Azure Functions App を作成する際のストレージ アカウント (Azure Files) について

スポンサーリンク

Azure Functions App (関数アプリ) を作成する際、利用するプラン (SKU) に関わらず、ストレージ アカウントの利用が必要となります。
※新規作成した場合は、汎用v1 (LRS) で作成されます。

ストレージ アカウントの利用用途については、以下のドキュメントに記載されています。

ただし、コードを格納して実行するために使用される Azure Files のみ、利用するプランによって指定したストレージ アカウントに格納されるか、Azure プラットフォームに組み込まれているストレージ アカウントに格納されているかで分かれているようです。

サポート可否なども含めてプランごとの対応状況について記載はされているようですが、あまり信用ならなかったのでw、実際に確認してみました。

利用するプランごとのストレージ アカウント (Azure Files) について

コード

Windows

従量課金 (消費量、Consumption) プラン

作成時に指定したストレージ アカウントが使われる。

  • アプリケーション設定
  • ストレージ アカウント (Azure Files)
Functions Premium プラン

作成時に指定したストレージ アカウントが使われる。

  • アプリケーション設定
  • ストレージ アカウント (Azure Files)
App Service プラン

Azure プラットフォームに組み込まれているストレージ アカウントが使われる。

  • アプリケーション設定
  • ストレージ アカウント (Azure Files)

Linux

従量課金 (消費量、Consumption) プラン

Azure プラットフォームに組み込まれているストレージ アカウントを作成されているかどうかは不明
※別途、既存の Azure Files share をマウントすることは可能。

  • アプリケーション設定
  • ストレージ アカウント (Azure Files)
Functions Premium プラン

作成時に指定したストレージ アカウントが使われる。
※別途、既存の Azure Files share をマウントすることは可能。

  • アプリケーション設定
  • ストレージ アカウント (Azure Files)
App Service プラン

Azure プラットフォームに組み込まれているストレージ アカウントを作成されているかどうかは不明
※別途、既存の Azure Files share をマウントすることは可能。

  • アプリケーション設定
  • ストレージ アカウント (Azure Files)

Docker コンテナー

Linux

Functions Premium プラン

作成時に指定したストレージ アカウントが使われる。
※別途、既存の Azure Files share をマウントすることは可能。

  • アプリケーション設定
  • ストレージ アカウント (Azure Files)
App Service プラン

Azure プラットフォームに組み込まれているストレージ アカウントを作成されているかどうかは不明
※別途、既存の Azure Files share をマウントすることは可能。

  • アプリケーション設定
  • ストレージ アカウント (Azure Files)
スポンサーリンク

まとめ

表にするとこんな感じです。

公開 プラットフォーム プラン Azure Files
コード Windows 従量課金 作成時に指定したストレージ アカウント
Functions Premium 作成時に指定したストレージ アカウント
App Service Azure プラットフォームに組み込まれているストレージ アカウント
Linux 従量課金 不明
Functions Premium 作成時に指定したストレージ アカウント
App Service 不明
Docker Linux Functions Premium 作成時に指定したストレージ アカウント
App Service 不明

将来的には変更になるかもしてませんが、備忘録として。
あとは、

スポンサーリンク

関連サイト

Azure Functions
タイトルとURLをコピーしました