Update Rollup 57 for Azure Site Recovery が公開されました

スポンサーリンク

Azure Site Recovery (ASR) の更新プログラムである Update Rollup 57 for Azure Site Recovery (KB5006172) が公開されました。

スポンサーリンク

Update Rollup 57 for Azure Site Recovery について (意訳)

導入

重要 : このリリースでは、VMware to Azure への保護のパブリック プレビューのアップデートのみが提供されます。このリリースでは、他の修正点や改善点はカバーされていません。

VMware 仮想マシンを保護するためのよりシンプルで信頼性の高い方法のパブリック プレビューを正式に発表しました。構成サーバーが ASR レプリケーション アプライアンスとして刷新、新しいアーキテクチャを実装しました。

前提条件

VMware 仮想マシンのプレビュー エクスペリエンスを使用するには、新しい Recovery Services 資格情報コンテナーをボールトを作成、開始します

このアップデートによる修正される問題と改善点

このアップデートのセットアップ後、次のエクスペリエンスの変更が含まれます。

修正される問題と改善点 :

  • 検出サービスを使用したオンプレミスデータ センターの中央検出
  • アーティファクト作成を自動化することでオンボーディング エクスペリエンスを簡素化し、デフォルトを導入して必要な入力を減らしました。
  • アプライアンスのセットアップ時にクラウド コンテキストを取得するためのレプリケーション キーが導入されました。
  • 必要な入力の数を減らし、各ブレードを再定義することでレプリケーション エクスペリエンスを簡素化します。
  • すべてのコンポーネントを Azure がホストするマイクロサービスに変換することでアプライアンスを強化しました。これにより、アプライアンスのスケーリング、監視、トラブルシューティングが簡素化されます。
  • より安全で、顧客のセキュリティ上の懸念を解決する証明書ベースの認証が導入されました。
  • アプライアンス コンポーネントとモビリティ サービスの両方に自動アップグレードが導入されました。
  • アプライアンスの復元力を確保するために、アプライアンスの高可用性を実装しました。
  • 自動アップグレードを実行するためにマシン ルート資格情報を維持する必要がなくなりました
  • FQDN ベースのアプライアンス接続が導入されました。

既知の問題 :

  • オペレーティング システム SUSE Linux Enterprise Server 11 マシンが実行されている仮想マシンは、フェールバック後に起動しない場合があります。
  • Azure ポータルでは、部分的に登録された ASR レプリケーション アプライアンス数も無視されるのではなく表示されます。
  • エージェントの手動アップグレードが成功すると、Azure ポータルに誤ったエージェントバージョンが表示されます。
  • 保護された仮想マシンの正常性が重大な状態にある場合は、プロセス サーバー サービスが停止状態にあることが原因である可能性があります。その場合、Services.msc に移動して、以下のサービスを確認してください。これらのサービスが停止状態の場合は、この順序で開始してください –
      1. cxprocessserver
      2. processerver
      3. processservermonitor
  • ASR レプリケーション アプライアンスの下で Azure ポータルとアプライアンス構成ツールで表示すると、Recovery Services エージェントのバージョンが異なって表示される場合があります。
  • レプリケーションが有効になった後に追加されたネットワーク インターフェース カードは、仮想マシンと一緒にフェールオーバーされません。
  • Azureポータルの [レプリケートされたアイテム] ブレードで、[列] を選択すると、一覧には、ASR レプリケーション アプライアンスではなく、列名としてプロセ スサーバー名が表示されます。

Azure Site Recovery オンプレミス コンポーネントのアップデート

  1. プレビュー エクスペリエンスを使用するには、新しい Recovery Services 資格情報コンテナーを作成します。

  2. 新しいアーキテクチャと導入された変更について学習します。
  3. 前提条件を確認し、この手順に従って ASR レプリケーション アプライアンスをセットアップします。
  4. VMware 仮想マシンに対してレプリケーションを有効化します。
  5. ASR レプリケーション アプライアンスの自動アップグレードスイッチ機能を確認します。
スポンサーリンク

参考

Azure Site Recovery

コメント

タイトルとURLをコピーしました