Azure API Management サービス – June, 2022 について

スポンサーリンク

2022/06/24 に、Github 上で Azure API Management サービス – June, 2022 が公開された旨のアナウンスがありました。

スポンサーリンク

Azure API Management Updates – June, 2022 (意訳)

Azure API Management サービスの定期的なアップデート プログラムが 2022 年 6 月 20 日 (現地時間) に開始されました。API Management サービスがアップデート プログラムを受け取るまでに数週間かかる場合があります。

ハイライト

新機能、修正、および改善内容

  • Email notifications now have valid SPF and DKIM signatures. Previously, the generated DKIM signatures were invalid.
    電子メール通知に有効な SPF および DKIM 署名が追加されました。以前は、生成された DKIM 署名は無効でした。
  • System.Net.IpAddress および System.Enum 名前空間がポリシー式で許可されるようになりました。
  • 仮想ネットワーク サブネットに追加の API Management サービス ユニットを収容するのに十分なスペースがない場合、スケールアップ操作はより速く失敗するようになりました。エラーはアクティビティ ログに含まれます。
  • スケールアップ操作において、stv1 展開内の数日間スタックする可能性がある問題を修正しました。stv1 アーキテクチャに関する他の潜在的な問題に対する予防策として、stv2 アーキテクチャにサービスを移行することをお勧めします。移行プロセスに関する詳細は、こちらです。
  • WebSocket 接続において、複数の Connection ヘッダーを持つリクエストに対して確立できない問題を修正しました。
  • Management API SAS トークンは、過去に有効期限が設定された状態では生成されなくなりました。
  • “Dapr” は予約済みのバックエンド エンティティ ID になりました。

開発者ポータルのリリース

セルフホステッド ゲートウェイ Helm のリリース

DevOps Resource Kit のリリース

スポンサーリンク

参考サイト

Azure API Management

コメント

タイトルとURLをコピーしました