Update 2203 for Configuration Manager current branch が公開されました

スポンサーリンク

2022/04/08 (現地時間) に Update 2203 for Configuration Manager current branch が公開された旨のアナウンスがありました。

スポンサーリンク

Update 2203 の新機能および機能強化点 (意訳)

Update 2203 for Microsoft Endpoint Configuration Manager current branch がリリースされました。このリリースでは、Configuration Manager の使用方法の改善に重点を置いています。エキサイティングな新機能の 1 つは、コンテンツ配信ステータス ビジュアライザーです。これにより、コンテンツの配信パスとステータスをグラフィック形式で監視できるようになりました。

グラフには、配布ポイントのタイプ、配布状態、および関連するステータス メッセージが表示されます。このビジュアル化により、コンテンツ パッケージの配布状況をより簡単に理解できます。次のような質問に答えるのに役立ちます  :

  • サイトはコンテンツを正常に配布しましたかどうか?
  • コンテンツ配信は進行中かどうか?
  • どの配布ポイントがすでにコンテンツを処理しているか?

詳細について、Visualize content distribution status を参照してください、

このリリースには次の項目が含まれます :

クラウド接続管理

  • クラウドベースのソフトウェア アップデート ポイントを優先 :
    クライアントは、境界グループがオンプレミス ソースよりもクラウド ベースのソースを優先するオプションを使用する場合、オンプレミス SUP よりもクラウド管理ゲートウェイ (CMG) ソフトウェア アップデート ポイント (SUP) に対してスキャンすることを好むようになりました。この変更によるパフォーマンスへの影響を減らすために、既存のクライアントはクラウド ベースのソフトウェア アップデート ポイントに自動的に切り替わりません。

サイト インフラストラクチャ

  • Improvements to Power BI Report Server Integration :
    Power BI Report Server の統合について、次の改善を行いました :

    • 2021 年 1 月以降にリリースされた Microsoft Power BI Desktop (Power BI Report Server 用に最適化) バージョンを使用できるようになりました。
    • Configuration Manager は、2021 年 5 月以降に Power BI Desktop (Power BI Report Server 用に最適化) によって保存された Power BI レポートを正しく処理するようになりました。
  • データ ウェアハウスのレポート テーブルを同期から除外 :
    データ ウェアハウスをインストールすると、サイト データベースのデフォルト テーブル セットが同期されます。これらのテーブルは、データ ウェアハウス レポートに必要です。問題のトラブルシューティング中に、これらのデフォルト テーブルの同期を停止することをお勧めします。このリリース以降、これらの必須テーブルの 1 つ以上を同期から除外できます。
  • 管理インサイトの改善 :
    管理インサイトに次の改善が加えられました :

    • 新しい管理インサイト グループが管理インサイトに追加されました。推奨廃止されたおよびサポートされていない機能グループには、非推奨の機能の管理と削除に役立つルールが含まれています。前提条件チェッカーは、サイトのインストールおよびアップグレード中に、非推奨およびサポートされていない機能もチェックします。
    • Windows Server 2012 および 2012 R2 を検出するための新しいルールがプロアクティブ メンテナンス グループに追加されました。

クライアント管理

  • 展開ステータス クライアント通知アクション :
    展開ステータス ビューから、スクリプトの実行を含むクライアント通知アクションを実行できるようになりました。

コレクション

  • コレクション参照の削除 :
    以前、依存関係のあるコレクションを削除する場合、最初に依存関係を削除する必要がありました。これらのコレクションをすべて見つけて削除するプロセスは、困難で時間がかかる可能性があります。これで、コレクションを削除するときに、依存するコレクションの確認と削除を同時に行うことができます。

ソフトウェア アップデート

  • ソフトウェア アップデート ポイントの LEDBAT サポート :
    ソフトウェア アップデート ポイントに対して Windows 低追加遅延バックグラウンド トランスポート (LEDBAT) を有効にできます。 LEDBAT は、WSUS に対するクライアントスキャン中のダウンロード速度を調整して、ネットワークの輻輳を制御します。
  • 利用可能なソフトウェア アップデートのコンテンツを事前ダウンロード :
    利用可能な展開に含まれているソフトウェア アップデートのコンテンツを事前にダウンロードできるようになりました。必要なデプロイメントは、デフォルトですでにコンテンツを事前にダウンロードしています。この新しい設定を有効にすると、コンテンツが完全にダウンロードされるまでインストール通知が Software Center に表示されないため、クライアントのインストール待機時間が短縮されます。
  • 他のソフトウェア アップデート タイプの最大実行時間をカスタマイズ :
    以前、次のアップデート カテゴリに属さなかったソフトウェア アップデートは、デフォルトで最大実行時間 60 分 (もしくは version 2103 以前の 10 分) に設定されていました。

    • Windows 機能アップデート
    • Windows 非機能アップデート
    • Office 365 アップデート

    サードパーティのアップデートを含む、他のすべてのソフトウェア アップデートの最大実行時間をカスタマイズできるようになりました。

  • 展開のための ADR スケジューリングの改善 :
    自動展開ルール (ADR) によって作成された展開のソフトウェア利用可能時間インストール期限は、ADR 評価がスケジュールされて開始される時間に基づいて計算されるようになりました。以前は、これらの時間は ADR 評価が完了した時期に基づいて計算されていました。この変更により、ソフトウェア利用可能時間インストール期限が一貫し、展開に対して予測可能になります。
  • ソフトウェア ライブラリのノードのフォルダー サポートを追加 :
    フォルダーを用いた、ソフトウェア アップデート グループとパッケージを整理できるようになりました。この変更により、ソフトウェア アップデートの分類と管理が向上します。
  • オーケストレーション グループのアラート :
    オーケストレーション グループに障害が発生した場合、アラートが [監視] > [アラート] > [アクティブ アラート] に表示されるようになりました。

オペレーティング システムの展開

  • タスク シーケンス中にサイトに Bit Locker 回復パスワードをエスクロー :
    タスク シーケンスの [BitLockerを有効にする] ステップを構成して、OS ボリュームの BitLocker 回復情報を Configuration Manager にエスクローすることができます。以前は、Active Directory にエスクローするか、タスクシーケンスの後に Configuration Manager クライアントが BitLocker 管理ポリシーを受信するのを待つ必要がありました。この新しいオプションにより、タスク シーケンスの完了時にデバイスが BitLocker によって完全に保護され、OS ボリュームをすぐに回復できるようになります。
  • タスク シーケンスとパッケージのカスタム アイコンのサポート :
    以前、タスク シーケンスとレガシー パッケージは常に Software Center にデフォルトのアイコンを表示していました。フィードバックに基づき、タスク シーケンスとレガシー パッケージのカスタム アイコンを追加できるようになりました。これらのアイコンは、これらのオブジェクトを展開すると Software Center に表示されます。デフォルトのアイコンの代わりに、カスタム アイコンを使用すると、ユーザー エクスペリエンスが向上し、ソフトウェアをより適切に識別できます。

アプリケーション管理

  • 暗黙的なアンインストールの改善 :
    アプリケーション、もしくはアプリ グループをセキュリティ グループに基づくユーザー コレクションに展開し、暗黙的なアンインストールを有効にした場合、セキュリティ グループへの変更が反映されるようになりました。サイトがグループ メンバーシップの変更を検出すると、Configuration Manager はセキュリティ グループから削除したユーザーのアプリをアンインストールします。

コミュニティ ハブ

  • コミュニティ ハブへの投稿を削除 :.
    コミュニティ ハブへの投稿を削除できるようになりました。
  • フィルタ リストの検索 :
    コンソールにコミュニティ ハブの検索に使用できるフィルタの一覧が表示されるようになりました

Configuration Manager コンソール

  • ダーク テーマのコンソール :
    Configuration Manager コンソールでダーク テーマが利用可能になりました。
  • 送られたフィードバックの改善 :
    • Configuration Manager コンソールを介して Microsoft に送信したフィードバックを、認証された Azure Active Directory (Azure AD) ユーザー アカウント、もしくは Microsoft アカウント (MSA) に接続できるようになりました。ユーザー認証は、Microsoft がフィードバックと診断データのプライバシーを確​​保するのに役立ちます。
    • フィードバック ボタンが他のコンソールの場所に表示されるようになりました。
  • ダッシュボードの改善 :
    Windows サービス ダッシュボードや Microsoft Edge 管理ダッシュボードなどのダッシュボードは、Microsoft Edge WebView2 ランタイムを使用するようになりました。ダッシュボードを使用するには、WebView2 コンソール拡張機能をインストールしてから、コンソールを再度開きます。
  • コンソールとユーザー エクスペリエンスの改善 :
    フィードバックに基づき、コンソールとユーザー エクスペリエンスにいくつかの改善を加えました。

    • 一時的なデバイス ノードを使用する場合、コンソールでのエクスペリエンスを一貫させるために、スクリプトの実行などのデバイス アクションを使用できるようになりました。
    • 他の管理インサイト ルールにクリック スルー アクションが追加されました
    • 詳細ペインからより多くのオブジェクトのコピーや貼り付けを利用できます。
    • Name プロパティは、構成アイテム、構成アイテム関連のポリシー、およびアプリケーションの詳細ペインに追加されます。
    • 別のノードに移動すると、ソフトウェア アップデートの検索結果と検索条件がキャッシュされるようになりました。 [すべてのソフトウェアのアップデート] ノードに戻ると、検索条件と結果が最後のクエリから保​​持されます。

廃止された機能

  • 削除された、および廃止されたの項目に実装される前にサポートの変更について学びます。
  • 次の機能は廃止されました。現在も使用可能ですが、Microsoft は将来的にサポートを終了する予定です。
    • macOS および Mac クライアント管理用の Configuration Manager クライアント。 詳細について、“Supported clients: Mac computers” を参照してください。
    • オンプレミスの MDM および macOS クライアントのサイト システムの役割 : エンロール面と プロキシ ポイントおよびエンロールメント ポイント
  • 以前発表されたように、version 2203 で次の機能のサポートを終了します :
    • クラウド管理ゲートウェイ (CMG) をクラウド サービス (クラシック) として展開する機能。すべての CMG 展開では、仮想マシン スケールセットを使用する必要があります。
    • 会社のリソース アクセスに関する次のコンプライアンス設定があります :
      • 証明書プロファイルと証明書登録ポイント サイト システムの役割
      • VPN プロファイル
      • Wi-Fi プロファイル
      • Windows Hello for Business 設定
      • 電子メール プロファイル
      • 共同管理リソース アクセス ワークロード

    詳細について、Frequently asked questions about resource access deprecation を参照してください。

その他

  • このバージョン以降、次の機能はプレリリースではなくなりました :
  • Windows PowerShell cmdlets for Configuration Manager の変更の詳細は、version 2203 リリース ノートを参照してください。
  • 詳細やこのアップデートの新機能の完全な一覧を表示するには、What’s new in version 2203 of Microsoft Endpoint Configuration Manager ドキュメントを確認してください。
    注 : 今後数週間でアップデートがグローバルに展開されると、自動的にダウンロードされ、Configuration Manager コンソールの [アップデートとサービス] ノードからインストールの準備ができたタイミングで通知されます。これらの新機能を試すのを待つことができない場合は、PowerShell スクリプトを使用して、ユーザーがアップデート プログラムを入手する First Wave にあることを確認する方法については、次の手順を参照してください。このスクリプトを実行すると、アップデートがすぐにコンソールに表示されます。
  • アップグレード プロセスのサポートについては、Site and Client Deployment forum に質問を投稿してください。Configuration Manager コンソールのフィードバック経由で Configuration Manager フィードバックを送信してください。引き続き Configuration Manager の新機能に関するアイデアを共有、投票してください。

追加のリソース

スポンサーリンク

参考

Configuration Manager

コメント

タイトルとURLをコピーしました