Azure PowerShell – Az モジュール v8.0.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2022/05/24 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v8.0.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v8.0.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v8.0.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v8.0.0 となっていることが確認できます。

スポンサーリンク

Az モジュール v8.0.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v8.0.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v8.0.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

SHA256 Hashes of the release artifacts

  • Az-Cmdlets-8.0.0.35824.tar.gz
    • FC7C50B17955D00FBC92B15E666384F1B0C74AB3741BC6FFA3B49CFAFC571237

リリース ノート (8.0.0 – May 2022)

8.0.0 – May 2022

Az.Accounts

  • ‘Get-AzConfig’、’Update-AzConfig’ および ‘Clear-AzConfig’ を用いて、ユーザーが次の構成を制御可能なプレビュー機能を追加 :
    • ‘DefaultSubscriptionForLogin’ : サブスクリプション名、もしくは GUID を指定。サブスクリプションを指定せずにログインする際、Azure PowerShell 既定のコンテキストを設定。
    • ‘DisplayBreakingChangeWarning’ : 重大な変更に関する警告メッセージを表示する、もしくは抑制するかを制御
    • ‘EnableDataCollection’ : enabled の場合、カスタマー エクスペリエンスを向上させることを目的に、Azure PowerShell コマンドレットがテレメトリ データを Microsoft に送信
  • Windows PowerShell の System.Reflection.DispatchProxy をアップグレード [#17856]
  • Azure.Identity 1.6.0 および Azure.Core 1.24.0 にアップグレード

Az.Aks

  • 次のエイリアスを削除 :
    • ‘Get-AzAks’
    • ‘New-AzAks’
    • ‘Set-AzAks’
    • ‘Remove-AzAks’

Az.ApiManagement

  • [重大な変更] ‘New-AzApiManagementOperation’ および’ Set-AzApiManagementOperation’ のパラメーター ‘Sample’ を ‘Examples’ に名称変更
  • APIM .Net SDK version to 8.0.0 / Api Version 2021-08-01 にアップデート

Az.ApplicationInsights

  • ApplicationInsights コンポーネントについて、API version 2020-02-02 にアップグレード
  • ‘New-AzApplicationInsights’ および ‘Update-AzApplicationInsights’ による LogAnalytics ワークスペース ベースのコンポーネントをサポート

Az.Cdn

  • API version 2021-06-01 にアップグレード
  • 非推奨のコマンドレットを削除
    • Disable-AzCdnCustomDomain
    • Enable-AzCdnCustomDomain
    • Get-AzCdnEdgeNodes
    • Get-AzCdnProfileSsoUrl
    • New-AzCdnDeliveryPolicy
    • Set-AzFrontDoorCdnSecret
  • 新しいコマンドレットを追加
    • Clear-AzFrontDoorCdnEndpointContent
    • Get-AzFrontDoorCdnEndpointResourceUsage
    • Get-AzFrontDoorCdnOriginGroupResourceUsage
    • Get-AzFrontDoorCdnProfileResourceUsage
    • Get-AzFrontDoorCdnRuleSetResourceUsage
    • Test-AzFrontDoorCdnEndpointCustomDomain
    • Test-AzFrontDoorCdnEndpointNameAvailability
    • Test-AzFrontDoorCdnProfileHostNameAvailability
    • Update-AzFrontDoorCdnCustomDomainValidationToken
    • Update-AzFrontDoorCdnRule
  • Set コマンドレットを Update コマンドレットに名称変更
  • メモリ オブジェクト作成コマンドレットに ‘Object’ サフィックスを追加

Az.Compute

  • 新しい仮想マシンで渡された ‘PSVirtualMachine’ オブジェクトの ‘PlatformFaultDomain’ 値を使用するよう、’New-AzVm’ コマンドレットの内部ロジックを編集
  • Dedicated ホストを再起動するための ‘Restart-AzHost’ という名前の新しいコマンドレットを追加
  • 次のコマンドレットに ‘-DataAccessAuthMode’ パラメーターを追加 :
    • ‘New-AzDiskConfig’
    • ‘New-AzDiskUpdateConfig’
    • ‘New-AzSnapshotConfig’
    • ‘New-AzSnapshotUpdateConfig’
  • 次のコマンドレットに ‘-Architecture’ パラメーターを追加 :
    • ‘New-AzDiskConfig’
    • ‘New-AzDiskUpdateConfig’
    • ‘New-AzSnapshotConfig’
    • ‘New-AzSnapshotUpdateConfig’
    • ‘New-AzGalleryImageDefinition’
  • ‘Get-AzRestorePoint’ に ‘-InstanceView’ パラメーターを追加
  • ‘Invoke-AzvmRunCommand’ および ‘Invoke-AzvmssRunCommand’ にパラメーター ‘-ScriptString’ を追加
  • ‘Update-Azvmss’ にパラメーター ‘-ScaleInPolicyForceDeletion’ を追加

Az.ContainerRegistry

  • ‘Update-AzContainerRegistryRepository’ に対して、パラメーター タイプを bool から ‘bool?’ にアップデート [#17857]
    • ‘ReadEnabled’
    • ‘ListEnabled’
    • ‘WriteEnabled’
    • ‘DeleteEnabled’

Az.CosmosDB

  • クライアント暗号化ポリシーを用いてコンテナーを作成するためのサポートを導入。現在サポートされているクライアント暗号化ポリシーのバージョンは 1

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK version 6.1.0 にアップデート
  • PublicNetworkAccess パラメーターを含めた Set-AzDataFactoryV2 -InputObject が収集されない問題を修正

Az.EventHub

  • ‘Set-AzEventHubNetworkRuleSet’ で ‘IPRule’ と ‘Set-AzEventHubNetworkRuleSet’ をオプション化
  • ‘Set-AzEventHubNamespace’ および ‘New-AzEventHubNamespace’ の古い MSI プロパティが非推奨

Az.Functions

  • New-AzFunctionApp コマンドレットが、提供されていないパラメーターのデフォルト値を設定する際、警告メッセージを書き込む必要がある問題を修正

Az.HealthcareApis

  • コードベースが生成されるためにモジュールを移行
  • コマンドレットを追加 :
    • New/Get/Update/Remove-AzHealthcareApisService
    • New/Get/Update/Remove-AzHealthcareApisWorkspace
    • New/Get/Update/Remove-AzHealthcareFhirService
    • New/Get/Update/Remove-AzHealthcareDicomService
    • New/Get/Update/Remove-AzHealthcareIoTConnector
    • New/Get/Remove-AzHealthcareIotConnectorFhirDestination
    • Get-AzHealthcareFhirDestination

Az.KeyVault

  • キーへのアクセス許可リストに ‘Rotate’ を追加 [#17970]

Az.ManagedServiceIdentity

  • ‘Az.ManagedServiceIdentity’ が GA

Az.Network

  • ‘Get-AzPrivateEndpointConnection’ で ‘Microsoft.Network/privateLinkServices’ をサポート [#16984].
  • リソース タイプがプライベート エンドポイント接続機能でサポートされていない場合に分かりやすいメッセージを提供 [#17091].
  • ‘Virtual Network Gateway’ に ‘DisableIPsecProtection’ を追加
  • ExpressRoutePort の認証オブジェクトを作成/管理するための新しいコマンドレットを追加 :
    • ‘Add-AzExpressRoutePortAuthorization’
    • ‘Get-AzExpressRoutePortAuthorization’
    • ‘Remove-AzExpressRoutePortAuthorization’
  • 別の所有者で ExpressRoutePort に ExpressRoute 回線を作成できるよう、コマンドレット ‘New-AzExpressRouteCircuit’ にオプション パラメーター ‘AuthorizationKey’ を追加
  • PublicIpPrefix で CustomIpPrefix が表示されない不具合を修正
  • VirtualHub に ‘HubRoutingPreference’ の新しいプロパティを追加し、 ‘PreferredRoutingGateway’ のプロパティを非推奨に設定するため、コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzVirtualHub’
    • ‘Update-AzVirtualHub’
  • Sirius が有効になっているときにこのネットワーク インターフェイスを有効にするため、オプション パラメーター ‘AuxiliaryMode’ をコマンドレット ‘New-AzNetworkInterface’ に追加
    • 許可される値 : None (デフォルト)、MaxConnections
  • マルチプール機能の変更 : 新しいオプションのプロパティ (ポリシーグループを関連付けるための ‘ConfigurationPolicyGroups’ オブジェクト) を追加するためにコマンドをアップデート
    • ‘Update-AzVpnServerConfiguration’
    • ‘New-AzVpnServerConfiguration’
  • マルチプール機能の変更 : 新しいオプションのプロパティ (複数の接続構成を指定するための ‘P2SConnectionConfiguration’ オブジェクト) を追加するためにコマンドをアップデート
    • ‘Update-AzP2sVpnGateway’
    • ‘New-AzP2sVpnGateway’
  • マルチプール機能の変更 : VpnServerConfiguration の構成ポリシー グループの CRUD をサポートする新しいコマンドレットを追加
    • ‘Get-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup’
    • ‘New-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup’
    • ‘Update-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup’
    • ‘Remove-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup’

Az.RecoveryServices

  • Recovery Services Vault に Resource Guard を用いたマルチ ユーザー認証サポートが追加
  • Recovery Services Vault のクロス サブスクリプション復元のサポートを追加、ターゲット サブスクリプションからフェッチされるストレージ アカウントを変更

Az.Resources

  • アプリケーション フェデレーション ID クレデンシャルのコマンドレットを追加
    • ‘Get-AzADAppFederatedIdentityCredential’
    • ‘New-AzADAppFederatedIdentityCredential’
    • ‘Remove-AzADAppFederatedIdentityCredential’
    • ‘Update-AzADAppFederatedIdentityCredential’
  • ‘Get-AzLocation’ コマンドレットをアップグレード、改定 :
    • ‘Get-AzLocation’ の ‘subscriptionClient’ をアップグレード
      • apiVersion を 2016-01-01 から 2021-01-01 に変更 [#18002]
    • ‘pairedRegion’ などを含む ‘Get-AzLocation’ のロケーション情報の全属性を追加 [#18045][#17536]
    • ‘Get-AzLocation’ に ExtendedLocations をサポート [#18046]
  • 2021-04-01 API version と同等の状態を維持するため、次のコマンドレットを追加 :
    • ‘New-AzHierarchySetting’
    • ‘Get-AzHierarchySetting’
    • ‘Update-AzHierarchySetting’
    • ‘Remove-AzHierarchySetting’
    • ‘Get-AzManagementGroupSubscription’
    • ‘Get-AzSubscriptionUnderManagementGroup’
    • ‘Start-AzTenantBackfill’
    • ‘Get-AzTenantBackfillStatus’
    • ‘Get-AzManagementGroupNameAvailability’
    • ‘Get-AzEntity’
  • [重大な変更] API 仕様に合わせて、プロパティ isSyncedFromOnPremisisSyncedFromOnPremise に名称変更

Az.Security

  • 新しいコマンドレットを追加 :
    • ‘Get-AzSecuritySolution’
  • コマンドレットにアラート抑制ルールを追加 :
    • ‘Get-AlertsSuppressionRule’
    • ‘Remove-AlertsSuppressionRule’
    • ‘Set-AlertsSuppressionRule’
    • ‘New-AzAlertsSuppressionRuleScope’

Az.ServiceBus

  • モジュール全体のその他のネットワーク ルール セットの誤字を修正
  • ‘Set-AzServiceBusNetworkRuleSet’ に ‘TrustedServiceAccessEnabled’ を追加

Az.Sql

  • 新しいコマンドレット ‘Get-AzSqlInstanceEndpointCertificate’ を追加
  • ‘HighAvailabilityReplicaCount’ to ‘New-AzSqlElasticPool’ と ‘Set-AzSqlElasticPool’ にパラメーター ‘HighAvailabilityReplicaCount’ を追加

Az.Storage

  • DataLakeGen2 の SAS トークン生成をサポート
    • ‘New-AzDataLakeGen2SasToken’
  • デバッグ ビルドのみのデバッグ ログに OAuth トークンを表示
    • ‘New-AzStorageContext’
  • Azure ファイルの一覧表示する際、より多くのファイル プロパティを返すようサポート
    • ‘Get-AzStorageFile’

Az.Synapse

  • Azure Sql Database 用の Synapse Link サポートを追加
    • ‘Get-AzSynapseLinkConnection’ コマンドレットを追加
    • ‘Get-AzSynapseLinkConnectionDetailedStatus’ コマンドレットを追加
    • ‘Set-AzSynapseLinkConnection’ コマンドレットを追加
    • ‘Remove-AzSynapseLinkConnection’ コマンドレットを追加
    • ‘Start-AzSynapseLinkConnection’ コマンドレットを追加
    • ‘Stop-AzSynapseLinkConnection’ コマンドレットを追加
    • ‘Set-AzSynapseLinkConnectionLinkTable’ コマンドレットを追加
    • ‘Get-AzSynapseLinkConnectionLinkTable’ コマンドレットを追加
    • ‘Get-AzSynapseLinkConnectionLinkTableStatus’ コマンドレットを追加
    • ‘Update-AzSynapseLinkConnectionLandingZoneCredential’ コマンドレットを追加
  • ‘Update-AzSynapseSparkPool’ によって Spark プールにパッケージを追加する際、’UploadedTimestamp’ を設定

Az.Websites

  • ‘VirtualNetworkSubnetId’ プロパティを公開するため、’Get-AzWebApp’ と ‘Get-AzWebAppSlot’ をアップデート [#18042]

コミュニティの貢献者に感謝

スポンサーリンク

参考サイト

Microsoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました