2022/07/28 以降、一部の Dynamics 365 に関する Microsoft 認定資格で取得条件が変更になるようです

スポンサーリンク

2022/07/14 (現地時間) に一部の Dynamics 365 に関する Microsoft 認定資格で取得条件が 2022/07/28 以降、変更になるアナウンスが Microsoft Learn Blog に投稿されていました。

対象となる Microsoft 認定資格は以下となります。

変更された取得条件について、これまで上記対象資格を取得するためには、前提として Microsoft 認定資格「Power Platform Functional Consultant Associate」(Microsoft 認定試験「PL-200 : Microsoft Power Platform Functional Consultant」に合格) を取得したうえで、それぞれ対応した認定試験を受ける必要がありましたが、この前提条件が 2022/07/28 に必須ではなくなりました (取得を推奨)。

このあたりについて、2022/07/28 以降におけるこれらの Microsoft 認定資格の取り扱いについて、以下に纏めました。

スポンサーリンク

2022/07/28 以降における Microsoft 認定資格の取り扱いについて

対象の Microsoft 認定資格を既に所有している場合

以下の Microsoft 認定資格を既に所有している場合、有効期限が 2022/07/28 まで延長されます。

  • Microsoft 認定資格「Dynamics 365 Sales Functional Consultant Associate」
  • Microsoft 認定資格「Dynamics 365 Marketing Functional Consultant Associate」
  • Microsoft 認定資格「Dynamics 365 Customer Service Functional Consultant Associate」
  • Microsoft 認定資格「Dynamics 365 Field Service Functional Consultant Associate」

過去に対象の Microsoft 認定資格を所有、更新していなかった場合

過去に以下の Microsoft 認定資格を所有していたものの更新していなかった場合でも、2022/07/28 に 1 回限りのプログラム更新として、再発行されるとのこと (有効期限は 2023/07/28)。

  • Microsoft 認定資格「Dynamics 365 Sales Functional Consultant Associate」
  • Microsoft 認定資格「Dynamics 365 Marketing Functional Consultant Associate」
  • Microsoft 認定資格「Dynamics 365 Customer Service Functional Consultant Associate」
  • Microsoft 認定資格「Dynamics 365 Field Service Functional Consultant Associate」

前提条件の Microsoft 認定資格「Power Platform Functional Consultant Associate」を取得していないが、対応する認定試験には合格している場合

2022/07/28 以前に前提条件である Microsoft 認定資格「Power Platform Functional Consultant Associate」を取得していないが以下の認定試験に合格している場合、対応する Microsoft 認定資格を取得することができます (有効期限は 2023/07/28)。

スポンサーリンク

関連サイト

Microsoft 認定資格

コメント

タイトルとURLをコピーしました