MCP「PL-200 : Microsoft Power Platform Functional Consultant (beta)」が受験可能になりました

昨日に引き続き、 Microsoft Inspire 2020 で追加された Power Platform 認定資格「Microsoft Certified : Power Platform Functional Consultant Associate」の対象試験「PL-200 : Microsoft Power Platform Functional Consultant (beta)」が受験可能となった旨のアナウンスがありました。

PL-200 はベータ版での提供のため、英語のみとなりますが 2020/09/25 (現地時間) から提供開始となっており、これからすぐに受験することも可能です。

なお、上記の対応試験 PL-200 のサイトには、300 名 (先着) 限定で試験料が 80 % オフ (4,643 円) となるクーポン番号 (2020/10/23 まで利用可能) が記載されています。

スポンサーリンク

試験 PL-200 : Microsoft Power Platform Functional Consultant – 評価されるスキルについて (意訳)

試験の対象者

この試験の受験者は、Discovery を実行し、要件を把握し、対象分野の専門家や利害関係者を関与させ、要件を翻訳、Power Platform ソリューションとアプリを構成します。 これらは、アプリケーションの機能強化、カスタム ユーザー エクスペリエンス、システム統合、データ変換、カスタムプロセスの自動化、およびカスタムの視覚化を作成します。

受験者は、ソリューション アーキテクトによって提供され、それらと協力して設計を実装し、ユーザー エクスペリエンス デザイナーによって確立された標準、ブランディング、アーティファクトを実装します。 サードパーティのアプリケーションやサービスとのシームレスな統合を提供する統合を設計します。

受験者は、品質保証チームのメンバーと積極的に協力して、ソリューションが機能要件と非機能要件を満たしていることを確認します。 パッケージ化と展開のためのアーティファクトを特定して生成し、DevOps エンジニアに提供し、Power Platform 管理者に運用と保守のトレーニングを提供します。

評価されるスキル

注:評価される各スキルの下に記載しているリストは、スキルの評価項目です。このリストは、決定的でも網羅的でもありません。

注:試験内容について、ほとんどの場合、プレビュー機能はカバーされず、一部の機能は GA (General Availability) となった際に試験に追加されます。

スキルの評価

Common Data Service の構成 (25-30%)

  • 既存のデータ モデルを管理する
    • 標準、アクティビティ、または仮想をを含むエンティティ タイプを割り当てる
    • エンティティ オーナーシップを構成する
    • 新しいエンティティを作成する、もしくは既存のエンティティを変更する
    • 1:N と N:N を含む実装するリレーションシップのタイプを決定する
    • カスケード ルールを含むエンティティ リレーションシップの動作を構成する
    • 新しいリレーションシップを作成する、もしくは既存のリレーションシップを修正する
    • 新しいフィールドを作成する、もしくは既存のフィールドを修正する
    • エンティティの代替キーを作成する
    • エンティティ プロパティを構成する
  • プロセスを作成、管理する
    • ビジネス ルールの要件を定義する
    • ビジネス ルール ロジックを定義、実装する
    • ビジネス ルールのスコープを定義する
    • ビジネス ルールを構成、テストする
    • 同期クラシック ワークフローを構成する
  • Common Data Service 設定を構成する
    • Relevance Search を構成する
    • 監査を構成する
    • データ管理タスクを実行する
    • 重複検出設定を構成する
  • セキュリティ設定を構成する
    • ビジネスユニットを作成、管理する
    • セキュリティ ロールを作成、管理する
    • ユーザーとチームを作成、管理する
    • フィールド セキュリティ プロファイルを作成、管理する
    • 階層セキュリティを構成する

Power Apps を用いた アプリの作成 (20-25%)

  • モデル駆動アプリを作成する
    • フォームを作成、構成する
    • ビューを作成、構成する
    • チャートを作成、構成する
    • ダッシュボードを作成、構成する
    • サイト マップを構成する
    • エンティティ、フォーム、ビュー、ビジネス プロセス フロー、ダッシュボード、グラフを含む、アプリに適用可能なアセットを選択する
    • モデル駆動アプリを共有する
  • キャンバス アプリを作成する
    • キャンバス アプリを作成する
    • アプリのデータソースとして Common Data Service を構成する
    • キャンバス アプリ スクリーンを作成する
    • フォーム ナビゲーション、数式、変数とコレクション、およびエラー ハンドリングを実装する
    • 再利用可能なコンポーネントとコンポーネントライブラリを構築する
    • アプリのオフライン機能を構成する
    • キャンバス アプリで発生するアクションに基づいて Power Automate フローを実行する
    • App Checker の結果を解釈し、特定された問題を解決する
    • アプリをテスト、監視、共有する
  • ポータル アプリを作成する
    • ポータル アプリを作成する
    • Common Data Service データを公開する
    • ポータルの web ページ、フォーム、ナビゲーションを構成する
    • web ロールやページ アクセスを含む ポータル セキュリティを構成する

Power Automate の作成と管理 (15-20%)

  • フローを作成する
    • フローのタイプとフロー コンポーネントを説明する
    • Common Data Service コネクターを用いてフローをトリガーする
    • Common Data Service コネクターを用いてアクションを実行する
    • ロジック制御を実装する
    • 動的コンテンツと式を実装する
    • Flow Checker の結果を解釈し、処理する
    • フローをアクティブ化、非アクティブ化する
    • フロー分析データを解釈する
  • ビジネス プロセス フローを作成、管理する
    • ビジネス プロセス フローを構成する
    • ビジネス プロセス フローにビジネス ルール、ワークフロー、アクション ステップを追加する
    • ステージとステップを定義する
    • 並列ブランチを構成する
    • ビジネス プロセス フローのビジネス プロセス フロー エンティティを管理する
  • UI フローをビルドする
    • UI フローのタイプを説明する
    • UI フローのユース ケースを識別する
    • 有人と無人 UI フローを区別する
    • ビジネス プロセス タスクを記録する

Power Virtual Agent チャットボットの実装 (10-15%)

  • チャットボットを作成する
    • 環境にチャットボットを割り当てる
    • チャットボットを公開する
    • チャットボットを共有する
    • Teams や他のチャンネルにチャットボットを追加する
    • ボットのパフォーマンス、使用状況、トピックの使用状況を監視、診断する
  • トピックを構成する
    • トピック会話トリガーを定義する
    • 質問、メッセージ、条件を作成する
    • web ページからトピックを抽出する
    • 挨拶、エスカレーション、エラー メッセージ、およびステータスを実装する
    • アクションを実行するために Power Automate フローを呼び出す
  • エンティティを構成する
    • カスタム エンティティを作成する
    • 会話にエンティティを実装する
    • データを格納する変数を実装する

Power Apps と他のアプリやサービスとの統合 (15-20%)

  • Power BI と Power Apps を統合する
    • Power BI の視覚化を作成する
    • データフローを作成し、データフローの実行をスケジュールする
    • データをフィルターする
    • レポートとダッシュボードをビルドする
    • レポートとダッシュボードを公開、共有する
    • モデル駆動型アプリとキャンバス アプリに PowerBI タイルを追加する
    • Power BI ダッシュボードにキャンバス アプリを追加する
    • Power BI アラートから Power Automate フローをトリガーする
  • AI Builder を実装する
    • 使用する AI Builder モデル タイプを決定する
    • AI Builder モデルを作成する
    • モデルで使用するためのソース データを準備する
    • モデルのトレーニング、テスト、公開する
    • Power Apps を用いてモデルを使用する
    • Power Automate を用いてモデルを使用する
  • Power Apps と Microsoft 365 を統合する
    • Microsoft Teams にアプリを追加する
    • Power Apps アプリから Teams アプリを作成する
    • アプリのポリシーを構成する
    • Power Automate を用いて Teams チャンネルを作成する
    • Microsoft Word や Microsoft Excel テンプレートを構成、使用する
スポンサーリンク

関連するラーニング パス

スポンサーリンク

参考

Microsoft 認定資格

コメント

タイトルとURLをコピーしました