VMware PowerCLI 12.4.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2021/09/16 (現地時間) に VMware PowerCLI の最新版である VMware PowerCLI 12.4.0 がリリースされた旨のアナウンスがありました。

VMware PowerCLI 12.4.0 の変更点やユーザーガイドなどについては、以下 VMware サイトにリンクが纏められています。

VMware PowerCLI 12.4.0 のインストールについては、PowerShell Gallery 経由から可能となっています。

なお、以前の古いバージョンがインストールされている場合、v12.4.0 をインストールしようすると、以下のエラーが出る場合があります。この場合、-SkipPubliserCheck パラメーターを用いてインストールすることでエラーを回避することが可能です。

また、Hyper-V の機能がインストールされている環境の場合、以下のエラーメッセージ (コマンドレットが重複する) が表示されるため、注意が必要です。

スポンサーリンク

VMware PowerCLI 12.4.0 におけるアップデート内容 (意訳)

機能の追加

  • VMware.Sdk.VSphere.*モジュールが追加され、vSphere Automation SDK for PowerShell の機能が提供されました。これにより、VMwarePowerCLI を用いて vSphereAutomationAPI を管理することが可能となります。
  • vCenterServer および ESXi で証明​​書を管理するための新しいコマンドレットが VMware.PowerCLI.VCenter モジュールに追加されました。
    • Get-VITrustedCertificate
    • Add-VITrustedCertificate
    • Remove-VITrustedCertificate
    • Get-VIMachineCertificate
    • Set-VIMachineCertificate
    • New-VIMachineCertificateSigningRequest

修正

  • VMKernel ポートで次のサービスを有効化/無効化できるよう、Get-VMHostNetworkAdapterおよび Set-VMHostNetworkAdapter コマンドレットが拡張されました。:プロビジョニング、vSphere レプリケーション、vSphere レプリケーション NFC、および vSphere バックアップ NFC。
  • コンテンツ ライブラリとコンテンツ ライブラリ アイテムにタグを付けることができるよう、New-TagAssignment コマンドレットが拡張されました。
  • タグによるタグ割り当てのフィルタリングが可能となるよう、タグ パラメーターが Get-TagAssignment コマンドレットに追加されました。
  • vSAN データストアとの間の vmdk ファイルのコピーがサポートされるよう、Copy-DatastoreItem コマンドレットが拡張されました。
  • vSAN データストア フォルダーのフレンドリ名が表示されるよう、FriendlyName プロパティがデータストアフォルダオブジェクトに追加されました。
  • SDDC のアップサイジングが可能となるよう、Set-VmcSddc コマンドレットに Upsize パラメーターが追加されました。
  • HCXMobilityGroupMigration タイプ のBytesTransferred プロパティが追加され、移行中に転送されたデータの量が反映されます。これは、非推奨となった UsedSize プロパティを置き換えます。
  • Horizo​​n8.3 の API 機能がサポートされるよう、VMware.VimAutomation.Horizo​​nView モジュールがアップデートされました。

不具合修正

  • Get-TagAssignment
    • VSS、もしくは VDS ポート グループにタグを割り当てた場合、Get-TagAssignment は失敗していましたが、この問題は修正されました。
  • Copy-VMGuestFile
    • simlink ファイルのゲスト OS へのコピーは、タイプのメッセージ “Response status code does not indicate success: 500.” で失敗していましたが、この問題は修正されました。
  • New-VM
    • New-VM が NFS から VMFS6 データストアにクローンを作成すると、タイプ メッセージ “The specified delta disk format ‘redoLogFormat’ is not supported.” で VM が失敗することがありましたが、この問題は修正されました。
  • Get-SpbmReplicationGroup および Get-SpbmReplicationPair
    • Get-SpbmReplicationGroup および Get-SpbmReplicationPair は、予想よりも遅いデータを返していましたが、この問題は修正されました。
  • Start-HCXReplication
    • Start-HCXReplication は、TargetStorageProfile パラメーターが渡されると、vCloudDirector 環境で失敗しましたが、この問題は修正されました。
  • Get-HCXMigration
    • 明示的に設定した場合でも、返されたオブジェクトの TargetStorageProfile プロパティは空白として表示されていましたが、この問題は修正されました。
  • Get-HCXMigration
    • Get-HCXMigratio nは、State パラメーターに値 Migrating を渡すと、エラーをスローしましたが、この問題は修正されました。
  • サーバーから切断し、同じ PowerShell セッションで再度接続する際、ワークロード管理モジュールのすべてのコマンドレットが失敗し、サーバーが接続されていませんというメッセージが表示されましたが、この問題は修正されました。
  • トルコの地域設定が設定されたコンピューターに PowerCLI をインストールした際、一部のコマンドレットが正しく機能しませんでしたが、この問題は修正されました。

モジュールのアンインストールについて

以下のコマンドを実行することで、PowerCLI 12.4.0 のモジュールをすべて削除することが可能です。

スポンサーリンク

関連サイト

VMware PowerCLI

コメント

タイトルとURLをコピーしました