Microsoft Azure Storage Explorer v1.22.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2021/12/15 に Azure Storage Explorer の最新版である v1.22.0 がリリースされました。

スポンサーリンク

Azure Storage Explorer v1.22.0 について (意訳)

December 2021 (Version 1.22.0, build 20211211.10)

このリリースには、いくつかの新機能と、あまり目立ちませんが注目に値する改善が含まれています。これらの機能などの詳細については、以下をお読みください。すべての変更の詳細な一覧については、こちらも参照してください。

ツリー ビュー検索の改善

ツリー ビューでのリソース検索のパフォーマンスに関するフィードバックに対処するために、検索するリソース タイプを指定できるようになりました。

検索するリソース タイプを指定すると、Storage Explorer は無関係なリソースの列挙と検査に時間を浪費することを回避します。

検索の進行状況に関するステータス情報も追加され、検索の実行内容、調査されたリソース数を明確にし、検索がいつ完了したかを明確にするのに役立ちます。

これらの変更が、ツリー ビュー検索のパフォーマンスの問題を軽減するのに役立つことを願っています。最高のツリー ビュー検索パフォーマンスを得るには、探しているリソースを含まないサブスクリプションをすべて除外するようにしてください。ほとんどのツリー ノードのコンテキスト メニューにある [ここから検索] を使用して、検索の範囲をさらに広げることもできます。また、BLOB コンテナーとキューの場合、[名前で開く…] を使用することができます。これは、Blob ContainersQueues のサービス ノードのコンテキスト メニューにあり、どのストレージ アカウントかが正確にわかっている場合は、BLOB コンテナーもしくはキューをすばやく開くことができます。

システム テーマ

システム/OS テーマをミラーリングするよう、Storage Explorer の構成が可能です。これを行うには、[設定] > [アプリケーション] > [テーマ] に移動し、[システムの既定値] を選択します。有効にすると、Storage Explorer のテーマは自動的にシステム/OS テーマと一致します。

システム プロキシの追加サポート

バージョン1.20 では、Storage Explorer にシステム/OS プロキシと SSL 証明書の設定を使用する機能が追加されました。ただし、そのリリースでは、機能のごく一部のみがサポートされていました。これで重要な作業が完了し、ほとんどすべての Storage Explorer 機能がシステム プロキシをサポートするようになりました。次のいずれかを実行した場合は、システム プロキシを有効にしてみることをお勧めします。

  • プロキシの背後で作業するため、手動で構成されたプロキシ設定
  • “自己署名証明書” の問題を回避するためにインポートされた SSL 証明書

システム プロキシで問題が発生した場合は、GitHub で issue を開いてお知らせください。システム プロキシの詳細を読み、それをサポートしていない機能の一覧はここから確認できます。

アーカイブされた BLOB をアーカイブされていない層にコピー

アーカイブされていない層で必要な BLOB をアーカイブしている場合は、BLOB を新しいアーカイブされていない BLOB に直接複製することで、リハイドレート処理を回避できるようになりました。これを行うには、アーカイブされた BLOB のコンテキスト メニューを開き、[複製とリハイドレート] を選択します。

AzCopy 10.13.0 と新しい転送設定

AzCopy の統合バージョンが 10.13.0 にアップグレードされました。このバージョンの AzCopy のリリースノートは、こちらを参照してください。

さらに、いくつかの新しい AzCopy 転送設定が追加されました。

  • 自動デコードを無効にする: アップロード時にファイル名にエンコードされた不正な Windows 文字の自動デコードを無効にします。
  • ディレクトリ スタブを含める : サービスからサービスへの転送中、ディレクトリ スタブ (メタ データを持つ BLOB hdi_isfolder=true) の保持を有効にします。
  • 最小ブロックでブロック BLOB 転送する : AzCopy に可能な最小数ブロックで Block BLOB を転送するように強制します。

これらの設定はすべて [設定] > [譲渡] > [AzCopy] にあります。

アプリケーション サイズの削減

最近 Storage Explorer のサイズがバージョン 1.0 以降大幅に増加していることに気付きました。そのため、このリリースでは Storage Explorer のサイズをより妥当なレベルに戻すことを優先しました。これらの取り組みの結果、Windows 上の Storage Explorer のサイズは 490 MB からほぼ 350 MB に縮小され、macOS と Linuxでも同様の改善が行われました。今後もアプリ サイズを監視し、可能な場合はアプリ サイズを縮小するための追加の方法を探します。

エミュレーターの起動を求めるプロンプト

エミュレーターがまだ起動されていない状態でエミュレーター ストレージ アカウント接続にアクセスしようとすると、ポップアップするエラーに関して混乱が生じることがよくあります。混乱を緩和するために、Storage Explorer は、エミュレーターがまだ開始されていないように見える場合に、エミュレーターを開始するように求めるプロンプトを表示するようになりました。

また、Storage Explorer にエミュレーターを起動させる可能性についても検討および議論を始めています。これが興味のある機能であり、その会話に参加したい場合は、この GitHub issue に気軽に参加してください。

Cosmos DB 統合の廃止

2020 年 8 月に、Azure Cosmos DB と Storage Explorer の統合が非推奨になり、それから 1 年以内に削除されることを発表しました。その発表から 1 年以上が経過した今、Storage Explorer のすべての Azure Cosmos DB 機能を廃止し、このプロセスを完了しています。バージョン 1.22.0 以降、Cosmos DB ツリー ノードを拡張しようとすると、この廃止の詳細を示すメッセージが表示されます。 Cosmos DB ツリー ノードを非表示にする場合は、[設定] > [サービス] > [Cosmos DB (廃止)] に移動し、チェックボックスをオフにします。 Cosmos DB ユーザーは、代わりに Azure ポータルAzure ポータル デスクトップ アプリ、もしくは Cosmos DB Explorer の使用に移行する必要があります。これらにはすべて、現在 Storage Explorer でサポートされていない多くの新機能が含まれています。

アクセシビリティの修正

このリリースでは、アクセシビリティに関連するいくつかの問題を修正しました。修正された問題の完全な一覧について、こちらを参照してください。

スポンサーリンク

参考

Azure Storage
タイトルとURLをコピーしました