MSI MAG B550M MORTAR でファームウェア TPM 2.0 機能を有効化してみた

スポンサーリンク

先日組んだ自作 PC のマザーボードは「MSI MAG B550M MORTAR」ですが、Windows 11 対応がアナウンスされています。

Windows 11 を見越して自作 PC を組んでみた、というところもある

Windows 11 の前提条件である UEFI ブート、TPM 2.0 が有効については、デフォルト設定で UEFI ブートとなっているため問題はないですが、TPM 2.0 機能は有効になっていませんでした。

MSI MAG B550M MORTAR には TPM 2.0 モジュール (MS-4462) を装着することで TPM 2.0 機能が有効になりますが、現時点でどこにも売っていません (e-bay などにはあるが、おま値)。

転売ヤーめ、爆発しろ (

なので、ファームウェア TPM 2.0 機能を有効することで対応、その手順について纏めてみました。

スポンサーリンク

MSI MAG B550M MORTAR でファームウェア TPM 2.0 機能を有効化する手順

以下の手順で fTPM を有効化します。

  1. PC の原電を投入、POST 画面が表示されている間に [Delete] キーを押下、UEFI BIOS メニュー画面に入ります。
  2. UEFI BIOS メニュー画面に入ったら、以下の図のように Advanced Mode になっているかどうかを確認し、なっていない (EZ Mode) 場合は、[F7] キーを押下し、切り替えます。
  3. [SETTINGS] → [Security] → [Trusted Computing] に進み、[Security Device Support] を選択、[Disable] から [Enable] にカーソルを合わせて [Enter] キーを押下して、変更します。

  4. [Security Device Support] の値が [Enable] となっていることを確認した上で、[F10] キーを押下、[はい] を選択して設定を保存、再起動します。

設定後の確認

UEFI BIOS

Advanced Mode の [SETTINGS] → [Security] → [Trusted Computing] で有効化されていることを確認しました。

コンピューターのトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) の管理 (tpm.msc)

tpm.msc からでも TPM 2.0 機能が利用可能であることを確認できました。

Windows 11 対応チェック (WhyNotWin11.exe)

Robert C. Maehl (rcmaehl) 氏が公開しているフリーウェア、Windows 11 対応チェック (WhyNotWin11.exe) でも TPM 2.0 機能が検出されたことを確認できました。

スポンサーリンク

関連サイト

ハードウェア

コメント

タイトルとURLをコピーしました