Configuration Manager Technical Preview version 2012 が公開されました

スポンサーリンク

2020/12/15 (現地時間) に Configuration Manager Technical Preview version 2012 が公開された旨のアナウンスがありました。

Configuration Manager Technical Preview version 2012 の機能については、以下の Microsoft Docs サイトに記載 (英語) されています。

Configuration Manager Technical Preview version 2012 を利用するには、Configuration Manager Technical Preview コンソールから利用可能となっています。新規インストールの場合、TechNet Evaluation Center で入手可能な 2010 ベースライン版の Configuration Manager Technical Preview Branch を使用してください。Technical Preview Branch リリースでは、テスト環境上で Configuration Manager の新機能について検証することが可能です。

最新の Technical Preview に関する意見について、コンソールから直接フィードバックを送信することができます。また、製品の問題については 直接コンソールから、新機能については UserVoice ページにアクセスしてください。

スポンサーリンク

version 2012 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

Update 2012 for the Technical Preview Branch of Microsoft Endpoint Configuration Manager がリリースされました。Windows 10 サービス ダッシュボードを簡素化して、関連性を高めました。新しい品質アップデート バージョンのグラフには、デバイス全体で Windows 10 の上位5つのリビジョンが表示されます。最新の機能アップデートのグラフには、最新の機能アップデートをインストールしたデバイスの数が表示されます。 Windows 10 メジャー リリースの配布を示す Windows 10 の使用状況チャートは、機能アップデート バージョンに名前が変更されました。サービス プランと Windows 10 のリング情報がダッシュボードから削除されました。

詳細は、Windows 10 Servicing dashboard changes を参照してください。

このプレビューには、次の新機能が含まれます :

  • チェック準備の詳細を表示するタスク シーケンス エラー :UserVoice フィードバック に基づき、タスク シーケンスの進行状況で、準備のチェックに関する詳細情報を表示できるようになりました。クライアントがチェック準備タスク シーケンスの確認手順で構成された要件を満たしていないためにタスク シーケンスが失敗した場合、ユーザーは失敗した前提条件の詳細を確認できるようになりました。一般的な “タスク シーケンス エラー” メッセージは引き続き表示されますが、検査するオプションを選択できるようになりました。このアクションは、デバイスで失敗したチェックを表示します。
  • テナントのアタッチ : アプリケーションの詳細 :テナントのアタッチが有効になっている場合、アプリケーションのステータスが [失敗] の場合、Microsoft Endpoint Manager 管理センターのアプリケーション ペインにエラーの説明が表示されます。アプリケーション インストール エラーの詳細リンクをクリックすると、コードとトラブルシューティングの手順を確認できる記事に移動します。
  • Windows 10 サービス ダッシュボードの変更 :Windows 10 サービス ダッシュボードを簡素化して、関連性を高めました。新しい品質アップデート バージョンのグラフには、デバイス全体で Windows 10 の上位 5 つのリビジョンが表示されます。最新の機能アップデートのグラフには、最新の機能アップデートをインストールしたデバイスの数が表示されます。 Windows 10 メジャーリリースの配布を示す Windows 10 の使用状況チャートは、機能アップデート バージョンに名前が変更されました。サービス プランと Windows 10 のリング情報がダッシュボードから削除されました。
  • アプリケーション展開の無効化 :UserVoice フィードバック に基づき、アプリケーションの展開を無効化できます。デバイ スベース展開の場合、展開もしくはオブジェクトを無効にする際、クライアント通知アクションを使用してコンピュータ ポリシーをダウンロードします。このアクションは、サイトからポリシーをアップデートするようにクライアントにすぐに指示します。展開がまだ開始されていない場合、クライアントは、オブジェクトが無効になっているという更新されたポリシーを受け取ります。
  • Community hub からコンソール拡張機能を取得 :Community hub は、Configuration Manager コンソールへの拡張機能の共有をサポートするようになりました。ハブから拡張機能を取得すると、コンソールの新しいコンソール拡張機能ノードで利用できるようになります。ハブから拡張機能を取得しても、すぐに利用できるようにはなりません。まず、管理者はサイトの拡張機能を承認する必要があります。その後、コンソールユーザーは、拡張機能をローカル コンソールにインストールできます。
  • CMPivot から Community hub で共有されている上位のクエリにアクセス :オンプレミスの CMPivot から Community hub で共有されている上位の CMPivot クエリにアクセスできるようになりました。幅広いコミュニティで共有されている事前に作成された CMPivot クエリを活用することで、CMPivo tユーザーはさまざまなクエリにアクセスできます。オンプレミスの CMPivot は Community hub にアクセスし、ダウンロードされた上位の CMPivot クエリのリストを返します。ユーザーは上位のクエリを確認してカスタマイズし、オンデマンドで実行できます。この改善により、クエリを作成せずにすぐに使用できるようにクエリの選択肢が広がり、将来の参照用にクエリを作成する方法に関する情報を共有できるようになります。
  • アプリケーション コンテンツの Community hub サポート :このリリースでは、 Community hub を介してアプリを共有するというシナリオを繰り返しています。hub で Windows インストーラー アプリのリンクされたコンテンツをダウンロードできるようになりました。この改善により、Configuration Managerコ ミュニティから完全に機能するアプリを簡単に入手できます。
  • ジャンプ リストの OneTrace サポート :Support Center OneTrace は、最近開いたファイルのジャンプ リストをサポートするようになりました。ジャンプ リストを使用すると、以前に開いたファイルにすばやく移動できるため、作業を高速化できます。OneTrace で最近のファイルを開く方法は 3 つあります :
    • Windows タスクバー ジャンプ リスト
    • Windows スタート メニューで最近開いたリスト
    • [ファイル] メニューもしくは [最近開いた] タブの OneTrace
  • Software Center カスタム タブを持つユーザー エクスペリエンスとセキュリティの改善 :Current Branch version 1906 以降、Software Center に最大 5 つのカスタム タブを追加できます。これらのカスタム タブを使用すると、ユーザーは一般的な Web アプリや他のサイトに簡単にアクセスできます。以前は、Webサイトを表示するために、Software Center は Windows に組み込まれている Internet Explorer ブラウザー コントロールを使用していました。このリリース以降、Software Center は Microsoft Edge WebView2 ブラウザー コントロールを使用できるようになりました。 WebView2 ブラウザー制御により、セキュリティとユーザー エクスペリエンスが向上します。たとえば、スクリプト エラーやセキュリティ警告を表示せずに、これらのカスタム タブを操作する Web サイトを増やす必要があります。
  • PowerShell リリース ノート プレビュー :これらのリリース ノートは、 Technical Preview version 2012 での Configuration Manager PowerShell コマンドレットへの変更をまとめたものとなります。

参考 (外部サイト)

Configuration Manager
タイトルとURLをコピーしました