Configuration Manager Technical Preview version 2204 が公開されました

スポンサーリンク

2022/04/29 (現地時間) に Configuration Manager Technical Preview version 2204 が公開された旨のアナウンスがありました。

Configuration Manager Technical Preview version 2204 の機能については、以下の Microsoft Docs サイトに記載 (英語) されています。

Configuration Manager Technical Preview version 2204 を利用するには、Configuration Manager Technical Preview コンソールから利用可能となっています。新規インストールの場合、Microsoft Evaluation Center で入手可能な 2202 ベースライン版の Configuration Manager Technical Preview Branch が入手可能です。Technical Preview Branch リリースでは、GA になる前に、テスト環境で新しい Configuration Manager 機能を試すことができます。

最新の Technical Preview についてのご意見をお聞かせください。コンソールから直接フィードバックを送信してください。

スポンサーリンク

version 2204 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

Update 2204 for the Technical Preview Branch of Microsoft Endpoint Configuration Manager がリリースされました。このリリースでは、管理者はフォルダーを用いた自動展開ルール (ADR) を整理できるようになりました。この機能は、ADR のより適切な分類と管理を可能にするのに役立ちます。フォルダー管理は、PowerShell コマンドレットでもサポートされています。

このプレビューには、次の新機能が含まれます :

  • 管理者サービス管理オプション :
    Azure サービスを構成する際、セキュリティを強化するために、管理者サービス管理と呼ばれる新しいオプションが追加されました。このオプションを選択すると、管理者は管理者権限をクラウド管理ゲートウェイ (CMG) と管理サービスの間でセグメント化可能です。このオプションを有効にすると、アクセスは管理サービス エンドポイントのみに制限されます。構成管理クライアントは、Azure Active Directory を使用してサイトに対して認証されます。
    注 : 現在、管理者サービス管理オプションは CMG では使用できません。

詳細およびこのアップデートの新機能の完全な一覧を確認するには、Features in Configuration Manager technical preview version 2204 ドキュメントを確認してください。

参考 (外部サイト)

Configuration Manager

コメント

タイトルとURLをコピーしました