Windows 11, version 22H2 アップデート後に新しい IME が原因で日本語変換時にアプリケーションがクラッシュする問題を回避する方法について

スポンサーリンク

既に色んなところで情報が公開、回避方法についても紹介されていますが、Windows 11 version 22H2 アップデート後に新しい IME が原因で日本語変換時にアプリケーションがクラッシュする問題が発生しており、現在もこの問題は発生し続けています。

対象となるアプリケーションについては、Delphi/C++Builder/RAD Studioでビルドした VCL (Visual Component Library) アプリケーションのほとんどとなっています。

この問題は、以下のどちらかの方法で回避することが可能になっています。

  • [オプションの診断データを送信する] のチェックボックスを外す
  • 以前のバージョンの Microsoft IME を使う
スポンサーリンク

[オプションの診断データを送信する] のチェックボックスを外す

  1. [スタート] – [設定] を選択、起動します。
  2. [設定] 画面から [プライバシーとセキュリティ] – [診断とフィードバック] に移動し、[オプションの診断データを送信する] 設定を「オン」から「オフ」にします。
スポンサーリンク

以前のバージョンの Microsoft IME を使う

  1. [スタート] – [設定] を選択、起動します。
  2. 検索ボックスに「日本語」と入力、検索結果に表示される [日本語 IME 設定] をクリックします。
  3. [全般] をクリックします。
  4. [以前のバージョンの Microsoft IME を使う] 設定を「オフ」から「オン」に設定、[OK] をクリックします。
スポンサーリンク

参考サイト

Windows 11

コメント

タイトルとURLをコピーしました