Configuration Manager Technical Preview version 2105.2 が公開されました

スポンサーリンク

2021/06/01 (現地時間) に Configuration Manager Technical Preview version 2105.2 が公開された旨のアナウンスがありました。

Configuration Manager Technical Preview version 2105.2 の機能については、以下の Microsoft Docs サイトに記載 (英語) されています。

Configuration Manager Technical Preview version 2105.2 を利用するには、Configuration Manager Technical Preview コンソールから利用可能となっています。新規インストールの場合、Microsoft Evaluation Center で入手可能な 2013 ベースライン版の Configuration Manager Technical Preview Branch を使用してください。Technical Preview Branch リリースでは、テスト環境上で Configuration Manager の新機能について検証することが可能です。

最新の Technical preview についてのご意見をお聞かせください。コンソールから直接製品の問題に関するフィードバックを送信し、Configuration Manager の新機能に関するアイデアを引き続き共有、投票してください。

スポンサーリンク

version 2105.2 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

Update 2105.2 for the Technical Preview Branch of Microsoft Endpoint Configuration Manager がリリースされました。Configuration Manager からソフトウェア アップデート プログラムをインストールする際、ネイティブの Windows Update インターフェースを用いてエクスペリエンスを再起動することを選択できるようになりました。クライアントの Windows Update 設定ページには、スキャンに Windows Update を使用した場合と同様のアップデートが表示されます。ソフトウェア アップデート プログラムからの再起動も、Windows Update を使用しているかのように動作します。

この機能を利用するには、クライアント デバイスが Windows Insider build 21277 以降 を実行している必要があります。Windows Update ネイティブ エクスペリエンスを有効にするには次の手順を確認します :

  1. Administration ワークスペースから、Configuration Manager の Client Settings を選択します。
  2. Client Settings内の Computer Restart グループを選択します。
  3. Select the restart experience to be shows to end users 設定で、Windows オプションを選択します。
  4. 必要に応じて、次の設定を使用して、デバイスが強制される前に再起動を保留できる日数を変更可能です :  Specify a deadline, the time (in days) from when a device is pending reboot until the device is forced to restart.

詳細について、Windows Update native experience for software updates を参照してください。

このプレビューには、次の新機能が含まれます :

  • エラー ウィンドウから製品フィードバックを送信 :以前、Configuration Manager コンソールが別のウィンドウでエラーを報告した場合、フィードバックを送信するにはメイン コンソール ウィンドウに戻る必要がありました。場合によっては、他のコンソール ウィンドウが開いていると、このアクションを実行できないことがあります。
    このリリース以降、エラー メッセージには Microsoft にエラーを報告するためのリンクが含まれます。このアクションは、フィードバックを提供するための標準の “send a frown” (しかめっ面) ウィンドウを開きます。 Microsoft のエンジニアがエラーを診断しやすくなるように、ユーザー インターフェースとエラーに関する詳細が自動的に含まれます。”send a frown” を送信しやすくするだけでなく、スクリーンショットを共有するときにエラー メッセージの完全なコンテキストを含めることもできます。
  • デバイスのカスタム プロパティ :多くの顧客は、Configuration Manager の外部にありますが、展開ターゲット設定、コレクションの構築、およびレポートに役立つ他のデータを持っています。このデータは通常、本質的に非技術的であり、クライアントで検出できず、単一の外部ソースから取得されます。たとえば、次のデバイス属性の一部を持つ中央 IT インフラストラクチャ ライブラリ (ITIL) システムもしくは資産データベースです。
    • Physical location
    • Organizational priority
    • Category
    • Cost center
    • Department
    このリリース以降、管理サービスを用いてこのデータをデバイスに設定可能です。その後、Configuration Manager でカスタム プロパティを使用して、レポートを作成したり、コレクションを作成したりすることが可能です。
  • クライアント ログ設定のハードウェア インベントリ :新しいインベントリ クラス、クライアント診断 (CCM_ClientDiagnostics) を有効にすることで、ログ レベルやサイズなどのクライアント ログ ファイル設定をインベントリできるようになりました。この動作により、クライアント診断アクションによって変更された設定の追跡が可能となります。この新しいインベントリ クラスは、デフォルトでは有効になっていません。
  • 簡素化された CMPivot アクセス許可の要件 :CMPivot のアクセス許可の要件を簡素化しました。新しいアクセス許可は、オンプレミス コンソールの CMPivot スタンドアロンと CMPivot に適用されます。次の変更が行われています :
    • CMPivot は SMS スクリプトの読み取り権限を必要としなくなりました
      • CMPivot.log に見られるように、管理サービスが 503 (サービスを利用できません) エラーのために戻ってきた場合、SMS プロバイダーは引き続きこの許可を必要とします。
    • デフォルトのスコープ権限は必要ありません。
  • 階層で承認されたコンソール拡張機能が署名を要求しない :この Technical Preview 以降、署名されていない階層で承認されたコンソール拡張機能を許可することを選択できます。内部で開発された拡張機能が署名されていないため、またはラボで独自のカスタム拡張機能をテストするために、署名されていないコンソール拡張機能を許可する必要がある場合があります。
  • CMPivot の改善 : CMPivot に次の改善を加えています :
    • レジストリ エンティティにキー値を追加しました。
    • 指定された式に一致するすべてのレジストリ キーを返す新しい RegistryKey エンティティを追加しました。
    • 要約演算子で使用できる maxif および minif アグリゲータを追加しました。
    • クエリ エディターでのクエリ オートコンプリート候補を改善しました。
  • PowerShell リリースノート プレビュー :これらのリリース ノートは、Technical Preview version 2105.2 での Configuration Manager Power Shell コマンドレットへの変更をまとめたものとなります。

参考 (外部サイト)

Configuration Manager

コメント

タイトルとURLをコピーしました