Azure PowerShell – Az モジュール v6.0.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2021/05/25 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v6.0.0 がリリースされました。
// Microsoft Build 2021 開催に合わせた感じですかね。

Azure PowerShell – Az モジュール v6.0.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v6.0.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v6.0.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v6.0.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v6.0.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v6.0.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.0.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.0.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.0.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.0.0-alpine-3.10
スポンサーリンク

リリース ノート (6.0.0 – May 2021)

Az 6.0.0 (Az.Accounts 2.3.0) は、Windows PowerShell 5.1、PowerShell 7.0 バージョン7.0.6 以降、および PowerShell 7.1 バージョン 7.1.3 以降でのみサポートされています (アップグレードする方法を学ぶために、https://aka.ms/install-powershell にアクセスします)。詳細については、http://aka.ms/azpslifecyle にアクセスしてください。

Az.Accounts

  • Azure.Identity v1.4 および MSAL v4.30.1 にアップグレード
  • コマンドレット ‘Connect-AzAccount’ の廃止されたパラメーター ‘ManagedServiceHostName’、’ManagedServicePort’ および ‘ManagedServiceSecret’を削除。代わりに、環境変数 ‘MSI_ENDPOINT’ および ‘MSI_SECRET’ が使用可能
  • サービス プリンシパルのシークレットを非表示にするため、PSAzureRmAccount フォーマット表示をカスタマイズ [#14208]
  • データ プレーン機能の拡張認証をサポートするため、オプションパラメーター ‘AuthScope’ を ‘Connect-AzAccount’ に追加
  • 環境変数により再試行時間を設定 [#14748]
  • サブジェクト名発行者認証をサポート

Az.Compute

  • PowerShell を用いた VM へのパッチ インストールをサポートするため、’Invoke-AzVmInstallPatch’ を追加
  • 最新の .Net SDK version 46.0.0 を使用するよう、Compute モジュールをアップデート
  • 次のコマンドレットにオプション パラメーター ‘-EdgeZone’ を追加 :
    • ‘Get-AzVMImage
    • ‘Get-AzVMImageOffer’
    • ‘Get-AzVMImageSku’
    • ‘New-AzDiskConfig’
    • ‘New-AzImageConfig’
    • ‘New-AzSnapshotConfig’
    • ‘New-AzVM’
    • ‘New-AzVmssConfig’
    • ‘New-AzVMSS’

Az.ContainerInstance

  • 新しいコマンドレットを追加 :
    • ‘Start-AzContainerGroup’
    • ‘Stop-AzContainerGroup’ [#10773]
    • ‘Invoke-AzContainerInstanceCommand’ [#7648]
    • ‘Update-AzContainerGroup’
    • ‘Add-AzContainerInstanceOutput’
    • ‘Get-AzContainerInstanceCachedImage’
    • ‘Get-AzContainerInstanceCapability’
    • ‘Get-AzContainerInstanceUsage’
    • ‘New-AzContainerGroupImageRegistryCredentialObject’
    • ‘New-AzContainerGroupPortObject’
    • ‘New-AzContainerGroupVolumeObject’
    • ‘New-AzContainerInstanceEnvironmentVariableObject’
    • ‘New-AzContainerInstanceInitDefinitionObject’
    • ‘New-AzContainerInstanceObject’
    • ‘New-AzContainerInstancePortObject’
    • ‘New-AzContainerInstanceVolumeMountObject’
  • ‘New-AzContainerGroup’ に Log Analytics パラメーターをサポート [#11117]
  • ‘New-AzContainerGroup’ でネットワーク プロファイルおよび Azure ファイル共有の名前を指定するためのサポートを追加 [#9993] [#12218]
  • SecureValue として環境変数を指定するためのサポートを追加 [#10110] [#10640]

Az.ContainerRegistry

  • ‘Import-AzContainerRegistryImage’ のユーザー名とパスワードの問題を修正[#14971]
  • データ プレーン操作 (リポジトリ、タグ、マニフェスト) が単一の Powershell セッションのレジストリ間で失敗する問題を修正 [#14849]

Az.CosmosDB

  • ロール定義とロール割り当ての作成、更新、削除、および取得を許可するよう、SQL データ プレーン RBAC のサポートを導入
    • 次のコマンドレットを追加 :
      • Get-AzCosmosDBSqlRoleDefinition
      • Get-AzCosmosDBSqlRoleAssignment
      • New-AzCosmosDBSqlRoleDefinition
      • New-AzCosmosDBSqlRoleAssignment
      • Remove-AzCosmosDBSqlRoleDefinition
      • Remove-AzCosmosDBSqlRoleAssignment
      • Update-AzCosmosDBSqlRoleDefinition
      • Update-AzCosmosDBSqlRoleAssignment
      • New-AzCosmosDBSqlPermission

Az.DesktopVirtualization

  • API version 2021-02-01-preview にアップグレード

Az.Functions

  • Python 3.9 および Node 14 関数アプリの関数アプリ作成のサポートを追加
  • V2、Python 3.6、Node 8、および Node 10 の関数アプリの関数アプリ作成のサポートを削除
  • 文字列配列と同じパラメーターを持つ New-AzFunctionApp と一貫性を保つため、Update-AzFunctionApp で IdentityID パラメーターを文字列から文字列配列にアップデート
  • 無効な Functions バージョンの FullyQualifiedErrorId を FunctionsVersionIsInvalid から FunctionsVersionNotSupported にアップデート
  • Node.js 関数アプリを作成する際、ランタイム バージョンが指定されていない場合、デフォルトのランタイム バージョンは 12 ではなく 14 に設定される

Az.KeyVault

  • RSA key 用にキー サイズを提供 [#14819]

Az.Kusto

  • API version を stable 2021-01-01 にバンプ

Az.Maintenance

  • API version を stable 2021-05-01 にバンプ

Az.Migrate

  • Initialize-AzMigrateReplicationInfrastructure.ps1 の問題を修正

Az.Network

  • saDataSizeKilobytes パラメーターにゼロ値を渡すことができるように検証をアップデート
    • ‘New-AzureRmIpsecPolicy’
  • 次のコマンドレットにオプション パラメーター ‘-EdgeZone’ を追加 :
    • ‘New-AzNetworkInterface’
    • ‘New-AzPublicIpAddress’
    • ‘New-AzVirtualNetwork’

Az.RecoveryServices

  • SQL リストアのセキュリティ問題を修正 (これは必要な重大な変更)。TargetContainer は、代替の場所にリストアする際に必須となった
  • Set-AzRecoveryServicesBackupProperty をサポートしているため、Set-AzRecoveryServicesBackupPropertie コマンドレット エイリアスを削除
  • Get-AzRecoveryServicesBackupJobDetail をサポートしているため、Get-AzRecoveryServicesBackupJobDetails コマンドレット エイリアスを削除
  • サブスクリプション間 DS Move のサポートを追加
  • コントロール プレーンとして RCM を用いた VMware to Azureへのディザスター リカバリー シナリオに対する Azure Site Recovery をサポート

Az.Resources

  • ‘New-AzADApplication’ の ‘-IdentifierUris’ をオプション パラメーターに変更
  • AzADServicePrincipal’ によって作成された ADApplication の ‘DisplayName’ 生成を削除
  • GA TemplateSpecs API version を使用するよう、SDK を 3.13.1-preview にアップデート
  • ‘AdditionalProperties’ to PSADUser および PSADGroup に ‘AdditionalProperties’ を追加 [#14568]
  • ‘New-AzADAppCredential’ および ‘Get-AzADAppCredential’ に ‘CustomKeyIdentifier’ をサポート[#11457], [#13723]
  • Template Spec Versions のデフォルト フォーマッタで表示されるよう、’MainTemplate’ を変更

Az.SecurityInsights

  • Az.SecurityInsights が GA リリース

Az.ServiceFabric

  • 非推奨のクラスター証明書コマンドを削除 :
    • ‘Add-AzServiceFabricClusterCertificate’
    • ‘Remove-AzServiceFabricClusterCertificate’
  • sdk から直接 properties パラメーターを使用しないよう、PSManagedService モデルを変更
  • Managed コマンドレットの非推奨パラメーターを削除 :
    • ‘ReverseProxyEndpointPort’
    • ‘InstanceCloseDelayDuration’
    • ‘ServiceDnsName’
    • ‘InstanceCloseDelayDuration’
    • ‘DropSourceReplicaOnMove’
  • クラスター リソースのプライマリ ノード タイプの VM インスタンス数を正しくアップデートするため、’Update-AzServiceFabricReliability’ を修正

Az.Sql

  • 1 つの内部配列を持つ配列の定義配列の例を含めるため、’Set-AzSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentRuleBaseline ‘のドキュメントをアップデート
  • コマンドレット ‘Copy-AzSqlDatabaseLongTermRetentionBackup’ を追加
    • LTR バックアップを別のサーバーにコピー
  • コマンドレット ‘Update-AzSqlDatabaseLongTermRetentionBackup’ を追加
    • LTR バックアップの Backup Storage Redundancy の値をアップデート
  • ‘Get-AzSqlDatabase’、’New-AzSqlDatabase’、’Set-AzSqlDatabase’、’New-AzSqlDatabaseSecondary’、’Set-AzSqlDatabaseSecondary’、’New-AzSqlDatabaseCopy’ に CurrentBackupStorageRedundancy と RequestedBackupStorageRedundancy を追加
    • 現在の値と変更が加えられた場合に要求された値の両方を反映するよう、BackupStorageRedundancy の値を CurrentBackupStorageRedundancy およびRequestedBackupStorageRedundancy に変更

Az.Storage

  • ファイル共有スナップショットをサポート
    • ‘New-AzRmStorageShare’
    • ‘Get-AzRmStorageShare’
    • ‘Remove-AzRmStorageShare’
  • スナップショット (リースされているものとリースされていないもの) を持つファイル共有の削除をサポート。既定では共有にスナップショットがある場合、ファイル共有の削除は失敗する
    • ‘Remove-AzRmStorageShare’
  • Set/Get/Remove Blob インベントリ ポリシーをサポート
    • ‘New-AzStorageBlobInventoryPolicyRule’
    • ‘Set-AzStorageBlobInventoryPolicy’
    • ‘Get-AzStorageBlobInventoryPolicy’
    • ‘Remove-AzStorageBlobInventoryPolicy’
  • ストレージ アカウントの作成/アップデートで DefaultSharePermission をサポート
    • ‘New-AzStorageAccount’
    • ‘Set-AzStorageAccount’
  • ストレージ アカウントの作成/アップデートで AllowCrossTenantReplication をサポート
    • ‘New-AzStorageAccount’
    • ‘Set-AzStorageAccount’
  • ストレージ アカウント リソース ID として SourceAccount/DestinationAccount を持つ Object Replication Policy の設定をサポート
    • ‘Set-AzStorageObjectReplicationPolicy’
  • TimeSpan.Zero として SasExpirationPeriod の設定をサポート
    • ‘New-AzStorageAccount’
    • ‘Set-AzStorageAccount
  • アカウント クレデンシャルを作成する際、正しいアカウント名が使用されていることを確認する
    • ‘New-AzStorageContext’

Az.StorageSync

  • ‘Invoke-AzStorageSyncFileRecall’ が非推奨
    • 代わりに、Azure FileSync エージェント付属のコマンドレットである ‘Invoke-StorageSyncFileRecall’ を使用する必要がある
  • ‘New-AzStorageSyncServerEndpoint’ のオフライン データ転送機能を削除

Az.StreamAnalytics

  • API version を 2017-04-01-preview にバンプ
  • StreamAnalytics Cluster サポートを追加

Az.Websites

  • 新しいタグを追加する際、既存のタグを保持するように ‘Set-AzAppServicePlan’ をアップデート
  • AppSettings を設定するよう、’Set-AzWebApp’ を修正
  • FtpsState を設定するよう、’Set-AzWebAppSlot’ をアップデート
  • StaticSites のサポートを追加
スポンサーリンク

コミュニティの貢献者に感謝

  • @corichte
    • New-AzVirutalNetworkGatewayConnection Ex 1 をアップデート (#14858)
  • Hiroshi Yoshioka (@hyoshioka0128)
    • “Azure SQL database” → “Azure SQL Database” に修正 (#14883)
    • “Azure SQL managed instance” → “Azure SQL Managed Instance”  に修正 (#14891)
    • “Azure SQL managed instance” → “Azure SQL Managed Instance” に修正 (#14892)
    • “Azure SQL managed instance” → “Azure SQL Managed Instance” に修正 (#14902)
    • “Azure SQL managed instance” → “Azure SQL Managed Instance” に修正 (#14901)
    • “Azure SQL managed instance” → “Azure SQL Managed Instance” に修正 (#14900)
    • “Azure SQL managed instance” → “Azure SQL Managed Instance” に修正 (#14898)
    • “Azure SQL managed instance” → “Azure SQL Managed Instance” に修正 (#14899)
  • Jay Zelos (@jzelos)
    • 正しいパラメーターを使用するように、例 3 をアップデート (#14852)
  • @StevePantol
    • New-AzVMwarePrivateCloud.md をアップデート (#14996)

参考 URL

Azure PowerShellMicrosoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました