VMware PowerCLI 12.2.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2021/02/04 (現地時間) に VMware PowerCLI の最新版である VMware PowerCLI 12.2.0 がリリースされた旨のアナウンスがありました。

VMware PowerCLI 12.2.0 の変更点やユーザーガイドなどについては、以下 VMware サイトにリンクが纏められています。

VMware PowerCLI 12.2.0 のインストールについては、PowerShell Gallery 経由から可能となっています。

なお、Hyper-V の機能がインストールされている環境の場合、以下のエラーメッセージ (コマンドレットが重複する) が表示されるため、注意が必要です。

スポンサーリンク

VMware PowerCLI 12.2.0 におけるアップデート内容 (意訳)

機能の追加

  • PowerShell 実行空間をサポートするための新しいコマンドレットが、VMware.VimAutomation.Common モジュールに追加されました。
    • Get-PowerCLIContext
    • Use-PowerCLIContext
  • vSphere Lifecycle Manager の新しいコマンドレットが、VMware.VimAutomation.Core モジュールに追加されました。
    • Export-LcmClusterDesiredState
    • Import-LcmClusterDesiredState
    • Get-LcmClusterDesiredStateRecommendation
    • Get-LcmHardwareCompatibility
  • 名前空間の制限を管理するための新しいコマンドレットが、VMware.VimAutomation.WorkloadManagement モジュールに追加されました。
    • Get-WMNamespaceLimits
    • Set-WMNamespaceLimits
  • サイト リカバリー管理用の新しいコマンドレットが、VMware.VimAutomation.Vmc モジュールに追加されました。
    • Get-VmcSddcSiteRecoveryInstance
    • New-VmcSddcSiteRecoveryInstance
    • Remove-VmcSddcSiteRecoveryInstance
    • Get-VmcSddcSiteRecovery
  • NSX-T Global Manager API を公開する機能を提供する新しいコマンドレットが、VMware.VimAutomation.Nsxt モジュールに追加されました。
    • Get-NsxtGlobalManagerService
  • VMware.VimAutomation.Horizo​​nView モジュールは、macOS および Linux で動作するように移植され、Horizo​​n 2012 用にアップデートされました。

修正

  • vSphereLCM 操作の depot アドレスを指定できるよう、DepotOverride パラメーターが Set-Cluster コマンドレットに追加されました。
  • クラスター上のホストが準拠する必要があるハードウェア サポート マネージャーからのパッケージを指定できるよう、パッケージ パラメーターが Set-Cluster コマンドレットに追加されました。
  • SHA256 署名のサポートの有効化ができるよう、SHAAlgorithm パラメーターが Export-VApp コマンドレットに追加されました。
  • 仮想マシンの起動遅延を指定できるよう、BootDelayMillisecond パラメーターが New-VM および Set-VM コマンドレットに追加されました。
  • コンテンツ ライブラリから OVF テンプレートを展開する際、OV Fパラメーターを指定できるよう、OVFConfiguration パラメーターが New-VM コマンドレットに追加されました。
  • コンテンツ ライブラリへのアップロード中にすべての OVA および OVF 証明書チェックをスキップできるよう、DisableOvfCertificateChecks パラメーターが New-ContentLibraryItem および Set-ContentLibraryItem コマンドレットに追加されました。
  • Secure Encrypted Virtualization 機能を有効化できるよう、SEVEnabled パラメーターが New-VM および Set-VM コマンドレットに追加されました。
  • vCenterServer システム間で仮想マシンを移動するときに宛先サーバーの SSL 拇印を指定できるよう、DestinationSslThumbprint パラメーターが Move-VM および Move-Inventory コマンドレットに追加されました。
  • コンテンツ ライブラリから OVF テンプレートを受け入れるよう、Get-OvfConfiguration  コマンドレットが拡張されました。
  • コンテンツ ライブラリの VM テンプレートから仮想マシンをデプロイできるよう、New-VMコ マンドレットが拡張されました。
  • 仮想マシン、もしくは vApp からコンテンツ ライブラリに OVF もしくは VM テンプレートを作成できるよう、New-ContentLibraryItem および Set-ContentLibraryItem コマンドレットが拡張されました。
  • ハードディスクの移動先としてデータ ストア クラスターを受け入れるよう、Move-HardDisk コマンドレットが拡張されました。
  • 仮想ボリューム (vVol) データストアを作成できるよう、New-Datastore コマンドレットが拡張されました。
  • SDDC で DRaaS を有効化、もしくは無効化にできるよう、EnableSiteRecovery、SrmExtensionSuffix、および DisableSiteRecovery パラメーターが Set-VmcSddc コマンドレットに追加されました。
  • Get-CisService や Get-NsxtService などのすべての Get-*Service コマンドレットのパフォーマンスが改善されました。

不具合修正

  • Connect-VIServer
    • PowerCLI は、%appdata%\Microsoft\Crypto\RSA\<user_account>フォルダーに一時ファイルを作成し、ファイルは不要になっても削除されませんでしたが、この問題は修正されました。
  • Connect-VIServer
    • クライアント マシンがプロキシの背後にある場合、vCente rServer への接続が失敗する可能性がありましたが、この問題は修正されました。
  • Get-DrsVMHostRule
    • Get-DrsVMHostRule コマンドレットは、VM がインベントリから削除されると、VM グループ メンバーを誤って表示しましたが、この問題は修正されました。
  • Get-VMHostNetworkAdapter
    • 一部の環境では、Get-VMHostNetworkAdapter コマンドレットが失敗し、 “Value cannot be null” というメッセージが表示されましたが、この問題は修正されました。
  • Install-VMHostPatch
    • Install-VMHostPatch -LocalPath を用いた VIB のインストールは、ESXi6.7.x および ESXi 7.0.x にて資格情報エラーが原因で失敗しましたが、この問題は修正されました。
  • Move-VM
    • 同じ DRS クラスター内のあるリソース プールから別のリソース プールに仮想マシンを移行すると、ホストが変更される場合がありましたが、この問題は修正されました。
  • New-VM
    • 新しい VM を作成する際、一部のゲスト オペレーティング システムでは、起動オプションがデフォルトの EFI ではなく BIOS に設定されましたが、この問題は修正されました。
  • New-VM と Set-VM
    • MemoryGB パラメーターは、実際の構成の最大値ではなく、最大 1024 GBの値のみを受け入れましたが、この問題は修正されました。
  • Test-HCXMigration と Start-HCXMigration
    • 移行リクエストでターゲット ストレージ ポリシーの詳細を渡すことはできませんでしたが、この問題は修正されました。
  • vROP では、Download Report API 関数を呼び出すと、”2″ 引数を指定して “DownloadReport” を呼び出す例外タイプのエラー メッセージが表示されましたが、この問題は修正されました。
  • SRM 設定を構成する場合、Windows 固有の NIC カスタマイズ設定が正しく設定されていませんでしたが、この問題は修正されました。

モジュールのアンインストールについて

以下のコマンドを実行することで、PowerCLI 12.0.0、12.1.0 と同様にインストールされた PowerCLI 12.2.0 のモジュールをすべて削除することが可能です。

スポンサーリンク

関連サイト

VMwareVMware PowerCLI
タイトルとURLをコピーしました