Azure PowerShell – Az モジュール v5.0.0 がリリースされました

2020/10/27 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v5.0.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v5.0.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v5.0.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v5.0.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v5.0.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v5.0.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v5.0.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.0.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.0.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.0.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.0.0-alpine-3.10
スポンサーリンク

リリース ノート (5.0.0 – October 2020)

Az.Accounts

  • [重大な変更] ‘Get-AzProfile’ と ‘Select-AzProfile’ を削除
  • Azure Directory Authentication Library with Microsoft Authentication Library (MSAL) にリプレース

Az.Aks

  • [重大な変更] ‘New-AzAksCluster’ と ‘Set-AzAksCluster’ のパラメーター エイリアス ‘ClientIdAndSecret’ を削除
  • ‘New-AzAksCluster’ の ‘NodeVmSetType’ のデフォルト値を ‘AvailabilitySet’ から ‘VirtualMachineScaleSets’ に変更
  • [重大な変更] ‘New-AzAksCluster’ の ‘NetworkPlugin’ のデフォルト値を ‘None’ から ‘azure’ に変更
  • [重大な変更] Linux の値を 1 つしかサポートしないため、’New-AzAksCluster’ のパラメーター ‘NodeOsType’ を削除

Az.Billing

  • ‘Get-AzBillingAccount’ コマンドレットを追加
  • ‘Get-AzBillingProfile’ コマンドレットを追加
  • ‘Get-AzInvoiceSection’ コマンドレットを追加
  • ‘Get-AzBillingInvoice’ コマンドレットに新しいパラメーターを追加
  • Get-AzBillingInvoice コマンドレットの応答からプロパティ DownloadUrlExpiry、Type、BillingPeriodNames を追加

Az.Cdn

  • マルチ オリジンおよびプライベート リンク機能をサポートするコマンドレットを追加

Az.CognitiveServices

  • SDK 7.4.0-preview にアップデート

Az.Compute

  • ‘New-AzVm’ に ‘-VmssId’ パラメーターを追加
  • ‘New-AzVmss’ コマンドレットに ‘PlatformFaultDomainCount’ パラメーターを追加
  • 新しいコマンドレット Get-AzDiskEncryptionSetAssociatedResource’ を追加
  • New-AzDiskConfig  コマンドレットに ‘Tier’ と ‘LogicalSectorSize’ オプション パラメーターを追加
  • ‘New-AzDiskUpdateConfig’ コマンドレットに ‘Tier’、’MaxSharesCount’、’DiskIOPSReadOnly’、および ‘DiskMBpsReadOnly’ オプション パラメーターを追加

Az.ContainerRegistry

  • [重大な変更] API version 2020-05-01 にアップデート
  • [重大な変更] ‘New-AzContainerRegistry’ から SKU ‘Classic’ とパラメーター ‘StorageAccountName’ を削除
  • Added New cmdlets :
    • ‘Connect-AzContainerRegistry’
    • ‘Import-AzContainerRegistry’
    • ‘Get-AzContainerRegistryUsage’
    • ‘New-AzContainerRegistryNetworkRule’
    • ‘Set-AzContainerRegistryNetworkRule’
  • ‘Update-AzContainerRegistry’ に新しいパラメーター ‘NetworkRuleSet’ を追加

Az.Databricks

  • -EncryptionKeyVersion なしで databricks ワークスペースの更新が失敗する可能性がある不具合を修正

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK version 4.12.0 にアップデート
  • ADF encryption client SDK version 4.14.7587.7 にアップデート
  • ‘Stop-AzDataFactoryV2TriggerRun’ と ‘Invoke-AzDataFactoryV2TriggerRun’ コマンドを追加

Az.DesktopVirtualization

  • トップレベルの ARM オブジェクトを作成するには、Location プロパティが必要
    • New-AzWvdApplicationGroup には、ApplicationGroupType が必要
    • New-AzWvdApplicationGroup には、HostPoolArmPath が必要
    • New-AzWvdHostPoolPreferredAppGroupType を追加

Az.Functions

  • [重大な変更] ‘Get-AzFunctionApp’ の 1 つを除くすべてのパラメーター セットから ‘IncludeSlot’ スイッチ パラメーターを削除。また、’-IncludeSlot’ が指定されている場合、コマンドレットは結果のデプロイメント スロットの取得をサポート。
  • ‘New-AzFunctionApp’ のアップデート:
    • -DisableApplicationInsights オプションが指定された際、Application Insights プロジェクトが作成されないように修正 [#12728]
    • [重大な変更] PowerShell 6.2 関数アプリを作成するためのサポートを削除
    • [重大な変更] RuntimeVersion パラメーターが指定されていない場合、Windows for PowerShell 関数アプリの Functions version 3 の既定のランタイム バージョンを 6.2 から 7.0 に変更
    • [重大な変更] RuntimeVersion パラメーターが指定されていない場合、Windows および Linux for Node 関数アプリの Functions version 3 の既定のランタイム バージョンを 10 から 12 に変更
    • [重大な変更] RuntimeVersion パラメーターが指定されていない場合、Linux for Python 関数アプリの Functions version 3 の既定のランタイム バージョンを 3.7 から 3.8 に変更

Az.HDInsight

  • New-AzHDInsightCluster コマンドレット用 :
    • パラメーター ‘DefaultStorageAccountName’ を ‘StorageAccountResourceId’ に置き換え
    • パラメーター ‘DefaultStorageAccountKey’ を ‘StorageAccountKey’ に置き換え
    • パラメーター ‘DefaultStorageAccountType’ を ‘StorageAccountType’ に置き換え
    • パラメーター ‘PublicNetworkAccessType’ を削除
    • パラメーター ‘OutboundPublicNetworkAccessType’ を削除
    • 新しいパラメーターを追加 :
      • ADLSGen2 をサポートする ‘StorageFileSystem’ と’StorageAccountManagedIdentity’
    • HDInsight ID Broker をサポートする新しいパラメーター ‘EnableIDBroker’ を追加
    • 新しいパラメーターを追加 :
      • Kafka Rest Proxy をサポートする ‘KafkaClientGroupId’、’KafkaClientGroupName’、および ‘KafkaManagementNodeSize’
  • New-AzHDInsightClusterConfig コマンドレット用 :
    • パラメーター ‘DefaultStorageAccountName’ を ‘StorageAccountResourceId’ に置き換え
    • パラメーター ‘DefaultStorageAccountKey’ を ‘StorageAccountKey’ に置き換え
    • パラメーター ‘DefaultStorageAccountType’ を ‘StorageAccountType’ に置き換え
    • パラメーター ‘PublicNetworkAccessType’ を削除
    • パラメーター ‘OutboundPublicNetworkAccessType’ を削除
  • Set-AzHDInsightDefaultStorage コマンドレット用 :
    • パラメーター ‘StorageAccountName’ を ‘StorageAccountResourceId’ に置き換え
  • Add-AzHDInsightSecurityProfile コマンドレット用 :
    • パラメーター ‘Domain’ を ‘DomainResourceId’ に置き換え
    • パラメーター ‘OrganizationalUnitDN’ の必須要件を削除

Az.KeyVault

  • [重大な変更] ‘New-AzKeyVault’ の パラメーター DisableSoftDelete と ‘Update-AzKeyVault’ のパラメーター EnableSoftDelete を非推奨
  • [重大な変更] SecretValue が直接表示されないよう、属性 SecretValueText を削除 [#12266]
  • 新しいリソース タイプ : Managed HSM をサポート
    • Managed HSM の CRUD と Managed HSMで キーを操作するためのコマンドレット
    • フル HSM バックアップ/リストア、AES キーの作成、セキュリティ ドメイン バックアップ/リストア、RBAC

Az.ManagedServices

  • [重大な変更] パラメーターの命名規則と関連する例のアップデート

Az.Network

  • [重大な変更] パラメーター ‘HostedSubnet’ を削除、代わりに ‘Subnet’ を追加
  • Virtual Router Peer Routes 用の新しいコマンドレットを追加
    • ‘Get-AzVirtualRouterPeerLearnedRoute’
    • ‘Get-AzVirtualRouterPeerAdvertisedRoute’
  • New-AzFirewall コマンドレットをアップデート :
    • パラメーター ‘-SkuTier’ を追加
    • パラメーター ‘-SkuName’ を追加し、エイリアスとして Sku を作成
    • パラメーター ‘-Sku’ を削除
  • [重大な変更] ‘Start-AzVpnConnectionPacketCapture’ と ‘Stop-AzVpnConnectionPacketCapture’ で ‘Connectionlink’ 引数が必須
  • [重大な変更] パラメーター ‘-Filter’を削除するため、’New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorEndPointObject’ をアップデート
  • [重大な変更] ‘New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorEndpointFilterItemObject’ コマンドレットを ‘New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorEndpointScopeItemObject’ に置き換え
  • ‘New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorEndPointObject’ コマンドレットをアップデート :
    • パラメーター ‘-Type’ を追加
    • パラメーター ‘-CoverageLevel’ を追加
    • パラメーター ‘-Scope’ を追加
  • ‘New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorProtocolConfigurationObject’ に新しいパラメーター ‘-DestinationPortBehavior’ をアップデート

Az.RecoveryServices

  • 共同作成者権限の Workload Restore を修正
  • Restore-AzRecoveryServicesBackupItem コマンドレットの新しいパラメーター セットと検証を追加

Az.Resources

  • 解析の不具合を修正
  • 結果からプレビュー メッセージを削除するよう、ARM テンプレートの What-If コマンドレットをアップデート
  • ‘-WhatIf’ がより高いスコープに設定されている場合、テンプレート展開コマンドレットがクラッシュする問題を修正 [#13038]
  • テンプレート展開コマンドレットがテンプレート パラメーターの大文字と小文字を保持しない問題を修正
  • ‘Export-AzResourceGroup’ コマンドレットで使用される既定の API バージョンを追加
  • Template Specs のコマンドレット (‘Get-AzTemplateSpec’、’Set-AzTemplateSpec’、’New-AzTemplateSpec’、’Remove-AzTemplateSpec’、’Export-AzTemplateSpec’) を追加
  • (新しい -TemplateSpecId パラメーターを用いて) 既存の展開コマンドレットを使用したテンプレート仕様を展開するためのサポートを追加
  • SDK を用いるために ‘Get-AzResourceGroupDeploymentOperation’ をアップデート
  • ‘*-AzDeployment’ コマンドレットから ‘-ApiVersion’ パラメーターを削除

Az.Sql

  • ‘Set-AzSqlDatabaseBackupShortTermRetentionPolicy’ に DiffBackupIntervalInHours を追加
  • networkIsolation が指定されていない場合、New-AzSqlDatabaseExport が失敗する問題を修正 [#13097]
  • New-AzSqlDatabaseExport と New-AzSqlDatabaseImport が、結果オブジェクトで OperationStatusLink を返さなかった問題を修正 [#13097]
  • Backup Storage Redundancy Warnings の Azure Paired Regions URL をアップデート

Az.Storage

  • 廃止されたプロパティ RestorePolicy.LastEnabledTime を削除
    • ‘Enable-AzStorageBlobRestorePolicy’
    • ‘Disable-AzStorageBlobRestorePolicy’
    • ‘Get-AzStorageBlobServiceProperty’
    • ‘Update-AzStorageBlobServiceProperty’
  • DaysAfterModificationGreaterThan のタイプを int から int に変更しますか?
    • ‘Set-AzStorageAccountManagementPolicy’
    • ‘Get-AzStorageAccountManagementPolicy’
    • ‘Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction’
    • ‘New-AzStorageAccountManagementPolicyRule’
  • アクセス層でファイル共有の Create/Update をサポート
    • ‘New-AzRmStorageShare’
    • ‘Update-AzRmStorageShare’
  • DatalakeGen2 アイテムで Acl の再帰的な Set/Update/Remove をサポート
    • ‘Set-AzDataLakeGen2AclRecursive’
    • ‘Update-AzDataLakeGen2AclRecursive’
    • ‘Remove-AzDataLakeGen2AclRecursive’
  • 新しい権限 x,t でサポートされるコンテナー アクセスポリシー
    • ‘New-AzStorageContainerStoredAccessPolicy’
    • ‘Set-AzStorageContainerStoredAccessPolicy’
  • 子プロパティのアクセス許可タイプを列挙型から文字列に変更することにより、Get/Set コンテナーアクセスポリシー コマンドレットの出力内容を変更
    • ‘Get-AzStorageContainerStoredAccessPolicy’
    • ‘Set-AzStorageContainerStoredAccessPolicy’
  • json を用いたしたセット管理ポリシーのサンプル スクリプトの問題を修正
    • ‘Set-AzStorageAccountManagementPolicy’

Az.Websites

  • Premium V3 価格レベルのサポートを追加
  • WebSites SDK 3.1.0 にアップデート
スポンサーリンク

コミュニティの貢献者に感謝

  • @atul-ram
    • Get-AzDelegation.md をアップデート (#13176)
  • @dineshreddy007
    • WAC トークンを使用した Stack HCI 登録の場合、正しく割り当てられた App ロールを取得 (#13249)
  • @kongou-ae
    • New-AzOffice365PolicyProperty.md のアップデート (#13217)
  • Lohith Chowdary Chilukuri (@Lochiluk)
    • Set-AzApplicationGateway.md のアップデート (#13150)
  • Matthew Burleigh (@mburleigh)
    • ドキュメントで参照されている PowerShell コマンドレットへのリンクを追加 (#13203)
    • ドキュメントで参照されている PowerShell コマンドレットへのリンクを追加 (#13190)
    • ドキュメントで参照されている PowerShell コマンドレットへのリンクを追加 (#13189)
    • 参照されるコマンドレットへのリンクを追加 (#13137)
    • ドキュメントで参照されている PowerShell コマンドレットへのリンクを追加 (#13204)
    • ドキュメントで参照されている PowerShell コマンドレットへのリンクを追加 (#13205)

参考 URL

Azure PowerShell Microsoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました