Update 2211 for Configuration Manager current branch が公開されました

スポンサーリンク

2022/12/05 (現地時間) に Update 2211 for Configuration Manager current branch が公開された旨のアナウンスがありました。

スポンサーリンク

Update 2211 の新機能および機能強化点 (意訳)

クラウド接続管理

Cloud Sync (Azure Active Directory グループ同期) 機能の改善

Configuration Manager version 2211 以降では、この機能におけるスケーラビリティが改善され、スロットリングとエラー処理が改善されています。加えて、ユーザー コレクションとデバイス コレクション専用のダッシュボードが監視ワークスペースに追加され、Cloud Sync のステータスが表示されます。ダッシュボードには、マップされた Azure AD グループ、合計メンバー数、同期されたメンバー数、状態 (成功、失敗、進行中)、および最終同期の詳細と共に、コレクションごとのクラウド同期の状態が表示されます。

詳細な情報について、Synchronize collections to Azure Active Directory Group を参照してください。

サイト インフラストラクチャ

ネットワーク アクセス アカウント (NAA) のアカウント使用量アラート

Iサイトが NAA アカウントで構成されている場合は、この新しい前提条件の警告が追加されていることが確認できます。NAA アカウントで構成された配布ポイントのセキュリティを向上させるには、既存のアカウントとそれに関連するアクセス許可を確認してください。必要最小限以上の権限がある場合は、最小限の権限を持つアカウントを削除して追加します。NAA で管理者レベルの権限アカウントを構成しないでください。 サイト サーバーが HTTPS / EHTTP で構成されている場合、使用されていない NAA アカウントを削除することを推奨します。

詳細な情報について、”ネットワーク アクセス アカウントのアクセス許可” に記載されている説明を参照してください。

配布ポイントのコンテンツ移行

PowerShell コマンドレットを用いて、ある DP から別の DP にコンテンツを移行するために、DP コンテンツ移行サポートが利用できるようになりました。これらの PowerShell コマンドレットを用いることで、DP の移行状態を監視することも可能です

詳細な情報について、”コンテンツを配布する” に記載されている説明を参照してください。

Software Center

Software Center の注目のアプリ

現在、注目のアプリを表示する Software Center に [注目] タブを追加しています。これを用いることで、IT 管理者はアプリを “おすすめ” としてマークし、エンド ユーザーにアプリの使用を推奨することが可能です。この機能は “ユーザーが利用できる” アプリでのみ利用可能です。また、管理者はクライアント設定から Software Center の [注目] タブを既定のタブにすることができます。

詳細な情報について、Featured Apps in Software Center を参照してください。

Configuration Manager コンソール

コンソール検索エクスペリエンスの機能強化

コンソール内の任意のノードで検索を実行する際、検索バーのヒント テキストに検索範囲が示されるようになりました。また、検索エクスペリエンスに関連する問題が修正されています。

  • デフォルトでは、サブフォルダーを含むノードで検索を実行すると、すべてのサブフォルダーが検索されます。 検索ツールバーから “現在のノード” オプションを選択することで、検索を絞り込むことが可能です。
  • 検索を拡張してすべてのノードを含める場合、リボンの “すべてのオブジェクト” ボタンを選択します。

詳細な情報について、Console changes and tips を参照してください。

ダーク テーマがより多くのダッシュボードに拡張

ダーク テーマは、version 2203 からプレリリース機能として利用することができます。ボタン、コンテキスト メニュー、ハイパーリンクなどの追加コンポーネントにダーク テーマを拡張しました。このプレリリース機能を有効にして、ダーク テーマを体験してください。 このリリースでは、ダーク テーマをより多くのダッシュボードに拡張しましたが、以前はダーク テーマが正しく表示されませんでした。例として、O365 Updates ダッシュボード、PCM ダッシュボード、Health Attestation ダッシュボードは、ダーク テーマが有効になっている場合、それにしたがって表示されるようになり、Health attestation ダッシュボードのポップアップは、ダーク テーマに準拠するようになりました。

このプレリリース機能を有効にして、ダーク テーマを体験してください。詳細な情報について、Dark theme for the console を参照してください。

その他のアップデート

Intune ポータルでの共同管理デバイスの重複エントリを解決

以前、共同管理されたデバイスのデバイス エンティティは、Intune ポータルで 2 つの個別のエントリとして表示されていました。登録後に Intune に対応する 1 つのエントリと ConfigMgr に対応する別のエントリが表示されました。場合によっては、エントリが永続的でした。デバイス エンティティ数やポリシーの対象設定など、さまざまなシナリオが影響を受けました。Intune は ConfigMgr からのデバイスの AAD ID を認識していないため、エントリが重複しています。Intune は、毎日の検出サイクルが実行され、CMGS を介して Intune に報告された後にのみ認識されます。

この問題は、Intune 登録中に ConfigMgr から正しい AAD デバイス ID を伝達することで修正されます。これにより、短時間 (30 ~ 40 分) で共同管理デバイスのエンティティがマージされます。検出サイクルが実行されるのを待つ必要がなくなりました。

詳細およびこのアップデート プログラムの新機能の完全な一覧を表示するには、What’s new in version 2211 of Microsoft Endpoint Configuration Manager ドキュメントの新機能を確認してください。

アップグレード プロセスのサポートが必要な場合は、Site and Client Deployment フォーラムに質問を投稿してください。Configuration Manager コンソールの [フィードバック] から、Configuration Manager のフィードバックをお送りください。また、引き続き Configuration Manager の新機能に関するアイデアを共有、投票してください。

Thank you,
The Configuration Manager team

追加のリソース

スポンサーリンク

参考

Configuration Manager

コメント

タイトルとURLをコピーしました