Update Rollup 1 for System Center 2022 が公開されました

スポンサーリンク

昨年 4 月にリリースされた System Center 2022 について、Update Rollup 1 (UR1) が 2022/11/15 (現地時間) に公開された旨のアナウンスがありました。

現時点で UR1 for System Center 2022 が提供されている製品コンポーネントは、以下となります。

  • Data Protection Manager
  • Virtual Machine Manager

なお、Operations Manager、Service Manager、Orchestrator については、来月リリースされるとのこと。

System Center 2022 リリースの時も Data Protection Manager だけ遅れていたし、もう無理に System Center の冠をつけないほうが、アップデート リリースしやすいんでは?

スポンサーリンク

Data Protection Manager

UR1 で更新される内容について、以下のサイトから確認することが可能です。

更新プログラムは、以下のリンク (Microsoft Update Catalog) から入手可能です。

主な新機能

  • SQL Server 2022 のサポート
  • SQL セルフ サービス回復ツール
  • O365 SMTP およびポート番号 587 のサポート

主な不具合修正

  • ISO が接続されている場合の Hyper-V VM 復元が失敗する問題を修正。
  • /q スイッチを使用した DPM 2022 エージェントのサイレント インストールでは、ターミナルが自動的に閉じられない問題を修正。
  • ディスクが除外された VMware ディスクを回復した際、すべてのディスクが回復される問題を修正。
  • テープへの長期バックアップする際、Null ShadowCopy エラーで DPM がクラッシュする問題を修正。
スポンサーリンク

Virtual Machine Manager

UR1 で更新される内容について、以下のサイトから確認することが可能です。

更新プログラムは、以下のリンク (Microsoft Update Catalog) から入手可能です。

なお、VMM が Operations Manager に統合されている環境に対して、UR1 をアップグレードするための手順が KB に記載されているので、該当する場合は事前に確認しておいてください。

主な新機能

  • Arc-enabled VMM の検出
  • VMM を用いた Azure Stack HCI クラスターの管理
  • SQL Server 2022 のデータベース サポート
  • VMM を用いた VMware ESXi 7.0 クラスタの管理
  • ネットワーキングの改善 (SR-IOV)

主な不具合修正

  • UR パッチのインストール後、VMM サーバー ビューのエージェント バージョンが高可用性 VMM 環境で正しく更新されない問題を修正しました。
  • 孤立したチェックポイント データが原因で、VMM コンソールが “OutOfMemoryException” でクラッシュする問題を修正しました。
  • 不適切なクラスター共有ボリュームに対して空き領域が計算されるため、V2V 移行が失敗する問題を修正しました。
  • VMM 2022 RTM で Azure プロファイルを作成できない問題を修正しました。
スポンサーリンク

参考

Data Protection Manager

Virtual Machine Manager

DPM 2022System CenterVMM 2022

コメント

タイトルとURLをコピーしました