AMD Radeon Software: Adrenalin Edition (RadeonSoftware.exe) が {遅延書き込みデータの紛失} エラーで起動できない問題の回避方法について

スポンサーリンク

Windows 11, version 22H2 環境で AMD Radeon ドライバーをアップデート後、システムトレイ に AMD Radeon Software: Adrenalin Edition アイコンがなく、アプリケーションが起動していなかったことを確認しました。

直接管理者権限で AMD Radeon Software: Adrenalin Edition (RadeonSoftware.exe) を起動しようとしても、{遅延書き込みデータの紛失} エラーで起動できない現象が発生しました。

発生した環境は以下となります。

  • OS : Windows 11 pro (version 22H2)
  • CPU : AMD Ryzen 7 PRO 4750G
  • MB : MSI MAG B550M MORTAR
  • GPU : SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6700 XT 12G GDDR6
    • AMD Radeon Software: Adrenalin Edition バージョン : 22.11.2

同様の現象について、日本語の情報は確認できませんでしたが、AMD のコミュニティ フォーラムに記載があったので、纏めてみました。

スポンサーリンク

AMD Radeon Software: Adrenalin Edition が {遅延書き込みデータの紛失} エラーで起動できない問題の回避方法

記載している回避方法について、 AMD の正式回答ではありません。そのため、実施される際はデータやアプリのバックアップを取ったうえで自己責任でお願いします。

以下の手順を実行します。

  1. エクスプローラーを起動し、”C:\Program Files\AMD\CNext\CNext” フォルダーに移動します。
  2. “RSXPackage.msix” ファイルを起動し、[再インストール] をクリックします。
  3. [再インストール] をクリックします。
  4. [閉じる] をクリックして、終了します。
  5. AMD Radeon Software: Adrenalin Edition が起動します。
スポンサーリンク

関連サイト

AMD RadeonWindows 11

コメント

タイトルとURLをコピーしました