Azure パブリック IP SKU のアップグレードを試してみました

2021/01/11 (現地時間) に Azure パブリック IP SKU のアップグレード (Basic → Standard) が GA となったアナウンスがありました。

これまでは、アップグレードすることはできなかったため、Basic SKU から Standard SKU を使用したい場合には新規に作成 (パブリック IP アドレスが変わる) する必要があったので、何気に有用な機能かと思います。

前提条件 (静的 IP アドレスである、など) や制限事項 (Standard → Basic のダウングレード、など)、手順自体は以下 Docs.com のサイトに公開されていますが、Azure PowerShell を用いて Azure パブリック IP の SKU のアップグレードを試してみました。

スポンサーリンク

Azure PowerShell を用いた Basic → Standard SKU へのアップグレード

コマンド サンプル

試してみた結果

アップグレード前の Azure パブリック IP アドレスの情報は以下となります。

コマンドの実行結果は以下となります。

アップグレード後の Azure パブリック IP アドレスの情報は以下となります。

動的 IP アドレスのまま、アップグレードしてみた結果

動的 IP アドレスのまま、アップグレードを試みようとすると、以下のとおりエラーが表示されます。

Azure パブリック IP を Azure VM に関連付けた状態でのアップグレードしてみた結果

Azure パブリック IP アドレスを Azure VM に関連付けた状態でアップグレードしてみましたが、特にエラーもなく、SKU のアップグレードができています (ゾーン冗長や Load Balancer に関連付けられた環境で問題ないかどうかは分かりませんが)。

スポンサーリンク

おまけ : 予約済み IP アドレス (クラシック) を Azure パブリック IP へのアップグレード

事前に予約済み IP アドレス (クラシック) をクラウド サービスから割り当て解除する必要がありますが、Azure パブリック IP アドレスへのアップグレードが可能です。

コマンド サンプル

試してみた結果

IP アドレスが変わることなく Azure パブリック IP へアップグレードすることができました。

ちなみに、アップグレードした際の Azure パブリック IP の SKU は「Basic」でした。

スポンサーリンク

関連サイト

Microsoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました