特定の PowerShell モジュールに存在するエイリアス コマンドレットと元となっているコマンドレットを一覧表示する

スポンサーリンク

特にブログ エントリとして公開する内容ではないですが、とあるところで PowerShell コマンドレットに関する質問をしたところ、返答として紹介されたコマンドレット名と参考 URL としてあったコマンドレット名が異なってまして。

パっと見でエイリアスかなーと思って、Get-Help コマンドレットからエイリアス元のコマンドレット名を確認して問題ないことは確認できたのですが、特定の PowerShell モジュールに存在しているエイリアスされているコマンドレットとエイリアス元のコマンドレットを一覧表示できないかなーと思って調べた結果、できそうなったのでまとめてみました。

一覧表示するコマンド (というかスクリプト) は以下になります。CommandType でコマンドレットがエイリアスかどうかを判別することができて、エイリアス コマンドレットであればエイリアス元のコマンドレットが ResolvedCommandName に格納されているので、一覧表示する際の項目として指定しています。

実行例は、以下となります。
// Az.Accounts モジュールのエイリアス コマンドレットとエイリアス元のコマンドレットの一覧表示になります。

以上、どうでもよい小ネタでした。

Windows PowerShell
タイトルとURLをコピーしました