Gen2 Blob コンテナーのリース状態で並べ替えると、読み込みが無限になりましたが、この問題は修正されました。 #3194
  • v1.14 では、キュー メッセージを表示するときに、Storage Explorer が常にメッセージが Base64 エンコードされていると想定するよう、動作が変更されました。メッセージが UTF-8 か Base64 かを自動検出しようとした以前のロジックが復元されました。#3271
  • Blob の名前が空白で始まっている場合、Storage Explorer は Blob スナップショットをダウンロードできませんでしたが、この問題は修正されました。#2844
  • ADLS Gen2 Blob コンテナーのプロパティ グリッドにリース ステータスがありませんでしたが、現在は存在します。#3107
  • v1.14 では、一部のユーザーがモジュールの不足エラーを確認していましたが、この問題は修正されました。#3326
  • v1.14 では、Windows のシンボリック リンクから開いた場合、Storage Explorer は起動しませんでしたが、この問題は修正されました。#3353

既知の問題

  • パブリック Blob コンテナー内のフォルダーのダウンロード/コピーができません。#3394 AzCopy #971
  • “Archive” 層から Blob バージョンを再ハイドレートすることができません。#3439
  • リリース時点では、Azurite も .NET Emulator も Blob バージョンをサポートしていません。#3473

現在未解決の問題の一覧は、このリンク先をご確認ください。

非推奨項目

  • Azure Cosmos DB と Storage Explorer との統合は非推奨になりました。このリリースから最低 1 年間は、既存の機能は削除されません。ユーザーは代わりに、Azure PortalAzure Portal デスクトップ アプリ、もしくはスタンドアロン Cosmos Explorer を使用する必要があります。これらすべてに、現在 Storage Explorer でサポートされていない多くの新機能が含まれています。さらに、Azure Cosmos DB チームもデータ エクスプローラー プロジェクトをオープン ソースにしており、後日、独自のデスクトップ ツールに投資する予定です。詳細については、リポジトリを監視してください。

参考

Azure Storage Microsoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました