Azure CLI v2.27.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2021/08/03 (現地時間) に Azure CLI の最新版 v2.27.0 がリリースされました。

スポンサーリンク

Azure v2.27.0 (August 03, 2021) の更新内容について (意訳)

ACR

  • [重大な変更] az acr connected-registry install info : 新しい必須パラメーター –parent-protocol を追加しました。
  • [重大な変更] az acr connected-registry install renew-credentials : 新しい必須パラメーター –parent-protocol を追加しました。
  • az acr import : 新しいパラメーター –no-wait をサポート
  • Track 2 に移行する際に Python SDK 互換性問題を修正しました。
  • az acr build : ! を持つディレクトリを含めるファイル .dockerignore を作成します。

AKS

  • az aks check-acr : 特定のクライアント マイナー バージョンの解析の問題を修正しました。

AppConfig

  • [重大な変更] appconfig feature set : パラメーター –description の値が指定されていない場合は、空の文字列に設定します。
  • [重大な変更] az appconfig feature : 機能フラグの名前空間をサポートし、出力フィールドを変更します。
  • az appconfig create : リソース作成時、タグのサポートを追加しました。

App Service

  • az webapp config set : VNet Route All プロパティのサポートを追加しました。
  • az webapp vnet-integration add : デフォルトは、VNet Route All です。クロス サブスクリプション統合をサポートします。
  • az appservice ase create : ASEv3 外部およびゾーン冗長をサポートしました。
  • az webapp hybrid-connection add : ヘルプ/エラーメッセージを改善し、Linux のブロックを解除しました。
  • az webapp config access-restriction remove : サービスエンドポイントルールの削除に関する問題を修正しました (#18947)。
  • az appservice plan show : 正しい終了ステータスを提供するように修正しました (#17424)。

ARM

  • az what-if : 出力フォーマットを修正しました。
  • az bicep uninstall : bicep をアンインストールするための新しいコマンドを追加しました。
  • az bicep build : –stdout を指定して実行しても出力が出力されない問題を修正しました。
  • az provider register : –accept-term の非推奨情報を追加しました。
  • az lock create/delete : さまざまなレベルのロックを操作するための例を追加しました。
  • az deployment group/sub/mg/tenant create : 展開作成コマンドで What-If を呼び出すための –what-if パラメーターを追加しました、
  • az deployment group/sub/mg/tenant create : -confirm-with-what-if が設定されていて、What-If の結果に変更がない場合に確認をスキップするために、–proceed-if-no-change パラメーターを追加しました。
  • API バージョンを 2020-10-01 から 2021-04-01 にバンプしました。
  • az ts create : ァイルをサポートするパラメーター –template-file を追加しました。
  • az resource create : Web App にサイト拡張機能を追加する例を追加しました。
  • az ts export : リンクされたテンプレートのないテンプレート仕様のエクスポートが失敗する問題を修正しました。

Backup

  • az backup vault : カスタマー マネージド キー (CMK) のサポートを追加しました。
  • az backup restore restore-disks : IaaS VM Restore に MSI の使用方法を追加しました。

CDN

  • az cdn endpoint rule : OriginGroupOverride アクションのサポートを追加しました。

Compute

  • az sig image-version create : ディスク、スナップショット、および vhd の混在をサポートしました。
  • az vmss update : securityProfile 問題を修正するためにパッケージのバージョンをアップグレードしました。
  • az vm boot-diagnostics get-boot-log : ブート診断ログを取得する際にクラッシュする問題を修正しました。
  • az vm list-skus : 部分的にゾーンが利用可能な SKU をクエリできない問題を修正しました。
  • az vm auto-shutdown : –email が渡される際、–webhoo kが必要になる問題を修正しました。
  • az vm create : 共有ギャラリー イメージから VM の作成をサポートしました。
  • az vm secret add : ヘルプの代わりに Azure Key Vault VM 拡張機能を使用するための注意書きを追加しました。

Container

  • az container exec : ターミナル エクスペリエンスを修正、改善しました。

DataBoxEdge

  • databoxedge が track2 SDK に移行しました。

DMS

  • az dms project create/az dms project task create : オンライン移行用の MySQL プロジェクト/タスクはサポートされなくなったため、削除する必要があります。

IoT

  • az iot hub create/update : ハブ に ID がない場合、不正なファイル アップロード ID パラメーターを防ぐためのチェックを追加しました。
  • az iot hub create/update : –fileupload-notification-lock-duration パラメーターを追加しました。
  • az iot hub create/update : fileupload-storage-container-uri パラメーターは非推奨になりました。
  • az iot dps/hub certificate create : 証明書は常に base64 エンコーディングでアップロードされるようになりました。

Key Vault

  • [重大な変更] az keyvault create はべき等ではありません。既存の Key Vault の作成は失敗します。 (#13752)
  • シークレットのテーブル出力が正しくない問題を修正しました。 (#6372)。

Maps

  • az maps creator create : Map Creator は作成のマネージドをサポートします。
  • az maps creator update : Map Creator は更新のマネージドをサポートします。
  • az maps creator list : Map Creator は一覧表示のマネージドをサポートします。
  • az maps creator show : Map Creator は表示のマネージドをサポートします。
  • az maps creator delete : Map Creator は削除のマネージドをサポートします。

NetAppFiles

  • az netappfiles volume pool-change : プール変更のヘルプの説明をアップデートしました。

Network

  • az network application-gateway create : –ssl-certificate-name 引数を追加しました。
  • プライベート リンクに Microsoft.ServiceBus/namespaces プロバイダーを追加しました。
  • az network application-gateway waf-policy custom-rule match-condition add : 例を追加しました。
  • az network express-route port link update : –macsec-sci-state 引数を追加しました。
  • プライベートリンクに Microsoft.Web/hostingEnvironments プロバイダーを追加しました。
  • az network lb frontend-ip update : 引数 –gateway-lb に対してクロス テナントをサポートしました。
  • az network nic ip-config update : 引数 –gateway-lb に対してクロス テナントをサポートしました。
  • プライベート リンクに Microsoft.StorageSync/storageSyncServices を追加しました。
  • プライベート リンクに Microsoft.Media/mediaservices プロバイダーを追加しました。
  • プライベート リンクに Microsoft.Batch/batchAccounts プロバイダーを追加しました。

Packaging

  • すべての Python パッケージにライセンスを追加しました。
  • SOCKS Proxy Support を追加しました。

PolicyInsights

  • track2 SDK が移行しました。

RDBMS

  • PostgreSQL、MySQL が GA API に移行しました。

Redis

  • az redis create/update : 新しいパラメーター –redis-version を追加しました。

SQL

  • Microsoft.Sql が track2 SDK にアップデートしました。
  • az sql server outbound-firewall-rule create : 送信ファイアウォール ルール用の Azure CLI コマンドです。

Storage

  • az storage fs file list –exclude-dir–show-next-marker を用いるとエラーになる問題を修正しました (#18352)。
  • az storage fs generate-sas : ADLS Gen2 アカウントにファイル システム用の sas トークン生成をサポートしました。
  • az storage account blob-service-properties : 最終アクセス トラッキング ポリシーをサポートしました。
  • storage container-rm migrate-vlw : Support Version Level Worm (VLW) をサポートしました。
  • az storage copy : 新しいオプション –cap-mbps を追加しました。

Synapse

  • synapse workspace key update : パラメーター –is-active-cmk が原因でワークスペース キーの更新が失敗する問題を修正しました。
  • ノートブックの再インポートが失敗します。
スポンサーリンク

参考サイト

Azure CLI

コメント

タイトルとURLをコピーしました