Configuration Manager Technical Preview version 2102 が公開されました

スポンサーリンク

2021/02/22 (現地時間) に Configuration Manager Technical Preview version 2102 が公開された旨のアナウンスがありました。

Configuration Manager Technical Preview version 2102 の機能については、以下の Microsoft Docs サイトに記載 (英語) されています。

Configuration Manager Technical Preview version 2102 を利用するには、Configuration Manager Technical Preview コンソールから利用可能となっています。新規インストールの場合、TechNet Evaluation Center で入手可能な 2010 ベースライン版の Configuration Manager Technical Preview Branch を使用してください。Technical Preview Branch リリースでは、テスト環境上で Configuration Manager の新機能について検証することが可能です。

最新の Technical Preview に関する意見について、コンソールから直接フィードバックを送信することができます。また、製品の問題については 直接コンソールから、新機能については UserVoice ページにアクセスしてください。

スポンサーリンク

version 2102 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

Configuration Manager には、デフォルトで数百のレポートが付属していますが、そのリストにさらに追加されました。UserVoice フィードバックに基づき、よく使用するレポートを継続的に検索する代わりに、レポートをお気に入りにすることができるようになりました。このアクションにより、新しいお気に入り (Favorites) ノードからすばやくアクセスすることが可能です。

このプレビューには、次の新機能が含まれます :

  • コレクション リレーションシップ ビューアーの改善 : Current Branch version 2010 以降、コレクション間の依存関係をグラフ形式で表示できます。コレクションの関係は、ある依存関係用と他の依存関係用の 2 つの階層ツリーとして表示されました。このリリースでは、ある依存関係と他の依存関係の両方を 1 つのグラフにまとめて表示させることが可能です。この変更により、コレクションのすべての関係の概要を一度にすばやく確認してから、特定の関連コレクションにドリルダウンできます。また、その他のフィルタリングとナビゲーションの改善も含まれています。
  • Community Hub から PowerBI レポート テンプレートをダウンロード : Community Hub は、PowerBI レポート テンプレート ファイルの提供とダウンロードをサポートするようになりました。この統合により、管理者は PowerBI レポートを簡単に共有して再利用できます。Power BI レポート テンプレートの寄稿とダウンロードは、Configuration Manager Current Branch でも利用可能です。
  • クラウド管理ゲートウェイを介した BitLocker サポートの改善 : Current Branch version 2010 では、クラウド管理ゲートウェイ (CMG) を介して BitLocker ポリシーとエスクロー回復キーを管理できます。このサポートには、いくつかの制限が含まれていました。この Technical Preview release 以降、CMG を介したBitLocker 管理ポリシーは次の機能をサポートします :
    • リムーバブル ドライブの回復キー
    • TPM パスワード ハッシュ (別名 : TPM 所有者認証)
  • クエリ プレビューの改善 : コレクショ ンクエリ プレビューを使用する際のオプションが増えました。コレクション クエリ プレビューに次の改善が加えられました :
    • 返される行数の制限
    • 結果セットから重複行を省略
    • 返された行数や経過時間など、クエリプ レビューの統計を確認
  • コレクション評価ビューの改善 : コレクション評価ビューに次の改善が加えられました :
    • 中央管理サイト (CAS) に、階層内のすべてのプライマリ サイト コレクション評価ステータスの概要を表示
    • コレクション評価ステータス キューからコレクションへのドリル スルー
    • コレクション評価ページからクリップ ボードにテキストをコピー
    • コレクション評価統計ページの更新間隔を構成
  • HTTPS で構成された WSU Sサーバーをスキャンするデバイスの TLS 証明書のピン留め : 証明書のピン留めを強制することにより、WSUS に対する HTTPS スキャンのセキュリティをさらに強化します。この動作を有効にするには、WSUS サーバーの証明書をクライアントの新しい WindowsServerUpdateServices 証明書ストアに追加し、クライアント設定を介して証明書のピン留めを有効にします。この設定により、証明書のピン留めが成功した場合にのみ、クライアントが WSUS と通信できるようになります。
  • Software Center ブランドの前景色を変更 : Software Center には、組織のブランドをサポートするためにブランドをカスタマイズするためのさまざまなコントロールがすでに用意されています。一部のお客様の場合、ブランドの色は、選択したアイテムのデフォルトの白いフォントの色ではうまく機能しません。これらの顧客をより適切にサポートし、アクセシビリティを向上させるために、前景色のカスタムカラーを構成できるようになりました。
  • CMPivot の変更 : Technical Preview version 2101 で導入された SimplifiedCMPivot アクセス権限の要件を一時的に無効にしました。SMS スクリプト読み取りアクセス権限とデフォルトのスコープアクセス権限を削除した場合は、権限を再度追加する必要があります。
  • SoftwareCenter カスタム タブのクライアント設定の改善 : Technical Preview version 2101 には、Software Center のカスタム タブを表示するための新しいクライアント設定が含まれていました。この Technical Preview リリースでは、この機能に一般的な改善が加えられています。
  • ソフトウェア アップデートにおけるデフォルトの最大実行時間の変更 : Configuration Manager は、これらのカテゴリのソフトウェア アップデートに対して次の最大実行時間を設定しました :
    • Windows の機能アップデート : 120 分
    • Windows の非機能アップデート : 60 分
    • Microsoft 365 アプリのアップデート (Office 365 アップデート) : 60 分
    サードパーティ アップデートなど、これらのカテゴリ以外の他のすべてのソフトウェア アップデートには、最大 10 分の実行時間が与えられました。この Technical Preview 以降、これらのアップデートにおけるデフォルトの最大実行時間は、10 分ではなく 60 分となっています。

参考 (外部サイト)

Configuration Manager
タイトルとURLをコピーしました