作成した Windows Server 2022 Azure 仮想マシンの UI を日本語化する

スポンサーリンク

Azure 仮想マシンに Windows Server 2022 が利用可能になってから日が経ってしまいましたが、UI  の日本語化についてまとめてみました。
※PowerShell だけでやりたかったのですが、言語パックがどうしてもコマンドでダウンロードできる方法がないため、GUI での手順でまとめています。

スポンサーリンク

Windows Server 2022 環境の日本語化手順

日本語化の大まかな流れとしては、以下となります。
※Windows Server 2022 Datacenter : Azure Edition のイメージで確認しています。
※管理者権限を持ったユーザーで実施しています。

  1. 言語パックのダウンロード、インストール
  2. 主な使用場所の設定
  3. Unicode ではないプログラムの言語の設定
  4. タイムゾーンの設定
  5. 設定のコピー

言語パックのダウンロード、インストール

  1. [Start] メニュー – [Settings] から [Time & Language] を選択します。

  2. [Time & Language] の [Language] から [Preferred Languages] 内にある「Add a language」 をクリックします。
  3. 検索欄に「japanese」と入力、一覧に [日本語] が表示されるのでそれを選択、[Next] をクリックします。
  4. 表示されているすべてのチェックボックスをオンにして、[Install] をクリックします。
  5. インストールが完了したら、[Yes, sign out now] をクリックし、システムからサインアウトを行います。

主な使用場所の設定

  1. [スタート] メニュー – [設定] から [時刻と言語] を選択します。
  2. [時刻と言語] の [地域] から、[国または地域] を「米国」から「日本」に変更します。

Unicode ではないプログラムの言語の設定

  1. [スタート] メニュー – [Windows システム ツール] – [コントロール パネル] を選択、クリックし、起動します。
  2. コントロール パネル画面で [時計と地域] – [地域] を選択します。
  3. [管理] タブを選択し、[Unicode ではないプログラムの言語] 内の [システム ロケールの変更] ボタンをクリックします。
  4. [現在のシステム ロケール] を「英語 (米国)」から「日本語 (日本)」に選択、[OK] ボタンをクリックします。
  5. [今すぐ再起動] ボタンをクリックし、システムを再起動します。

タイムゾーンの設定

  1. [スタート] メニュー – [設定] から [時刻と言語] を選択します。
  2. [時刻と言語] の [日付と時刻] から、[タイムゾーン] を「(UTC) 協定世界時」から「(UTC+09:00) 大阪、札幌、東京」に変更します。

設定のコピー

  1. [スタート] メニュー – [Windows システム ツール] – [コントロール パネル] を選択、クリックし、起動します。
  2. コントロール パネル画面で [時計と地域] – [地域] を選択します。
  3. [管理] タブを選択し、[ようこそ画面と新しいユーザー アカウント] 内の [設定のコピー] ボタンをクリックします。
  4. 「ようこそ画面とシステム アカウント」のチェックボックスをオンにし、[OK] ボタンをクリックします。
  5. [今すぐ再起動] ボタンをクリックし、システムを再起動します。
スポンサーリンク

関連リンク

Azure Virtual MachinesWindows Server 2022

コメント

タイトルとURLをコピーしました