Configuration Manager Technical Preview version 2202 が公開されました

スポンサーリンク

2022/02/18 (現地時間) に Configuration Manager Technical Preview version 2202 が公開された旨のアナウンスがありました。

Configuration Manager Technical Preview version 2202 の機能については、以下の Microsoft Docs サイトに記載 (英語) されています。

Configuration Manager Technical Preview version 2202 を利用するには、Configuration Manager Technical Preview コンソールから利用可能となっています。新規インストールの場合、Microsoft Evaluation Center で入手可能な 2202 ベースライン版の Configuration Manager Technical Preview Branch が入手可能です。Technical Preview Branch リリースでは、GA になる前に、テスト環境で新しい Configuration Manager 機能を試すことができます。

Technical Preview Branch リリースでは、一般に利用可能になる前に、テスト環境で新しい構成マネージャー機能を試すことができます。

最新の Technical Preview についてのご意見をお聞かせください。コンソールから直接フィードバックを送信してください。

スポンサーリンク

version 2202 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

Update 2202 for the Technical Preview Branch of Microsoft Endpoint Configuration Manager がリリースされました。

このリリースでは、管理者はフォルダーを使用してパッケージを整理し、グループをより適切に更新できるようになります。 この機能は、ソフトウェア アップデートのより良い分類と管理のためのフォルダー サポートを有効にするのに役立ちます。

この機能にアクセスするには、役割ベースのアクセス制御 (RBAC) の役割のアクセス許可が必要となります。フォルダーのみを管理できるのは、Full Administrator およびと Operations Administrator システムの役割のみです。一方、Software Updates Manager の役割は、既存のフォルダーにアクセスして表示することはできますが、操作を実行することはできません。

このプレビューには、次の新機能が含まれます :

  • コレクション参照の削除 :
    以前は、依存コレクションを含むコレクションを削除する場合、最初に依存関係を削除する必要がありました。これらのコレクションをすべて見つけて削除するプロセスは、困難で時間がかかる可能性があります。コレクションを削除するときに、依存するコレクションの確認と削除を同時に行うことが可能となりました。新しい [詳細] ウィンドウには、関係の種類に関する詳細情報が表示され、グラフ チャートでコレクションの関係を表示できます :
    サイトが依存コレクションを削除できない理由はいくつかあります :

    詳細ウィンドウには、削除できないコレクションとその理由が一覧表示されます。

  • 利用可能なソフトウェア アップデートのコンテンツを事前ダウンロードする :
    管理者は、利用可能な展開に含まれているソフトウェア アップデートのコンテンツを事前にダウンロードできるようになりました。 必要なデプロイメントは、デフォルトで既にコンテンツを事前にダウンロードしています。この新しい設定を有効にすると、コンテンツが完全にダウンロードされるまでインストール通知がソフトウェアセンターに表示されないため、クライアントのインストール待機時間が短縮されます。
    このデプロイメント設定コンテンツの事前ダウンロードは、次の場所で入手できます。 :

    • 手動で作成されたソフトウェア アップデート デプロイメント用のソフトウェア アップデート デプロイ ウィザード[デプロイメント設定] ページ
    • 自動デプロイメント ルールで作成されたアップデート デプロイメント用の自動デプロイメント ルール ウィザード[デプロイメント設定] ページ
    • 手動または自動デプロイメント ルールを使用して作成された、展開の [プロパティ] ページの [デプロイメント設定] タブ
  • 新しい正常性チェック :
    フィードバックに基づき、このリリースには 2 つの新しいクライアント正常性チェックがあります :

    ディスクがいっぱいになると、Configuration Manager クライアントの機能が制限される可能性があります。これらのチェックは、正常なクライアントを維持するのに役立ち、デバイスをより適切に管理するのに役立ちます。
    このリリースには、クライアント正常性ダッシュボードのパフォーマンスの向上も含まれています。

  • 暗黙的なアンインストールの改善 :
    アプリケーションまたはアプリ グループをセキュリティ グループに基づくユーザー コレクションにデプロイし、暗黙的なアンインストールを有効にすると、セキュリティ グループへの変更が反映されるようになりました。サイトがグループ メンバーシップの変更を検出すると、Configuration Manager はセキュリティ グループから削除したユーザーのアプリをアンインストールします。
  • フィードバック送信の改善 :
    • Configuration Manager コンソールを介して Microsoft に送信したフィードバックを認証済みの Azure Active Directory (Azure AD) ユーザー アカウントに接続できるようになりました。ユーザー認証は、マイクロソフトがフィードバックと診断データのプライバシーを確保するのに役立ちます。
      • 現在、政府機関クラウド用の Azure AD 認証は利用できません。
    • フィードバック ボタンが追加のコンソールの場所に表示されるようになりました。
      • フィードバック ウィザードを開くための次のキーボード ショートカットも、コンソールのより多くの場所に追加されました :
        • 笑顔を送る (Send a smile) : ALT + SHIFT + 7
        • しかめっ面を送る (Send a frown) : ALT + SHIFT + 8
  • デプロイメント用の ADR スケジューリングの改善 :
    自動デプロイメント ルール (ADR) によって作成されたデプロイメントのソフトウェア利用可能時間とインストール期限は、ADR 評価がスケジュールされて開始される時間に基づいて計算されるようになりました。以前、これらの時間は ADR 評価が完了した時期に基づいて計算されていました。この変更により、ソフトウェアの利用可能時間とインストール期限が一貫し、デプロイメントに対して予測可能になります。
  • 管理インサイトの改善 :
    新しい管理インサイトグ ループが管理インサイトに追加されました。非推奨およびサポートされていない機能グループには、次の新しいルールが含まれています :

    • 非推奨、もしくは削除された機能に関連付けられたサイト システムの役割 : このインサイトは、将来のリリースで削除される非推奨の機能について、インストールされているサイト システムの役割をチェックします。
    • サイトがアセット インテリジェンス同期ポイントの役割を使用しているかどうかを確認します : このインサイトは、アセット インテリジェンス同期ポイントの役割のインストールをチェックします。
    • macOS の Configuration Manager クライアントのサポート終了 : このインサイトには、macOS を実行しているクライアントが一覧表示されます。 macOS および Mac クライアント管理用の Configuration Manager クライアントのサポートは、2022 年 12 月 31 日に終了します。
    • 証明書登録ポイントはサポートされなくなりました : このインサイトは、証明書登録ポイント サイト システムの役割のインストールをチェックします。この機能は、2022 年 3 月をもってサポートされなくなりました。2022 年 3 月以前にリリースされた Configuration Manager バージョンは、引き続き証明書登録ポイントをインストールして使用できます。
    • 会社のリソース アクセス ポリシーはサポートされなくなりました : このインサイトは、会社のリソース アクセス ポリシーをチェックします。 これらの機能は、2022 年 3 月をもってサポートされなくなりました。会社のリソース アクセスには、電子メール、証明書、VPN、Wi-Fi、および Windows Hello for Business プロファイルが含まれます。 2022 年 3 月以前にリリースされた Configuration Manager バージョンは、引き続き会社のリソース アクセス ポリシーを使用できます。
  • コンソールの改善 :
    この Technical Preview では、Configuration Manager コンソールに次の改善を加えました :

    • ソフトウェア アップデート ポイント コンポーネントのプロパティ [製品] タブと [分類] タブに検索フィルターを追加しました
    • 信頼されていないドメインで Active Directory System Discovery Active Directory User Discovery を実行するときにサブコンテナーを除外できるようになりました
    • コレクションが Azure Active Directory と同期しているかどうかを示すために、コレクションに Cloud Sync 列を追加しました
    • コレクションの概要の詳細タブに Collection ID を追加しました
    • コレクションの [プロパティ] ページの [メンバーシップ ルール] ペインのサイズを大きくしました
    • タスクシーケンスに [表示] アクションを使用する場合の [PowerShell スクリプト実行] 手順の [スクリプトの表示] オプションが追加されました
  • PowerShell リリース ノート プレビュー :
    これらのリリース ノートは、この Technical preview リリースでの Configuration Manager PowerShell コマンドレットへの変更をまとめたものです。

詳細およびこのアップデートの新機能の完全な一覧を確認するには、Features in Configuration Manager technical preview version 2202 ドキュメントを確認してください。

参考 (外部サイト)

Configuration Manager
タイトルとURLをコピーしました