Azure PowerShell – Az モジュール v9.1.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2022/11/01 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v9.1.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v9.1.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v9.1.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v9.1.0 となっていることが確認できます。

スポンサーリンク

Az モジュール v9.1.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v9.0.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v9.0.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

SHA256 Hashes of the release artifacts

  • Az-Cmdlets-9.1.0.36571.tar.gz
    • 1DA24BE6A3CFAAAACAA3A7A83F853EEF46BB309DB0D3CF11CFC50FBACE179AD8

リリース ノート (9.1.0 – November 2022)

Az.Accounts

  • サブスクリプション ID が指定されている場合、サーバーからすべてのサブスクリプションを一覧表示するのではなく、ID でサブスクリプションを取得するように ‘Get-AzSubscription’ をアップデート [#19115]

Az.CognitiveServices

  • 2022-10-01 version を使用するよう、CognitiveServices PowerShell をアップデート

Az.Compute

  • EdgeZone が ‘New-AzVM’ ‘SimpleParameterSet’ の VM に渡されない問題を修正 [#18978]
  • ユーザーが実行コマンド スクリプトを含むファイルのパスを渡すことができるよう、’Set-AzVMRunCommand’ および ‘Set-AzVmssVMRunCommand’ の ‘ScriptFilePath’ パラメーター セットを追加
  • ‘Remove-AzVMExtension’ コマンドレットに ‘-AsJob’ オプション パラメーターを追加
  • ‘Get-AzComputeResourceSku’ および ‘New-AzSnapshotUpdateConfig’ コマンドレットに ‘-EdgeZone’ オプション パラメーターを追加
  • ‘Set-AzVmssStorageProfile’ (OS ディスク) と ‘Add-AzVmssDataDisk’ (データ ディスク) にディスク削除のオプション パラメーター ‘OsDisk Deletion Option’ と ‘Delete Option’ を追加
  • ‘Get-AzComputeResourceSku’ の印刷出力を改善
  • ‘-ResourceId’ パラメーターセットのホストを返すよう、’Get-AzHost’ コマンドレット ロジックをアップデート
  • ‘Set-AzVmssStorageProfile’ のオプション パラメーター ‘-OSDiskSizeGB’ を追加
  • ‘Set-AzVM ‘コマンドレットの説明を改善、例を追加
  • ‘New-AzGalleryImageVersion’ のパラメーター ‘Encryption’ のプロパティ マッピングをアップデート
  • ‘Get-AzVmssVmRunCommand’ のすべての VmssVmRunCommand プロパティを表示するよう、リスト形式をアップデート
  • コミュニティ ギャラリーをサポートするよう、次のコマンドレットをアップデート
    • ‘Get-AzGallery’
    • ‘New-AzGallery’
    • ‘Update-AzGallery’
    • ‘Get-AzGalleryImageDefinition’
    • ‘Get-AzGalleryImageVersion’
    • ‘New-AzVm’
    • ‘New-AzVmss’

Az.Databricks

  • ‘Update-AzDatabricksWorkspace’ に ‘RequiredNsgRule’ パラメーターを追加

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK version 7.0.0 にアップデート

Az.DataProtection

  • ‘Get-AzDataProtectionBackupVault’ のリスト パラメーター セットを修正

Az.EventGrid

  • 2022-06-15 API version を使用するようにアップデート
  • 新しい機能を追加 :
    • Partner topics
    • Partner topic event subscriptions
    • Partner namespaces
    • Partner namespace keys
    • Partner configurations
    • Partner registrations
    • Verified partners
    • Channels

Az.EventHub

  • EventHub Namespace で readonly Status プロパティを追加

Az.Functions

  • Get-AzFunctionApp での Az コンテキストの切り替えを検出するための警告ログを追加

Az.KeyVault

  • API version 2022-07-01 にバンプ
  • 削除されたマネージド HSM を回復するために ‘Undo-AzKeyVaultManagedHsm’ を追加

Az.ManagedServiceIdentity

  • ユーザー割り当てマネージド ID でフェデレーション ID 資格情報の作成/取得/更新/削除をサポート
    • ‘Get-AzFederatedIdentityCredentials’
    • ‘New-AzFederatedIdentityCredentials’
    • ‘Remove-AzFederatedIdentityCredentials’
    • ‘Update-AzFederatedIdentityCredentials’
  • ユーザー割り当てマネージド ID で関連リソースのリストをサポート
    • ‘Get-AzUserAssignedIdentityAssociatedResource’

Az.Migrate

  • パラメーター ‘CacheStorageAccountId’ を ‘Initialize-AzMigrateReplicationInfrastructure’ に追加しました
  • OS Disk Swap と Test Migrate Subnet Selection のサポートを追加

Az.Network

  • Added possible value ‘LocalGateway’ for parameter ‘GatewayType’
    パラメーター ‘GatewayType’ に可能な値 ‘LocalGateway’ を追加

    • ‘New-AzVirtualNetworkGateway’
  • ‘VirtualNetworkGateway’ の ‘ExtendedLocation’ と ‘VNetExtendedLocationResourceId’ を公開
    • ‘Get-AzVirtualNetworkGateway’
  • ファイアウォールで学習した IP プレフィックスを取得するための新しいコマンドレットを追加
    • ‘Get-AzFirewallLearnedIpPrefix’
  • description パラメーターを介して説明が提供されているにもかかわらず、ファイアウォール ポリシー アプリケーション、ネットワーク、および nat ルールの説明が更新されない不具合を修正
  • Azure Virtual Network Gateway の CustomAddress の null 検証、もしくは空のチェックを削除するため、’New-AzIpConfigurationBgpPeeringAddressObject’ をアップデート
  • Azure Virtual Network Gateway の CustomAddress の null 検証、もしくは空のチェックを追加するため、’New-AzVirtualNetworkGateway’ をアップデート
  • Azure Virtual Network Gateway に ‘VirtualNetworkGatewayPolicyGroup’ と ‘VpnClientConnectionConfiguration’ の新しいプロパティを追加するため、コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzVirtualNetworkGateway’
    • ‘Set-AzVirtualNetworkGateway’
  • 作成するための新しいコマンドレットを追加
    • ‘New-AzVirtualNetworkGatewayPolicyGroup’
    • ‘New-AzVirtualNetworkGatewayPolicyGroupMember’
    • ‘New-AzVpnClientConnectionConfiguration’
  • ロード バランサー sku の既定の動作が変更されることを通知するため、breaking change 属性にメッセージを追加
    • ‘New-AzLoadBalancer’
  • ロード バランサー プローブのしきい値プロパティに既定値を使用する、もしくは null のままにするよう顧客に通知するためのコマンドレット プレビューを追加
    • ‘New-AzLoadBalancerProbeConfig’
    • ‘Set-AzLoadBalancerProbeConfig’
    • ‘Add-AzLoadBalancerProbeConfig’

Az.RecoveryServices

  • 非 ZonePinned VM の ZRS コンテナーのクロスゾーン復元のサポートを追加
  • Update-AzRecoveryServicesAsrProtectionContainerMapping の不具合を修正
  • 新しいシナリオを追加 :
    • EZ-to-AZ
    • EZ-to-AZ
    • EZ-to-EZ
  • ‘New-AzRecoveryServicesAsrReplicationProtectedItem’ の非 A2A シナリオから ‘VmName’ が適用されないため削除

Az.Resources

  • 次のコマンドレットに対するパラメーター ‘Count’ を修正
    • Get-AzADApplication
    • Get-AzADServicePrincipal
    • Get-AzADUser
  • 次のコマンドレットに対するプレビュー警告メッセージを洗練化 :
    • Add-AzADGroupMember
    • Get-AzADGroupMember
    • Remove-AzADGroupMember
  • Bicep 拡張機能を用いた JSON テンプレートをデプロイする際の ‘NullReferenceException’ を修正
  • ‘Register-AzResourceProvider’ のジョブとしての実行をサポートするため、’-AsJob’ を追加

Az.Sql

  • SQL サーバーの IPv6 ファイアウォール規則での CRUD 操作用の新しいコマンドレットを追加
    • ‘Get-AzSqlServerIpv6FirewallRule’
    • ‘New-AzSqlServerIpv6FirewallRule’
    • ‘Remove-AzSqlServerIpv6FirewallRule’
    • ‘Set-AzSqlServerIpv6FirewallRule’
  • ‘Start-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay’ コマンドレットの StorageContainerSasToken パラメーターがオプション化

Az.StackHCI

  • WDAC 準拠の API をサポート
  • 依存する PS モジュールのモジュール バージョンを修正
  • HCIv2 と AzureEdge の間のデバイスの種類を確認するように Remote Support コマンドレットをアップデート

Az.Storage

  • 暗号化スコープを持つ DataLakeGen2 Sas トークンの生成をサポート
    • ‘New-AzDataLakeGen2SasToken’
  • 同期 Blob コピーで Blob 型の変換をサポート
    • ‘Copy-AzStorageBlob’
  • 別のテナントから Keyvault を用いてストレージ アカウントを作成/アップグレードし、 FederatedClientId を用いて Keyvault へのアクセスをサポート
    • ‘New-AzStorageAccount’
    • ‘Set-AzStorageAccount’
  • BLOB タグ フィルター SQL 式を用いたコンテナー内の Blob の検索をサポート
    • ‘Get-AzStorageBlobByTag’
  • 次の Azure File データプレーン コマンドレットについて、’Microsoft.Azure.Storage.File’ から ‘Azure.Storage.Files.Shares’ に移行
    • ‘Get-AzStorageFileHandle’
    • ‘Close-AzStorageFileHandle’

Az.Websites

  • war パッケージのデプロイ時に最新の発行 API を使用するように ‘Publish-AzWebApp’ を修正 [#19791]

コミュニティの貢献者に感謝

スポンサーリンク

参考サイト

Azure PowerShell

コメント

タイトルとURLをコピーしました