Azure Container Apps でコンソール接続がサポートされたので試してみました

スポンサーリンク

※Azure Container Apps はこの投稿時点ではパブリック プレビューでの提供のため、一般提供 (GA) のタイミングで手順や挙動が変更になる場合があります。

パブリック プレビューとして公開中の Azure サービスである「Azure Container Apps (ACA)」について、ログ ストリーミングとコンソール接続がサポートされた旨のアナウンスがありました。

コンソール接続機能は、コンテナー アプリからプロセス状況などを確認、デバッグしやすくなりました。

GA する際には変更になる可能性はありますが、ACA のコンソール機能について確認してみました。

スポンサーリンク

ACA のコンソール機能を確認する

ACA のコンソール機能は、Azure ポータルもしくは Azure CLI の containerapp 拡張機能から利用することがkな王です。

Azure ポータル

対象のコンテナー アプリの管理ブレードから、[監視] – [コンソール] でコンソール接続することが可能です。
※任意のリビジョンやレプリカ、コンテナーをドロップダウン リストから選択することも可能

接続が成功するとダイアログボックスが表示され、、シェル (sh or bash) もしくは任意のコマンドを入力して選択することで、コンソールに接続することが可能となっています。
docker exec コマンドと同様のことを行っていると思われます。

ちなみにコンテナー アプリのインスタンスが起動していない場合は、以下のような画面が表示され、エラーとなるので注意が必要です。

ログインユーザーについては、確認すると root であることが確認できました。

そのため、アプリケーションを容易にインストールすることができますが、コンテナー アプリ (ホスト側のコンテナー アプリ環境ではない) 内に接続している、コンテナー ライフサイクルの性質上、永続化されないため、影響はそこまで大きくはないと思われます。

Azure CLI

containerapp 拡張機能を用いて、az containerapp exec コマンドでコンソール接続することが可能です。

Azure ポータルとは異なり、カスタム VNet を持つコンテナー アプリ環境 (内部) にデプロイされているコンテナー アプリにコンソール接続しようとしても、エンドポイントがパブリックに存在しないため、エラーになるようです。

じゃぁ、Azure ポータルはどうやってアクセスしてるんだ…

スポンサーリンク

関連リンク

Azure Container Apps
タイトルとURLをコピーしました