「Xbox Design Lab」でカスタマイズした Xbox コントローラーが到着しました

スポンサーリンク

Xbox Wireless Controller をベースとした Xbox コントローラーのカラーリングをカスタマイズ可能なサービス、「Xbox Design Lab」が日本にもようやく展開されました。

サービス開始された日 (2022/06/10)  に注文、このブログ エントリ投稿日 (2022/06/20) に受け取れたので、過程について纏めてみました。

スポンサーリンク

カスタマイズ ~ 注文

カスタマイズは「Xbox Design Lab」のサイトから行いますが、PC 以外にスマホからでも行うことが可能となっています。

カスタマイズできる部分はコントローラー本体、背面、スティック、トリガーなどほとんどの部分が可能となっています。

ただし、ボタン類についてはカスタマイズできる種類が少なめなのと、オプションでラバー素材のグリップやメッセージ刻印を入れることも可能ですが、有償&カラーバリエーションがないのがちょっと残念。

なお、カスタマイズした内容はすぐに画面上に反映されるため、確認は容易になっています。

カスタマイズした内容は保存、共有することも可能ですが、Microsoft アカウントが必要となります。

購入画面ではカスタマイズした内容を確認して、問題がなければ購入する形となりますが、こちらも Microsoft アカウントが必要となり、支払い方法についてはクレジット カードのみだったのでこの点は注意が必要です。

購入が完了すると、Microsoft アカウント宛に「お客様の Xbox Design Lab のご注文 #XDL-XXXXXXXXXXXX を確認いたしました」(“#XDL-XXXXXXXXXXXX” は注文番号) というタイトルのメールを受け取るので、到着まで待ちます。

 

スポンサーリンク

注文後 ~ 受け取り

注文後、発送されると「お客様の Xbox Design Lab のご注文 #XDL-XXXXXXXXXXXX のパッケージを発送いたしました」メールを受け取ります。

メールの内容には配送状況が追跡できるリンクがあるので、アクセスすることで状況を確認することが可能になっています。

ちなみに発送元の国は中国、配送業者は FedEx でした。

受け取りが完了すると、「お客様の Xbox Design Lab のご注文 #XDL-XXXXXXXXXXXX のお届けが完了しました」メールを受け取るので、それをもってサービスの利用は終了となります。

スポンサーリンク

実際の商品について

梱包はこんな感じ。意外としっかり保護されてるといった印象。

箱の背面、側面はこんな感じ。

開封するとこんな感じ、付属品は乾電池のみとなっていて Xbox Wireless Controller と同様に USB ケーブルは付属していませんでした。

実際のカラーリングですが、画面上で設定した色と同じ色となっていたので、一安心。

光の当たり方の問題か、写真だと紫が青みがかって見えるけど実際はちゃんと指定の色どおりになっているので、問題なしです。

箱や説明書に技適の記載が見当たらなかったので不安でしたが、電池を入れる箇所に記載がありました。

スポンサーリンク

Xbox Design Lab サービスを使ってみた感想 (小並感

発送、受け取りまでの目安は注文から約 2 ~ 3 週間後ということだったのですが、製造・発送元が中国ということもあり、思ったよりも早く到着したのはよかったかなと。

ゲームのコントローラといえ、電波を発する機器なので税関に足止めくらわされましたが (

価格についても、販売されているコントローラー (¥6,578 (税込)) よりも少し高めにはなっていますが、カスタマイズできる点と送料無料である点から価格相応かなと思います。

むしろ、投稿時点で XBOX コントローラーが品薄である状況から、Xbox Design Lab 経由で購入したほうが良い気もします (

要望があるとすれば、ラバー素材のグリップやボタン類のカスタマイズできるカラーの種類がもう少し増えてくれればよいかなぁといったところではありますが、興味があれば試してみてはいかがでしょうか。

最後に、今回カスタマイズした内容については、以下から確認することが可能です。

スポンサーリンク

関連サイト

ハードウェア
タイトルとURLをコピーしました